見出し画像

4/26 親の存在が大事な星、天貴星の素直さが捻じれるケース、親が十二大従星を歪めるケース

金烏玉兎庵 算命学の学び舎

引き続き、
4/24 野村萬斎さんの事例で説明した内容に関連する補足です。

といっても、野村萬斎さんの十二大従星が歪められている、というお話ではありません。

萬斎さんの事例において、
初旬に玉堂星がめぐる場合には、
幼少期において母親の影響が色濃く、父親不在の可能性があることについて指摘しましたが、

そんなふうに、親の影響を強く受けるケースにおいては、
ときに十二大従星が歪められることがあり、本日はそれについての説明です。

この続きをみるには

この続き: 3,237文字

500円✖️28本📚

メンバーシップへの投稿の1ヶ月統合版です📚 メンバーシップは月額5000円です🌼

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!