見出し画像

フリースクール出席が学校に認められた話

みなさん、こんばんは!
代表の土橋です。

嬉しいご報告です。

先月のことですが
うちのフリースクールミズタマリを
利用してくださっている
あるお母さんから連絡が入りました。

「学校の担任の先生と話して
フリースクールの参加を
学校の出席扱いにできることになったのですが
書類などの作成を協力してもらえませんか?」

と。

最初は事務的に、出席日を確認し
文章を打ち込み、書類を作成し
としていたのですが

スタッフにこのことを報告したところ

「え、やったじゃん!!」
「めっちゃ嬉しい!」

と喜びの声があがり
「へ?」という反応をすると

「え、なにその反応?土橋が最初に言ってたことじゃん。学校とも連携してやっていくって。『学校へのつなぎ』じゃなくて『学校と同等のフリースクール』になるって。」

そう言われた瞬間、思い出しました。

そうでした。そうです。

最初の頃に、1つの目標にしていました。

通っている子ども達の
居場所であることはもちろん
子ども達に、学ぶ、人と関わるための
選択肢を増やすんだ
って。

既存の学校に通わない選択をしたときに
他に行くことのできる場所を増やす
んだって。

そのために、学校や行政や社会に
フリースクールの存在を認めてもらう
んだって。

そう思った途端
想いがこみあげてきて
キーボードを打つ指に
力が入ってきました。

社会全体にとってみれば小さいかもしれませんが
僕らにとっては大きな一歩でした。

もしかしたら子どもやお母さんにとっても。

子ども達の居場所であること。
安心をつくるために
子ども達の細かな言動に気を配り
私たち自身のふるまいを1つ1つ意識し
居場所として維持し続けるために
経営にも考えをめぐらせ

そんなことをしていたら
大切な1つの目標を忘れてしまっていました。

また1歩踏み出せました。

その嬉しいご報告noteでした。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。


※ちなみに出席扱いにできるかどうかは
学校長判断になります。

もし出席扱いにしたい方がいましたら
学校との最初のやり取りは
それぞれのご家庭にてお願いします。

学校のほうで
「フリースクールと直接やり取りをしたい」と
なった場合、それ以降のやり取りは
こちらで引き継ぐことも可能です。

私たちのほうで書類作成や
必要であれば学校との打合せなどを
させていただきます。

子ども達の居場所であることを
第一に考えたいための判断です。
ご了承ください。

---------------------------

~フリースクールの利用を考えている親御さんへ~

私たちの運営するフリースクールミズタマリは
宇都宮市峰町299にある一軒家の一角を
お借りし運営する小さなフリースクールです。

登録人数は現在8名

小3~中2まで子ども達が
年齢、性別に関係なく
一緒になって学び、遊ぶ場です。

スタッフは大学生のお兄さんお姉さん。

画像1

子ども達と一緒になって
笑ったり、悲しんだり、喜んだりしてくれます。

画像2

家族じゃないからこそ
年が近いからこそできる寄り添いを
実践してくれています。

「うちの子どもが不登校なんです」
「家族ともほとんど会話がなくて…」
「最近ずっと家にひとりでいて…」
「どう関わっていけばいいのかわからなくて…」

そんな親御さんはぜひご相談ください。
現在コロナのこともあるので
対面でのご相談はできませんが
電話、ビデオチャット、メールなど
別の形では引き続き実施しています。

対面でない限り、料金はいただいていません。
ぜひこの機会にご利用ください。

下記電話番号へ直接もしくは
相談フォームよりお願いします。

TEL:080-1853-6296(代表土橋直通)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
私たちのスキをあなたに送ります🍀
4
NPO法人キーデザイン公式アカウント。「第四の居場所づくり」と「生きづらさに寄り添える人の育成」をしています/通信制高校に授業を届ける/#不登校 #ミズタマリ #フリースペース #フリースクール 準備中/すべての人に自分のありのままを表現できる居場所を。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。