資金運営で損小利大にするエントリーの仕方とトレンドを判断する方法

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
kiwameです。

今回は資金運営で損小利大にするエントリーの仕方とトレンドを判断する方法の公開です。

後半にトレンドを判断する方法を応用した手法を公開しています。
エントリーポイントと利確ポイントを具体的に指定したものです。
この方法で去年7月から現在までを検証したら1年で利益率約300%という数字が出ました。

単純にレバレッジかけないで資産が4倍、レバレッジ2倍で資産が7倍、レバレッジ3倍で資産が10倍になる計算になります。

自分がこの手法に気づいたのは途中からですがここ2ヵ月でも45%くらいは取れています。

そして損切ラインが近く、明確で1回のトレードの平均利益率が15%となります。

これはBTCの相場に合わせて少しアレンジしただけで基礎となる考えは何年も前から存在するものです。

相場状況によって多少調整をする必要が出てくる可能性はありますが今のところ使えていて最近では7/16からの上げにも使えています。

原理が分かればいくらでも応用して改良出来るものです。

今回のnoteは有料ですが、対価を受け取る以上その額以上に有益なことをお伝えしないと批判の的となることは承知しているのでかなり実践的なことを意識して書いたつもりです。
ただ人によって価値観は違うと思うし、最近有料noteに対する批判がすさまじいので購入する方は真剣に検討してからご購入ください。

そして今までのnoteと今回のnoteで自分が意識している大部分のことはお伝えすることになるので、今回で一連のnote出稿の流れは完結という形で一度区切りを打とうと考えています。

また、有料note購入された方には本日7/26より2週間(8/9まで)note内容に対する質問や実践してみてわからないことや疑問点の相談を無料でサポートさせていただきます。
サポートはtwitterのDMでのやり取りとなり基本的には24時間以内に返信するように致します。

今回のnoteも1章は無料で開放するので無料部分だけでも読んでいただけると幸いです。

【目次】
1. 資金運営による損を防ぐ考え方
2. 資金運営で損小利大にする方法
3. トレンドを判断する方法
4. 1年間で約300%取れている手法

1. 資金運営による損を防ぐ方法

トレードするにあたって資金運営はめちゃくちゃ大事だと思っています。
これが出来てないと勝率5割で収支率がトントンでもマイナスになります。(手数料0で考えます)

それはなぜか?

その理由について説明していきたいと思います。

皆さんはエントリーする際に資金をどのように運営しているでしょうか?
自分はアホな話、トレードを始めたときは1回で資金の全てを投入していました。

理由は買うということは上がると思うから。
自信があってエントリーするから。
今思うと何にそんなに自信があったのかは謎です。

勝率100%ならそれでいいと思います。
でも1回のエントリーで資金の100%を投入して全て勝つなんて不可能に近いです。

例えば資金の100%を投入して10%のマイナスになった場合、総資金が100万円だとしたら90万円になります。(10%という数字はキリがいいので使うだけです。)

そうなると次に資金の100%を投入して10%の利益が出たとしても総資金は90万円のプラス10%なので99万円になります。
1勝1敗で収支率もトントンなのにマイナスです。

そして次に資金の100%を投入して10%のマイナスになると89万1000円。
そこから次に10%のプラスをとっても98万100円。
2勝2敗で収支率も同じなのに約2%のマイナス。

すごく単純計算での話ですが、このパターンを繰り返せば繰り返すほど勝率5割の収支率トントンのトレードでもどんどんマイナスになっていくことになります。

何が言いたいかというと勝率、収支率がトントンでも資金の運営方法が悪いとマイナスになるのです。

なのでまずは毎回同じ資金で戦える資金運営にする必要があります。
トレードに使える総資金が100万円ならば100万円を戦う資金にするのではなく、余力を残した戦い方をすることです。

例えば余力に30万円を残して70万円で戦うとしましょう。
そして最初のトレードで10%のマイナスになったとしたら余力の30万円から7万円プラスして再度70万円にして戦いに挑みます。

次のトレードでプラス10%取れれば7万円増えて余剰資金に7万円戻して70万円でトントンになります。

さっきと同じパターンなのに資金が減っていない。

ものすごく単純で基本的なことですが、そんなことも考えずに自分はトレードをしていました。
100万円でトレードして10%やられたら熱くなってまた全力で戦いに挑むのです。

はい、ただのアホですw

確かに勝ち続けることが出来れば複利で増えていくので資産が増えるスピードは早くなります。
でも果たしてそんなことも計算できない人間が勝ち続けることができるでしょうか?

なので総資金100%で戦うのではなく余力を残して常に同額で戦える戦い方をしましょうということです。

そしてトレードが上達して勝率が高くなって余剰資金に余裕が出来てきたらある程度のラインで戦う資金を増やしてまた一定期間は同じ金額でトレードをするのです。

ここで勝率が上がり少し自信がついたからといって強欲になり、100%の資金で戦ってしまうと今までコツコツ冷静に戦ってきたものが崩れていき、メンタルまで壊され、冷静な資金運営と冷静なトレードをすることが難しくなってしまいます。

常に冷静に相場に立ち向かうためにはこのようなルールを作り上げていくことが大切なことだと思います。

どうしてもそのような戦いをしてしまって熱くなってしまった場合は、外の風にあたり、散歩でもして自分自身に本当にこの戦いでいいのか?と問いかけて頭を冷やしましょう。

小さなミスから歯車が狂い大きなミスをしてしまうことは絶対に避けなければならず、こまめに自分自身に問いかけて修正することをお勧めします。

次にこれを踏まえて資金運営で損小利大にする方法を話していきます。

2. 資金運営で損小利大にする方法

この続きをみるには

この続き: 5,701文字 / 画像7枚

資金運営で損小利大にするエントリーの仕方とトレンドを判断する方法

kiwame

4,800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
84

こちらでもピックアップされています

【更新中 updating 】Gambling Theory
【更新中 updating 】Gambling Theory
  • 3444本

スマホが千両箱に思えてきた貴方へ。 life is gambling, and it is realy ephemetal for loser.

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。