見出し画像

ポリス・ストーリー

ジャッキー・チェンが好きだ。

アクション映画は好きだけれど、過激な流血や殺傷シーンが苦手なチキンな人間にとって、ジャッキー・チェンはまさしく神である。

また、シリアスな内容だと感情を持ってかれてしまうことが多いので、コメディ要素の強いチェンの映画はぼくが最も好きなタイプの作品だ。

先週、『ポリス・ストーリー』『ポリス・ストーリー2』『ポリス・ストーリー3』を見た。
1985年〜1992年に公開された3作品では、警察の建物にユニオンジャックが掲げられており、香港の歴史を感じることができる。

今日は『ポリス・ストーリー REBORN』を鑑賞した。
てっきり同じシリーズだと思っていたが、2017年に公開されたこの作品は上記の3作品とは全くの別物だった。
いい味を出していた警部も署長も出てこなくて残念だった。

SFチックな内容で、作中にはハイテクな銃器が登場していたが、何やかんや丸腰のチェンが強いというのが面白い。
というか、当時のチェンは60歳を超えていたはずで、もう訳がわからない。

個人的には、ドラマ性が強い作品よりも、ゴテゴテのカンフーアクションシーンをひたすら繰り返すような映画が好きなので、初期のチェンの作品を漁っていこうと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
幸せの閾値が低い人