笹井清範

お客様を愛し、お客様に愛され、未来を明るくする商いを目指す商人を伴走支援する「商い未来…

笹井清範

お客様を愛し、お客様に愛され、未来を明るくする商いを目指す商人を伴走支援する「商い未来研究所」代表。「商業界」編集長として取材した4000人超の商人から学んだ「選ばれ続ける店のあり方とやり方」を講演や執筆でもお伝えしています。 https://akinai-mirai.com

マガジン

  • 店は客のためにあり店員とともに栄え店主とともに滅びる

    日本商業の父、倉本長治の教え「店は客のためにあり、店員とともに栄え、店主とともに滅びる」を唯一の座右の銘として自身の経営の中心に据えるのが、柳井正・ファーストリテイリング会長兼CEO。地方商店街の紳士服店の二代目として生まれた彼が「ユニクロ」を立ち上げ、服を変え、常識を変え、世界を変えていくために、みずからの執務室に掲げ、たった一つの原理原則として守り続ける理由は何か? 倉本の名言を100編厳選の上、その意味するところ解説します。

  • 今日の商う言葉

    「商人の父」と言われた商業経営指導者であり、経営思想家の倉本長治が遺した膨大な著作・発言の中から、そのエッセンスをコンパクトな言葉にまとめて超訳、私なりの解釈を添えます。 日々の仕事の中に不安を持ったり、商いに迷いが生まれたとき、この中のどれか一つでも二つでも、あなたを励まし、ヒントとなる言葉があれば光栄です。 #今日の商う言葉 #朝礼で話してみよう

  • 売れる人がやっているたった四つの繁盛の法則

    『売れる人がやっているたった四つの繁盛の法則』に登場する20人の「売れる人」が繁盛の法則を語ります。 ヒントは、人口減少、少子高齢、成熟経済という未知の環境下でも、お客様に「ありがとう」と言われて成長するためのマーケティングの新しい4P。 ①PRICE(価格)からPHILOSOPHY(哲学・理念)へ ②PRODUCT(製品)からSTORY-RICH PRODUCT(物語性豊かな商品)へ ③PLACE(立地)からPERSONALITY(個性・人柄)へ ④PROMOTION(広告宣伝)からPROMISE(約束・絆)へ これらを高め続ける「売れる」人と、これまでの4Pに留まる「売る人」には、大きな違いがあります。売る人は「説得」しますが、売れる人は納得いただきます。前者にはクレームが生まれ、後者には共感と絆が育まれます。 商い未来研究所 https://akinai-mirai.com

  • 飯田雄太「浅草かっぱ橋商店街リアル店舗の奇蹟」外伝

    ノルマなし! 売上目標なし! 営業方針はまさかの「売るな」――型破りの経営で店舗の売上は急拡大、ECサイトもアマゾンをしのぐ販売数を達成する料理道具専門店「飯田屋」。廃業寸前の老舗を行列の絶えない人気店へと変身させた“シンプルな常識”を店主自ら初公開。 このマガジンでは、書籍編集時にあえて外したコアな部分をこっそり紹介します。 「どんなに頑張ってもうまくいかない」「何をしたらいいかわからない」 そんなあなたは、ぜひ本編へGO! https://tinyurl.com/yeang5au

最近の記事

見る→思う→考える→行動する

「AI」という言葉を聞かない日が少なくなりました。artificial intelligenceの略であり、日本語では「人工知能」と表現されます。1956年に米国の計算機科学研究者ジョン・マッカーシーが初めて使った言葉で、「人が実現するさまざまな知覚や知性を人工的に再現するもの」と理解されています。 AIは人類にとって有意義である半面、危機もはらんでいます。たとえばロイター発のニュースによると、米国務省高官は5月2日、中国とロシアに対して核兵器の配備を決定するのは人間だけで

    • No benefit, No profit.

      ・隣人や友人などへの援助 ・社会福祉施設への慰問や激励、介護、奉仕 ・金品の寄付 ・年少者の教育や指導、非行少年の善導 ・地域活性化事業や地域行事への協力 ・清掃や樹木や草花の栽培による生活環境の美化や環境衛生の保持 ・自然環境や野生動物の保護、文化財の保存や保護 ・人命救助や防火、防犯、事故防止 ・地震災害や風水災害などの自然災害や人為災害への対応 検索エンジン「Google」の新機能、AI概要表示によれば、「善行」とは上記のような「現在または未来に幸福をもたらすよい行い

