見出し画像

「3歳児のピアノ個人レッスン」を初めて受け持つピアノの先生に向けて「直面する課題」と「解決策」をまとめてみました。【有料記事】

「3歳児のピアノ個人レッスン」を初めて受け持つとなると、恐らくピアノレッスンの指導歴は全く関係ないと言っても過言でないほど、未知の世界のピアノ指導になると思われます。

そんな中、「3歳のピアノ個人レッスン」を受け持つ覚悟を決めたあなたのチャレンジ精神はとても素晴らしいことです。

でも、何も準備をしないまま、何も情報をインプットしないまま、3歳児のピアノレッスンを始めてしまうと、思いもしない課題に直面するのは避けられません。

さらに、その3歳の生徒さんにとっては、ピアノとの初めての出会いがあなたのピアノ教室であったり、その生徒さんの将来の音楽的な感性の基礎を築くことになると思うと、あなたの指導方針やカリキュラムも改めて真剣に考える必要があると考えます。

簡単なプロフィール

そんな上から目線で偉そうに語っている「お前は誰だ!」となりそうなので、ここで簡単にプロフィールを紹介させて頂きます。

この「note」をはじめ、公式サイトやインスタ、YouTubeチャンネルの運営を任されているのが、私「キリン」と申します。


キリン

そして、こちらの記事を真筆したのは、武蔵野楽器[セサミクラブ]の代表で現役の指導者であり、教材開発担当でもある「山葉(やまは)先生」となります。

山葉先生

両名のさらに細かなプロフィールは、こちらの『私「キリン」のプロフィールと「セサミクラブ」の教室紹介』をご覧になって下さい。

また、山葉先生が真筆した記事を、私キリンが「note用の記事構成」にまとめ、山葉先生に最終チェックをしてもらった上で投稿しております。

それでは、続きをどうぞ・・・。

3歳児にピアノを教える悩み

3歳児を教えるのが初めてのピアノの先生にとっては、具体的な指導方法や教材の選定に関する悩みがつきものです。

また、3歳児の集中力の限界や、3歳のピアノレッスンに対する不安が、今まで当たり前にやってきたあなたのピアノ指導の障壁となることもあります。

恐らく今、指導者として不安や疑問に感じていることは、「レッスン中の集中力を維持させられるだろうか?」「ピアノを弾けるようにさせられるだろうか?」「音楽的な感性を育てられるだろうか?」といたところだと思われます。

この「3歳児のピアノ個人レッスン」の記事が提供できること

この「3歳児のピアノ個人レッスン」の記事では、3歳児にピアノを教える際に直面する「課題」と「悩み」に焦点を当て、その「解決策」を提供していきます。

記事の構成としては、初めて「3歳児のピアノレッスン」を受け持つピアノの先生に向けて、具体的な指導方法の提案とアイデアを提供することを目的としています。

また、おすすめの教材や曲の選び方、教室での実践に役立つ注意点など、3歳児を指導するための包括的なアプローチも提供しています。

この記事の5つの「カテゴリ(大見出し)」を紹介

この「3歳児のピアノ個人レッスン」の記事は、以下の5つの「カテゴリ(大見出し)」で構成されています。

◆1:3歳児にピアノを教えるためのポイント
◆2:3歳児にピアノを教えるための教材・楽譜・教則本
◆3:3歳児にピアノを教える際の注意点
◆4:3歳児にピアノを教えるための曲の選び方
◆5:3歳児にピアノを教えるときの【まとめ】

「◆1」から「◆4」のカテゴリでは、さらにそれぞれ3つの「小見出し」に分けて「3歳児のピアノ個人レッスン」の指導について深掘りしていきます。

「3歳のピアノレッスン」はあなたの指導の幅を広げてくれる

「3歳のピアノレッスン」を受け持つことで、ピアノ個人レッスンの指導者としていろんな「課題」が持ち上がってくると思います。

その予備知識と事前準備として、この「3歳児のピアノ個人レッスン」の記事を手にしてみませんか?

恐らく、ほとんどのピアノの先生が、「3歳のレッスンは無理」と最初から諦めています。

そんな中、「3歳のピアノレッスン」にチャレンジするあなたは、確実にピアノ指導の幅が広がることは間違いありません。

その結果、あなたのピアノ教室に通っている生徒さんたちの「音楽の幅」も広げてくれるはずです。

この記事が、あなたのピアノ指導の新たなステージを切り拓くためのお手伝いができることを願っています。

続きをみるには

残り 4,631字

¥ 800

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?