「LGBT当事者からの反対意見」同性パートナーシップは国を混乱させる。地方自民党議員は今すぐ反対を「LGBT活動家の本音を探る」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「LGBT当事者からの反対意見」同性パートナーシップは国を混乱させる。地方自民党議員は今すぐ反対を「LGBT活動家の本音を探る」

「同性パートナーシップ証明の制度は10年程度で壊れる」

これを発言したのは明治大学教授鈴木賢氏が新宿区でのパートナーシップ・ファミリー証明についての導入時に発言した内容です。

鈴木賢

鈴木賢(明治大学教授)は古くからのLGBT活動家です。
いわばこの世界の第一人者であり、しかも憲法学者。
しかし、数々の問題発言もあり、味方であるLGBT活動家の中でも「鈴木先生が余計なことをするから、同性婚やパートナーシップ証明がうまくいかない」という愚痴を多くの方から聞いたことがあります。
特に20~30代の若い世代から鈴木賢氏の問題発言に目くじらを立てている人が多くいるという。

oripara鈴木

自民党政権が下野するために、オリンピックで新型コロナ感染者が増えて、日本人が死ぬことを厭わない発言。。これにはいくら極左のLGBT活動家からも批判が噴出しました。

renntai 鈴木

これはLGBTに関する定義を丁寧に鈴木賢先生が講義してくれたスクショです。
つまり、LGBTという言葉は政治的連帯であり、性的マイノリティの総称ではないということです。

画像4

60歳を超えて、虹色マスクをつけて、生足出して頑張って、永田町で抗議運動しても、問題発言が多すぎてついていけません。

若い活動家の胸中が気になります。

画像5

「同性パートナーシップ証明書は意味がない」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!