見出し画像

コモノを付けるのがニガテ、から「わたしごときがオシャレとか」克服の方法



コモノを付けるのがニガテ、という人は多いです。コモノというのは、帽子やダテメガネ、ブローチやネックレスなどのアクセサリーやストールなどのこと。ないと困る服とは違って、言い換えると「なくても困らないもの」かもしれません。でもコモノはオシャレには欠かせないから、「ニガテ」というブロックをはずす方法を書いてみました。


コモノって「なくても困らない」、それゆえニガテ、なんですよね。「それ必要?」「そこまでせんならん?」「なんか大げさ?」と思ってしまうから。


自分もそうだったんですが、そもそも出てくる感情は「わたしごときが帽子とか(苦笑)」という恥ずかしさ。帽子をかぶったり、ブローチを付けたりというのは選ばれしオシャレさんがすること、わたしごときがするようなことではない、畏れ多い、くらいに思う。


今のわたしは、コモノ類はめっちゃ使っております。似合っているかやオシャレかどうかはさておき。でもやっぱりときどき「わたしごときが・・・」という慣れ親しんだ感情に引き戻されそうになる。そう思ってる方がラクなんですよー。目立ったら恥ずかしいという、いまだ湧いてくる自分の声に屈して、地味にしている方がラク。


この続きをみるには

この続き: 1,587文字

記事を購入

100円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!