ランニング日記

213
エリート選手に学ぶ「厚底シューズ」の使い方

エリート選手に学ぶ「厚底シューズ」の使い方

東京2020が始まり、7月初めにはランニングシューズ関連各社のニューモデルが出揃いました。 専門店にシューズを見に行くと東京2020で選手が使うであろうモデルがところ狭しと並んでいます。 もちろん厚底シューズも例外ではありません。 個人的にもフルマラソン用にレースシューズを新しくしようと思い、7月下旬ごろに厚底シューズを購入する気満々でショップに行きました。 しかし、なんと僕のサイズである28.0cmはすでに売り切れという状態。 各ショップの店員の方に聞いたところ、

心臓の病気「狭心症」になってから25日間考えていたこと。

心臓の病気「狭心症」になってから25日間考えていたこと。

2021年6月25日、朝起きる時に左胸に鈍い痛みがありました。 その後、地域の医療センターで狭心症(きょうしんしょう、angina pectoris)の一種である「冠攣縮性狭心症(以下、冠れん縮性狭心症)」と診断されました。 退院後、薬を飲みながら経過観察をしています。 そして25日後にあたる2021年7月21日に担当医の診察があり、投薬治療は継続するものの、フルマラソン3時間切りを狙うためのトレーニングをしてもいいという許可をもらうことができました。 今回は本格練

3
これがあなたにオススメです。練習の中心「ジョグ」のやり方

これがあなたにオススメです。練習の中心「ジョグ」のやり方

「走る」と行為は運動の基本のうちの一つです。 そして「体力づくりのため」「ダイエットのため」「レースに出るため」など走る目的は様々です。 日々走る中で中心のトレーニングとなるのは比較的楽に走れる「ジョグ(jog)」「ジョギング(jogging)」でしょう。 今回は「ジョグ」のやり方について考えてみます。 ■そもそも「ジョグ(jog)」とは? 「ジョグ(jog)」「ジョギング(jogging)」の言葉の意味を考えてみます。 「ジョグ」「ジョギング」とはもともと英語

8
故障や休養明けの練習メニューはこれ。

故障や休養明けの練習メニューはこれ。

ランナーの方で「故障や体調不良とは無関係」という方は少ないと思います。 走りすぎて関節や筋肉を痛めることもあれば、雨などでカラダが冷えて体調を崩すこともあるでしょう。 そんな故障や体調不良をして休養し、完治して練習を再開する時、これを読んでいるあなたはどんな練習メニューを組みますか? 人によって様々だとは思いますが、正しい手順を踏まないとまた走ることができなくなるカラダに逆戻りするかもしれません。 今回は練習再会時の基本的なメニューをお伝えしようと思います。 これを

2
本格的に暑くなる前に準備しよう!カラダを暑さに慣らして夏を乗り切る方法。

本格的に暑くなる前に準備しよう!カラダを暑さに慣らして夏を乗り切る方法。

最近の日本列島は暑くなるのが早いと感じます。 5月の連休明けには「夏」を感じます。 さらに、梅雨が明け本格的な夏が始まると気温35度以上の猛暑日が連続することが多くなっていますね。 こんな気候になっているので、5月の半ばには急な気温の変化にカラダがついていかず体調を崩したり、梅雨明けして気温が高い日が続くと「熱中症」になってしまう方が急増します。 普段からトレーニングをしているランナーも例外ではありません。 気温差が大きい日が続いたり、気温が高い日が連続するとカラダに

2
走る時、自宅をスタート&ゴールにしない方がいい3つの理由。

走る時、自宅をスタート&ゴールにしない方がいい3つの理由。

みなさんはランニングをする時、スタート地点とゴール地点をどこにしていますか? 自宅の前でウオーミングアップをし、予定の時間もしくは距離を走って自宅前でゴール、という方が多いと思います。 しかし、僕は自宅から離れたところをスタート&ゴール地点にしています。 これには明確な3つの理由があります。 今回は「走る時、自宅をスタート&ゴールにしない方がいい理由」についてお伝えしていきます。 ■【理由 1】ウオーミングアップをしっかりするため。 走る時間が限られている市民ラン

4
低血圧をランニングで改善しよう!

低血圧をランニングで改善しよう!

朝、走るために目覚ましをかけて起きたのに、なんとなく起きられない。 また、走る気力はあるのにカラダがだるかったり、しっかり寝たのに疲れが取れていないような気がする。 そんな経験ありませんか? 病気でもないのにそんなことが起きるのは「低血圧」のせいかもしれません。 「高血圧」という言葉はよく聞きますし、色々な病気を引き起こすものとして情報がたくさんあります。 しかし「低血圧」に関しては意外と少なく、また高血圧と比べてあまり重要視されていないような気がするのです。 血

日々走っているサブスリーランナーの僕に心臓の病気「狭心症」が襲いかかった。

日々走っているサブスリーランナーの僕に心臓の病気「狭心症」が襲いかかった。

人は日々色々なものを「予防」をしています。 トラブルなどの被害を最小限にするためです。 その中でも「病気に対する予防」は多くの方がしていると思います。 病気を予防するために、手を洗ったり、食事に気をつけたり、日々運動したりする方は多いはずです。 僕もそのひとりです。 フルマラソンを走るランナーであり、コーチでもあるため健康には気を使います。 トレーニングをして疲労が溜まったら無理をせず休養もしていました。 しかし、今回突然襲っていきた「左胸の痛み」 最終的には狭心症

3
夏のトレーニングで強くなろう!夏のランニングで意識すべき3つのこと。

夏のトレーニングで強くなろう!夏のランニングで意識すべき3つのこと。

梅雨を迎える時期になると気温が一気に高くなります。 「暑くなりましたねー」というあいさつも増えてくるのもこの時期くらいからと思います。 そんな中、外で活動するランナーは「暑さ」との戦いが始まります。 トレーニングしやすい時期とは違い、カラダが思うように動かなくなることがあります。 トレーニング以前に暑さでトレーニングする意欲がなくなる方もいるかもしれません。 しかし、走力を維持するためにはトレーニングは継続しなければなりません。 では、夏のトレーニングで意識するべき

2
冬に試すのは辛いから今の季節にやります。雨の日に試しておくべき3つのこと。

冬に試すのは辛いから今の季節にやります。雨の日に試しておくべき3つのこと。

日本列島は北海道を除き、5月中旬〜7月中旬は梅雨に入ります。 必然的に雨が多くなる季節です。 この時期になると、僕は決まって「雨対策」を考え、試します。 雨が降ると「走る気力」が出ない方も多いのが事実です。 しかし気温が高くなって来ているため、他の季節で雨の中を走るよりは風邪をひいたりする確率は下がります。 そのため小雨なら走ります。 そしていろいろと試すのです。 今回は今の時期だからできる「レースに向けて試しておくべき3つのこと」をお伝えします。 ■なぜ「雨の

1