見出し画像

3/6 命式を総合的・網羅的に捉える見方㉔夢と現実の整合性、現実の推移、天将星の特徴・天極星の使い方

命式を網羅的に見ていく続きです。
このシリーズ、長くなっているので、ちょっと巻いていきます、といいたいところですが、
端折ってしまうと十分に伝わらないので、今しばらくお付き合いくださいませ。
…とはいえ、ちょっと急いで進めます。

さて、項目をまず挙げます。
適職は大事なところなので、丁寧に説明しましたが、
本日は、割と分かり安いところでもあり、⑥⑦を事例に沿って説明します。

(2)陽占の判断 → 自覚できる世界、主観的な人生の傾向を捉える

①本人の本質(中心星)
②運形
③本能の流れと集中
④才能(社会参加の武器になるものは何か?)
⑤適職(社会参加の分野と方法を捉える)
⑥夢と現実の整合性(人生に矛盾・葛藤があるかどうか)
⑦現実の推移(現実に他人との関わる世界における展開のパターン)
⑧精神の推移(精神的に、つまり想念・心の中の世界における展開のパターン)
⑨人間関係(集団の中に身を置いたときの人間関係の型)
⑩両親との関係(貴幼法)※未修範囲、近いうちにやります
⑪最強の星とその活用
⑫人生全体の推移(三分法)

続きをみるには

残り 3,853字
この記事のみ ¥ 500

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?