NY武者修行記 5


5日目
10月16日~17日(木)

 10pmから12amまで寝ようと思ったら3am前まで寝てしまった・・・・。

あー、今日は行くのやめようかなぁ、と思ったけど、今日行かなかったら明日聴きにだけ行くことになる。こうやってダラダラJam参加せずに終りそう。

 どうしようぅ、、と10分くらい悩んでいたけれど、やっぱりここで行かないとものすごく後悔するような気がした。

 こんな時間に外に出て行くのもかなり怪しいけど、勇気を振り絞って出た。
こんな時間からでもJamに間に合うっていうのがさすがNYである。

 さすがにタクシーも少ない。

 ちょっと夜中の一人歩きにビクビクしながらも7thAvに向かって歩いた。

 59stでちょっと待ったらタクシーを捕まえられた!さすがNYである。

10st7thAvに向かう。車が少ないので早い。
42st(Times Sqr.)に近づくと、いきなりビルがでっかくなって、スモールライトをあびた気分になった。
タクシーに乗るのも楽しくなってきた。2回目にして!なんて順応性のある人間なんだろう。

 Smalls発見。4am。
こんな時間に、しかも毎日やっているところなのに、お客さん入っているのだろうか。しかも平日。

ドアを開ける。

さすがNY!!
お客さんがものすごくいる!ほぼ満席。演奏者もたくさん。(なんでだろう・・・。)

 品のいい黒人のおじさんに$10払ってテーブルにつく。真ん中だから目立つ・・・・。4〜5amまで聴いていた。
 演奏は、たまに「あれ?」って思う人もいるけれど東京の某有名Jazz ClubのJamのレベルよりも、もちろん高い。

 アルトサックスうまいなぁ。
ギターがセッション・リーダーか。しきりうまいなぁ。学ぶ。
でも、全体的になんとなく盛り上がりに欠ける。

っと思ったとき、バクダンピアニスト登場!白人の白髪のおじさん。めちゃめちゃうまい!!
 プロかな?
そうだとしても世界的に有名ではない。有名でもおかしくないぐらいうまい!!そんな人がごろごろいるんだろう、NY。

さすがに沸いた。

 5amからちょっと休憩。
 一瞬帰ろうかと思ったけど、何が起こるかわからないので残った。

 起こった。

 さっきのギターとアルトサックスが「日本人ですか?」と声をかけてきた。かなり日本語が上手。そして、突然「ほ、ほ、ほ~たるこいっ・・・・・」なんて2人で歌い始めるし!

 友達になった。
アルトサックスのJoshは29歳。奥さんが日本人。
ギターのOferは20歳。ガールフレンドが日本人。
2人ともユダヤ系アメリカン。

 今日水曜日はOferがリーダーの日で、月曜日がJoshの日のようだ。
 Oferが言うには、ここにコンガがあるって!そりゃ叩きたいって言ったさ。

 あ、そうそう、この2人のおかげで4日ぶりのアルコールにありつく!
ナゾなビールを1本とコロナをご馳走してくれた。
 ナゾビールの名前は不明。香りが独特で飲みきらないうちにコロナを勧められたので、そっちに移っちゃった。
 コロナのラージボトル初めて見た!そのままライムさしたらバランス悪いだろうな・・・。

 休憩後。何曲か聴いていた。すでに6amをまわっている。本当は6amでclose。

 そこから2曲ぐらいやったのかな?最後から2曲目の終わりの方で、ずっと奥の席に座っていたアジア人の男性がピアノを自分から弾きに行った。えらい!洗練された感じ。日本人かな?と思った。
 そして最後の曲。
お!ラテンじゃん。と思った時、コンガを持ってきてくれた!叩けって!そりゃ叩くさ!

 けっこう久々に叩いたんだけど、なんだろ、エネルギー吸収したのか酔った勢いなのか、手が動く。
しかも叩きやすく感じるのはみんながうまいから?

楽しい!!

バリバリ叩いちゃった。

やっぱりミスはしたけど、OKって感じ。叩いてたらお客さんが踊ってくれた!!NY!!日本じゃありえない。

 終った。盛り上がった!!うれしい!!!軽く興奮しながらコンガを返しに行く。
 と、そこで日本人女性客、Kさんに声をかけられた。
 「昨日も来たけど今日は楽しかった!よかった!」って!もっと嬉しいことに、OferがKさんに私のことをplay中にめちゃ誉めてくれていたみたい!以前来たパーカッションがヘタだったらしい・・・・。

 「彼女は、しかも女なのに!すごい!」みたいなことを言ってたんだって!
うれしいいいいいいい!!!興奮しちゃったぁ!

