見出し画像

シャフトプレーンを3次元で確認するアナログな方法。ビジネスゾーンを確認するにも有効です。

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。

2012年に教育用として制作した、短いビデオを再編集したものですが、現在においても有効で、手軽にプレーンを確認する方法をご紹介致します。

正し方法でスイングを録画することで、3次元でのスイング確認をすることが可能となります。

動画の中で、2012年の時点で、私自身が見えていない部分、簡単なヒッターの動きにも言及しました。


必ずご確認ください

動画自体が、シンガポールで撮影した古いものを、再編集したので、画質が少し低いことをお詫びします。また、コンテンツの特性上、返品、返金には応じられませんので、同意の上御覧ください。(動画コンテンツ3分45秒+補足)

この続きをみるには

この続き: 465文字

シャフトプレーンを3次元で確認するアナログな方法。ビジネスゾーンを確認するにも有効です。

KENTAROISHIHARA.net

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

元海外在住プロゴルファー・Singapore PGA"AAA"・Aimpoint・Dr Kwon's Biomechanics(生物力学)インストラクター