見出し画像

一塁到達タイム‼︎

今日は打ってから一塁ベースまでの到達タイムについてです!


足の速い選手がセーフになりやすいということは分かっていると思います!

さらに、
右打者より左打者の方が一塁ベースに近いので左打者の方が有利です!

観戦してたり、TVで見てると速さはなんとなく分かると思いますが数字にするとよりその選手のスピードの凄さが理解できると思います!

まず、
皆さんの足の速い選手で思い浮かべるのは大体こんな選手かなと思います↓

・周東佑京選手 ・金子侑司選手
・西川遥輝選手 ・柳田悠岐選手
・荻野貴司選手 ・福田秀平選手
・源田壮亮選手 ・近本光司選手

こんな感じだと思います!

一流のスピードスターなのは皆さん分かってると思います!

ただ、
速い順に並べるとしたら皆さん困惑しませんか?笑


僕はタイムを計測しないと分かりません笑


いらない情報ですが、
僕の一塁到達タイムは3.81です!


今回は、上位3選手にしたいと思います!

誰が1番速いタイムを出したのか予想しながら読んでいって下さいね!


まず3位から、

3位は、周東佑京選手

タイム 3.69秒

セーフティバント、ショートの深いゴロがセーフになるタイムです。(あくまで個人意見)



続いて、

2位は、源田壮亮選手

タイム 3.68秒

3位の周東選手と0.01秒差ですが普通じゃないタイムですね笑

周東選手同様に、打ち取られたような打球でもセーフになれるタイムです。



そして、第一位。

この数字みたとき競技間違えてるんじゃないかなと思いました笑


1位は、周東佑京選手

3位と1位でランクインしてる周東選手。
バケモノです笑

気になるタイムは、

タイム 3.50秒‼︎これはかなりすごいですよ、

ファーストゴロでもセーフになれると思います!


内野安打祭りです笑

ちなみに、
イチロー選手でも現役バリバリ時で3.6~秒台だったみたいですよ!

コロナで試合数が少なくても50盗塁しちゃうわけも分かりますね笑

でも、
周東選手より速い選手が出てきたらもっと面白いですね!

今日は一塁到達タイムについてでした!

いつも読んで頂きありがとうございます!
次回もお楽しみに!







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

これからも皆さんと共有出来ればと思ってますのでサポートどうかよろしくお願い致します🙇‍♂️

はい、これで友達🤝
8
■花巻東高校(甲子園出場3回、3夏甲子園ベスト4) ■北海道日本ハムファイターズ#67(2014〜2019) ・2014年フレッシュオールスター選出 ・2015年NPB選抜選出 ・2018年U-23侍JAPAN#7準優勝 ■アパレルブランドもしてます ■ゴルフも好き
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。