 終った後、朝食に誘われて4人でレストランへ。7amをとっくにまわっている。でも、夜中に寝たおかげで元気。

 そこでOferは直接誉めてくれた!お薦めされたpancakeも倍においしく感じる!

 そうそう、Smallsを出た時にさっきのアジア人ピアニストに声をかけられた。
「お疲れ様です。」って。やっぱり日本人だったのね~。年下っぽいな。神戸の人みたい。きっとまた会うだろう。
Ofer & Joshは男には興味なし(笑)!

 そしてレストラン出たのは8amをまわっていた。また会うことを約束して(Kさんは今日帰国。)3人と別れる。

 夢のような時間が終わり、現実へ、ぽいっ。

あー、学校・・・・。遅刻決定だぁ・・・・。
テキストがないので、そのまま行くことができず、いったん部屋にもどる。
そして、タバコ臭いまま学校へ行きましたとさ。

 電車の遅れもあって着いたのは9:45。でも問題なし。

 もちろん理由を説明したらみんなびっくりしていた。
テキストも無理にとりに戻らなくてもよかったみたいだし・・・。いい先生だ。

 というわけで、渡米4日とちょっとで目的を果たし始める。なんだかんだ言って順調ってこと?

 2日目だけか、なにもしなかったの。っていうか、寝込んでいたんだけど。

 やっぱりNYに来て、私の中でなにかが変わってきている。

 1日目はただ単に「いいかげんな国」っていう印象。まいごにもなるし、なにが起こるか分からずに緊張しっぱなし。

 2日目はサンドウィッチにげっそり。なにもかもかも初めてでワクワクよりも緊張でピリピリ。食料をゲットするだけでも疲労・・・。
時差ぼけ、まいごもあわせてゲッソリ・・・・。

 3日目は緊張しつつも進もうとし始めてライブに行ったはいいけれど、疲労困憊でもったいないことをしたし、電話で緊張、具合の悪いお姉さんのこと、学校での会話についていけない・・・・・。初タクシーもあったな。

 そして、4日目、一通り経験をして肝が据わった。
なんか、突然ドスッて据わった。
BNにチケット追加のための電話も全然問題なし。
授業もそこそこ楽しめた。
DELIに一人で入るのも平気になってきたし、クレジットカードも使った。
2度目のタクシーは楽しかった。そしてスペシャルな出来事。

 4日目にしてNYが好きになり始める。
NYの魅力。なんでみんなが来たがるのか。ちょっとずつわかってきた。
とてもいい方に気持ちが動く。
やばい傾向?!帰りたくないとか言い出すんじゃないかな~?

 今日の夜中はSmallsどうしようかな。Oferは毎日いるようだ。体調が悪くなければ行けるかな?


 あ、そうそう、また書き忘れ。
7train42stでジャンベを叩く黒人さん発見。5cent入れて軽く話しかけちゃったり。もうノリノリなワタシ。

 その後、9trainのホームでドレッドヘアのおっさんがバケツを並べて叩き始める。

ファンキー!

電車がなかなか来なかったので、けっこう見れた。写真を撮って5cent入れてきた。

画像1

ちゃんとカメラ目線だし!

やっぱりMD持ち歩かなきゃ。毎日録音しながら通学でもいいかも!さすがNY!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます♪
4
パーカッショニストの安井希久子です。 かなり前のお話ですが、2002年10月に音楽武者修行に行った旅行記をもう一度公開したいと思いnoteを始めました! ジャンベ一本と大きなスーツケースを抱えて、初海外貧乏一人旅でした。今とはかなり社会情勢が違いますが、お楽しみ頂けると幸いです♪

こちらでもピックアップされています

NY武者修行記
NY武者修行記
  • 15本

パーカッショニストの安井希久子です。 かなり前のお話ですが、2002年10月に音楽武者修行に行った旅行記をもう一度公開したいと思いnoteを始めました! ジャンベ一本と大きなスーツケースを抱えて、初海外貧乏一人旅でした。今とはかなり社会情勢が違いますが、お楽しみ頂けると幸いです♪ もしよろしければ、記事の下の「サポートをする」ボタンを押して頂けると非常に嬉しいですっ!!よろしくお願いします🙇‍♀️

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。