見出し画像

愛について

今日は愛について考察してみたいと思います。

授業でイラストレーション課題の講評を聞いていると、たまに「絵に愛が足りない」という言葉を耳にします。先生が受講生の絵を評して言うのですが、言わんとしていることはなんとなくわかるものの、僕自身はそういう言葉は使ったことがないです。なぜ使わないのか考えてみると、自分は自分の絵に対して愛が無いからだと思います。自分に無いものを人に有れとは言えません。

この続きをみるには

この続き:1,497文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
定期購読していただくと、ほぼ全ての過去記事が読めるようにいたしました!

25年以上フリーランスのイラストレーターとして生きてきた経験から、考えていることや考えてきたたことを綴ります。海外の仕事のことや、とき...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート、フォロー、コメントしていただけたらどれもとても嬉しいです。いただいた分は自分の継続エンジンの燃料として使わせていただきます。

ありがとうございます!
14
イラストレーター、ペインター。国際基督教大学教養学部生物科卒業。Art Center College of Designイラストレーション科卒業。仕事やイベントの情報、エッセイを綴ります。趣味はバイクで、R1200GSに乗ってます。http://tatsurokiuchi.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。