笹井清範

お客様を愛し、お客様に愛され、未来を明るくする商いを目指す商人を伴走支援する「商い未来研究所」代表。「商業界」編集長として取材した4000人超の商人から学んだ「選ばれ続ける店のあり方とやり方」を講演や執筆でもお伝えしています。 https://akinai-mirai.com
    • 今日の商う言葉

      「商人の父」と言われた商業経営指導者であり、経営思想家の倉本長治が遺した膨大な著作・発言の中から、そのエッセンスをコンパクトな言葉にまとめて超訳、私なりの解釈を添えます。 日々の仕事の中に不安を持ったり、商いに迷いが生まれたとき、この中のどれか一つでも二つでも、あなたを励まし、ヒントとなる言葉があれば光栄です。 #今日の商う言葉 #朝礼で話してみよう

    • 売れる人がやっているたった四つの繁盛の法則

      『売れる人がやっているたった四つの繁盛の法則』に登場する20人の「売れる人」が繁盛の法則を語ります。 ヒントは、人口減少、少子高齢、成熟経済という未知の環境下でも、お客様に「ありがとう」と言われて成長するためのマーケティングの新しい4P。 ①PRICE(価格)からPHILOSOPHY(哲学・理念)へ ②PRODUCT(製品)からSTORY-RICH PRODUCT(物語性豊かな商品)へ ③PLACE(立地)からPERSONALITY(個性・人柄)へ ④PROMOTION(広告宣伝)からPROMISE(約束・絆)へ これらを高め続ける「売れる」人と、これまでの4Pに留まる「売る人」には、大きな違いがあります。売る人は「説得」しますが、売れる人は納得いただきます。前者にはクレームが生まれ、後者には共感と絆が育まれます。 商い未来研究所 https://akinai-mirai.com

    • 飯田雄太「浅草かっぱ橋商店街リアル店舗の奇蹟」外伝

      ノルマなし! 売上目標なし! 営業方針はまさかの「売るな」――型破りの経営で店舗の売上は急拡大、ECサイトもアマゾンをしのぐ販売数を達成する料理道具専門店「飯田屋」。廃業寸前の老舗を行列の絶えない人気店へと変身させた“シンプルな常識”を店主自ら初公開。 このマガジンでは、書籍編集時にあえて外したコアな部分をこっそり紹介します。 「どんなに頑張ってもうまくいかない」「何をしたらいいかわからない」 そんなあなたは、ぜひ本編へGO! https://tinyurl.com/yeang5au

あなたのラブレターを見せてください

恋文とチラシの違いは 後者が同時に多数に 求愛する必要上から印刷する点だけである ◎広告とは幸いを告げるもの こう断じたのは、商業界草創期の指導者であり、広告のプ…

1か月前

Good Value For Money

企業の競争手段は大きく二つに分けられます。価格の安さを売りとする「価格競争」か、他社にはない価格以外の付加価値を売りとする「非価格競争」です。 法政大学大学…

2か月前

サムのシンプルな法則

世界最大の小売企業であり、売上額で世界最大の企業「Walmart」。1918年、アメリカ合衆国オクラホマで農場を営む家に生まれたサム・ウォルトンは、1945年にアーカンソーの…

2か月前

プラス0.1の積み重ね

「小さいことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道」と言ったのは、日米通算28年間のプロ野球人生で4367安打という世界記録を樹立したイチロー選手…

3か月前

繁盛の入り口

私たちが目を向けるべき対象は誰でしょうか。ある店ではそれを競合店と考えました。数あるライバルの価格をすべて調べ上げ、彼らに価格で勝ろうと品質を落としてまで最安値…

3か月前

従業員は第二の自分

「人手が足りない」という言い方をしたことはありませんか? 経営者の中には、本来は事業の大切な協力者である従業員を「人手」と呼び、生きた道具くらいにしか思っていな…

3か月前