見出し画像

ムンク展+ピカソ展@K20(2)

次は、ムンク展と同じK20で開催されたピカソ展である

本企画展は、ピカソの一時期の制作に焦点を当てた展覧会である。たんなる天才ピカソを称える展覧会ではない。ヨーロッパで第二次大戦が勃発した1939年(9月1日、ドイツのポーランド侵攻)から、ナチスドイツの敗北で終わる1945年まで、ピカソの戦時中の活動を追った実に興味深い展覧会なのだ。
この内容の展覧会が、ここドイツで開催されていることを忘れてはならない。
ピカソが言うように、彼は戦争画を描いていない。だが、彼の絵画には戦争がある。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
美術評論家

こちらでもピックアップされています

アートのある光景-ヴァーチュアル展覧会
アートのある光景-ヴァーチュアル展覧会
  • 15本

BeforeCoronaのアートシーンを振り返る試み。AfterCoronaにつなげるための記憶のアーカイヴ。そして、失われた時を取り戻すヴァ―チュアル展覧会。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。