      • スーパーに並ぶ一冊

        「いい本書いたねえ」と電話越しにお褒めくださったのは、仙台秋保の名店「主婦の店さいち」の佐藤啓二さん。昨年秋のことでした。初めて取材でご縁をいただいてから15年あまり。前著『売れる人がやっているたった四つの法則』にご登場いただきました。 「いい本」とおっしゃってくださったのは新著『店は客のためにあり店員とともに栄え店主とともに滅びる』。献本させていただいたところ、すぐに電話をくださったのでした。「うちの店で販売するから、本を送ってほしい」とのこと。 新著に佐藤さんやさいち

        • おはぎに込めた真心

          杜の都、仙台の奥座敷と言われる秋保温泉。人口4000人人という小さな町、秋保町にある80坪の小さなスーパーマーケット「主婦の店さいち」には、9時開店の前から多くのお客様が並んでいます。駐車場には、地元はもちろん他県ナンバーが数多く見られます。 彼らのお目当ては手づくりおはぎ。平日には5000個、週末や祝日には1万個、お彼岸の中日ともなると2万5000個を売り上げる“おばけ商品”です。 「息子夫婦が孫を連れて帰省してくるから、好きだったおはぎを食べさせてやりたい。でも、私も

        見る→思う→考える→行動する

        マガジン

        • 店は客のためにあり店員とともに栄え店主とともに滅びる
          5本
        • 今日の商う言葉
          145本
        • 売れる人がやっているたった四つの繁盛の法則
          7本
        • 飯田雄太「浅草かっぱ橋商店街リアル店舗の奇蹟」外伝
          3本

        記事

          五つの質問の基にあるもの

          経営理念とは何でしょうか?  経営学の碩学、ピーター・ドラッカーは「事業の目的は顧客の創造である」と言いました。すなわち、事業を通じて幸せを、暮らしの豊かさを感じる人を増やすことです。 また、ドラッカーといえば「5つの質問」を思い出します。 われわれの使命は何か? われわれの顧客は誰か? 顧客の価値は何か? われわれの成果は何か? われわれの計画は何か? 事業とは、何のために(使命)、誰に対して(顧客)、何を(顧客の価値)を、どれだけ顧客の幸せ(成果)を、どのように実現

          五つの質問の基にあるもの

          子どもたちの写真

          この店の2階売り場に上がる階段は急である。多くの店の場合、空中階は地上階よりも来店客数は少なく、行き届かない売り場が増える。しかし、この店、そこには上がる価値ある商品が揃えられている。 たとえば、日本人の1割に満たない左利きの人のための品揃え、しゃもじ、キッチンはさみ、おたま、缶切り、フライ返し……。ここまで本気で左利き専用を揃える店を、寡聞にして知らない。“超”がつくほどの専門店「飯田屋」の真骨頂である。 階段を上がる価値はほかにもある。上がりきったところの壁に飾られた

          子どもたちの写真

          一つのキャベツに思うこと

          ここは売場の陳列台の前。目の前に段ボールに入ったキャベツがあるとします。あなたはそれを取り出して陳列台に積んでいく。そして値札をつける。これで売場ができるはずもないし、仕事にやりがいを感じられるはずもない。 いったい、そのキャベツは誰が、どのようにつくり、どのような栄養とおいしさを持つのか。そうしたことを知ろうともせず、無造作に積み上げるあなたの仕事に価値などあるはずがない。 一方、ある人は産地を知り、つくる人を知り、その思いを知ろうと努める。そして、その価値が伝わるよう

          一つのキャベツに思うこと

          販売は人と人との心の交流

          このたびは設立20周年、誠におめでとうございます。長きにわたり販売士の社会的地位の向上のための啓発活動や、販売士の育成・資質向上に尽力されてこられたことに深く敬意を表します。 貴会とのご縁は2016年5月、総会終了後に講演させていただいたことが始まりでした。当時は商業経営専門誌「商業界」に在職しており、「繁盛事例に学ぶ売れる店の方程式」と題して、取材を通じて出会った優れた店々を紹介させていただきました。 それから8年が経ち、商業と暮らしを取り巻く環境は大きく変わっています

          販売は人と人との心の交流

          手紙にあらわれる人柄

          手紙を書くことを日々の習慣の一つにしています。Eメールやメッセンジャーでもいいけれど、手書きの文字には違う魅力があります。そう感じるのは、私のところにもそうしたあたたかい手紙が訪れるからです。 「今日は昨日より張り合いがあります。なにか良いことができそうです」「たった一人だけれど、お客様が非常に喜んでくれました」など、小さな出来事に感じる生き甲斐を、丁寧な字で伝えてくれる人もいます。 売上が5割増えた、今年は昨年の2倍も売れたという便りもいいものですが、私はむしろ、このよ

