吉瀬晋太郎/思考を現実化する男

吉瀬 晋太郎(きちぜ しんたろう)昭和60年8月21日生まれ 浮羽中学校→浮羽高校→京都産業大学→住友林業株式会社→京都教育大学・滋賀大学・佛教大学・京都産業大学(科目等履修生)→春日高校→浮羽究真館高校

好きでたまらない。

好きでたまらない、という域まで達すればそれが最高だと思う。早朝、ある出会いがあった。生物が好きでたまらないという方にお会いした。朝から野鳥を観察されていた。手に…

時間の概念。

時間の概念。時間は大きいものと小さいものがある。大きな流れのように見えて実は一瞬の連続。今何を成すべきかの連続。積極思考で突っ込むならその一瞬は価値あるものにな…

与えられた場所でまずは精一杯生きること。

与えられた場所でまずは精一杯生きること。未来を考えながら生きてもいいが、歩みを止めることなく。進みながら考えること、また、少しでもいいなと思ったら実行すること。…

暗黙知を通じて伝達する。

有能感、関係性、自律性とは上手くできている。やっていることを言語化するならばそういうことなのだろう。ただし言語化できるのはあくまで形式知であって、それは知のごく…

未来は誰にもわからないが、ある程度わかっている。

未来は誰にもわからないが、ある程度わかっている。自分の未来が良いものになるのか悪いものになるのか。勝つのか負けるのか。ある程度わかっている。その根拠は過去にある…

やればできる

何も伝えきれていない。何も伝わっていない。原因は自分にある。そもそも何を伝えたいのかがはっきりしていない。毎年伝わっているだろうと勘違いしているのかもしれない。…