見出し画像

maxent

3年ぶりに曲を形にしました。

ループやサンプリングを多用していて、今までで最もコンピューターに頼りながらも、今までで最も体温に近い質感のトラックになりました。

イメージの画像は南アルプスに行った時に撮影した一枚の写真を、Deep Learningで画風変換させて作っています。

昨年の春頃、体調が優れなかった時に(毎年、春は体調が悪い。六星占術でも木星人 [-] は2月〜4月は要注意らしい。)骨格を作った曲で、「治癒」や「融和」的な質感を目指しました。参考にしたのは、Scott GilmoreやJoseph Shabasonです。

また、昨年「マルティン・チャンビ時代のペルー、アンデス音楽 1917年〜1937年」という一枚に非常に感銘を受けまして、ノイズ感が気持ち良いこともあり、サンプリングで多用しました。

以上.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは何かしらの製作費用に活用させていただきます!

ありがとうございます!感激!
4
音楽とエンジニアリング | 1991-.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。