          手紙にあらわれる人柄

          業界は過去、顧客は未来

          茶の間の呼び名がリビングへと変わったように、茶葉を急須で淹れていた日本茶がペットボトル飲料として飲まれるようになって久しくなります。総務省「家計調査」によると、茶飲料の一世帯当たり支出金額がリーフ茶を上回ったのは2007年。その差は7対3にまで広がり続け、リーフ茶消費量は同年比65%(676g)にまで減少。急須のある家庭は珍しくなりました。 また、リーフ茶の購入先も専門店からスーパーマーケットや通信販売へと移って久しくなります。商店街から茶舗は消えつつあります。 「私が社

          業界は過去、顧客は未来

          自分らしさって何?

          入社同期の営業成績がよく、比較されるのがつらいです。上司には「自分らしく頑張れ」と言われ困っています。どうしたらいいでしょうか。 1998年、ファッションの先端地である東京・原宿に開店すると、多くの来店客を驚かせ、地方都市の繁盛店に過ぎなかった「ユニクロ」の飛躍を決定づけた商品があります。 大量陳列された色さまざまのフリースは一躍ブームを巻き起こし、2000年には2600万枚を売り上げる大ヒットを記録。今日では、一人一着は必ず持っている“国民服”と言われています。 もっ

          自分らしさって何?

          小店ができること

          商業を数字だけでそのすべてを解明し、優劣までつけようとするようになったのは、なぜでしょうか。どれだけ店数が多くなり、売上げが伸び、配当も大きく、経営体質が良いとされ、世間に知られるようになっても、なお、お客様の評判がいまひとつという企業がときにあります。 企業体が大きくなると、どうしてもサービス一つでも画一的になり、標準化された商品の枠から出られなくなるからです。そのことは、お客様にとっては、どこに行ってもあの店に行けば一応の安心が得られるという半面、何か自分の特別の要求に

          小店ができること

          必要不可欠な仕事

          新型コロナウイルスパンデミックや能登半島地震など、日常が揺らぐと注目される存在の一つにエッセンシャルワーカーがいます。エッセンシャル(essential)の「必要不可欠な」という意味が示すとおり、エッセンシャルワーカーは私たちの生活を支えるために必要不可欠な職種に従事する労働者のことを指し、次のような業種が該当するとされています。 医師や看護師、薬剤師など医療従事者 介護福祉士や保育士など福祉関連 教育機関に勤める教育者 警察官や消防士などの公務員 運輸業界や物流業者 小売

          必要不可欠な仕事

          積小為大

          「積小為大」は、江戸時代の農政家であり思想家の二宮尊徳の教えとして知られています。失敗する人というのは、大事をなそうとして小事を怠ります。大事に気を取られ、やりやすいことに務めないから、結局は大事をなしとげられません。それは「大は小を積んで大となる」ことを知らないからだと尊徳翁は説いています。 たとえば、百万石の米といっても、米粒が特別大きいわけではありません。風に吹かれたら飛んでいってしまうような小さな粒が集まって成り立っています。万町歩の田を耕す場合でも、その作業は一鍬

          人に人格、店に店格

          個性・人柄を重んじる「個」の時代を迎えています。これまでには見たこともない未来の花が繚乱と咲き誇るでしょう。どの花も大地からたっぷりと栄養を吸い上げて育って咲くのです。大地には無限の力があります。 商人にとって大地とはお客様です。あなたの個性・人柄を愛してくれるお客様に支えられて花は開きます。明日に咲く花を信じ、それを目指す商人でありましょう。人の生命は短くとも、必ず希望のときが来ることを信じましょう。 人の世の明日に輝く「あきない」の力に、未来への鍵は隠されています。商

          人に人格、店に店格

          苦役? 作品? 活動?

          すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。 これは日本国憲法第27条第1項の条文。基本的人権の一つ「勤労権」を定義した条文であり、国民が自由な労働の機会を得ようとすることに対して国が必要な措置をとるべきである、とする政治上の責務を宣言したものとされています。 「勤労権は本来“work”を意味するものであって、けっして“labor”やないんよ」 昨日、ある会合の後の懇親会で敬愛する先輩がおっしゃったひと言。人事労務管理の専門家、社会保険労務士である彼の言葉だけに、耳に残

          苦役? 作品? 活動?