見出し画像

僕たちはそろそろ報われてもいいと思って。


2020年が、もうすぐ終わろうとしています。

皆さんにとって、今年はどんな1年だったでしょうか?僕は長時間の在宅勤務で腰を痛めました。ずっと準備していた旅行の予定は、いつやってくるのかわからない「いつか」に延期になり、去年から楽しみにしていたライブが2つ中止になりました。好きだったラーメン屋はいつの間にか店を畳んでいて、好きな劇団は活動休止を発表し、そして、ここでは語り尽くせない悲しい別れもありました。

このクソみたいな2020年が、もうすぐ終わろうとしています。

* * * * *


こんにちは、普段は漫画を描いています、うえはらけいたです。
信じられないことですが、2020年は残すところあと40日弱だそうです。
7年前に東京オリンピックの開催が決まって、2020っていう字面もなんだかいいよね、未来っぽいよね、なんて言っていた、まるで希望を象徴する数字かのようだった「2020」が、あと40日。


でも実際、この1年を象徴したのは「我慢」という言葉に尽きるんじゃないかと思います。清水寺の和尚も「今年の漢字」には、堪えきれず「我慢」の二文字を書くことでしょう。外食も旅行も、みんなで一斉に我慢。仕事と家事がごたまぜとなったストレスフルな在宅勤務も、みんなで我慢。お店や事業を経営している方は「自粛」という名の我慢を何度も強いられたのではないでしょうか。

画像6

これだけ我慢を続けた僕たちって、
そろそろ報われてもいいんじゃないか?


僕はそう思います。
ここで言う僕たちとは、「みんな」のことです。もう、みーんな。
もちろんそこには、これを読んでるあなたも含みます。

ちょっと高いスイーツ買って食うとか、そんなんじゃダメだ。
もっと、こう、でっかいご褒美があって然るべきだと思うんですよ。だって僕たちは、かつて誰も経験したことがないような「我慢」を、かれこれ半年以上続けてきたわけだから!!

ただ悲しいかな、いい大人になってしまった僕たちは「よく頑張ったねぇ、ハイご褒美!」ってお父さんお母さんがしてくれるわけでもないし、靴下いっぱいのプレゼントを持ってサンタクロースが来てくれるわけでもない。でも忘れないで欲しいんですけど、どんな状況でも特上のプレゼントをくれる人が一人だけいるんです。


それは自分です。

世界が報いてくれないのなら、
自分自身が、最高のプレゼントをあげればいいと思うんです。


そこで僕は、
僕の願いを自分で1つ叶えてあげることにしました。


ちょうど良い機会だと思ったので、すごくベタなんですけど、まず「死ぬまでにしたい100のこと」を書き出すことにしました。なぜなら、自分が今叶えてほしい願いってどんなものがあって、その内どれが今すぐ叶えられるのか、って意外とちゃんと把握してないな、と気づいたから。

画像1

これ書き出す過程で100回くらい「いやいや、実現できるわけネェー…」という無力感に襲われるんですけど、そういう「セルフちゃちゃ入れ」には一旦黙っててもらいましょう。夢は大きく、な。


そして、その中からある程度お金や時間をかければ今すぐに叶えられるものを選びます。「仕事で◯◯を実現する」といった自己実現系は不確実性が高いし、「◯◯に行きたい」といった旅行系は世の中的にムリなので、それらを除いていきます。それでも少なからず今すぐ実現できそうなものって1つ2つあるんじゃないかと思うんですが…

画像2

僕の場合は1つありました。

画像3

これだーっ!!


そういうわけで、人生初の個展を開くことにしました。
それも、僕が世界で一番好きな書店「SPBS渋谷本店」の店内で。

画像6

それくらいはしないと、ご褒美にならないからね…!
元々は「個展なんて、自力で集客できるような知名度になってからじゃないと…」という意識があったので、自分はまだそのクラスじゃない、とか思ってたんですけど。もうそういうのいいから、思い切って年内にやることにしました。
だって、2020年を乗り越えた自分へのプレゼントだから!これは!

画像4

※展示の内容は世の中の情勢を見て変更する可能性があります

あ、ぶっちゃけ個展って言うには恥ずかしい程の、ほんとに小さなスペース(2畳くらい)なんですけど…普通の展示じゃ面白くないかなってことで、僕の作業場をそのまま展示スペースに再現することにしました。期間中はずっとそこで制作作業をする予定です(だから行動展示ってわけ)。人生初個展です。人前で制作作業をするのも初めてだし、今はそこで販売する商品を作るため、人生で初めてマンガの本の入稿作業をしてます。不思議なことですが、自分を甘やかすために始めたことなのに、いつの間にか挑戦の連続になっていました。でも、頑張ります。
だって、2020年を我慢の1年で終わらせたくないから。


* * * * *


ということなんですが…
別に展示の告知がしたいわけじゃないんすよ。


皆さんもやってみませんか?ということが言いたいんです。


2020年、めいっぱい我慢した自分へのご褒美を、自分から贈りませんか?
もう僕ら、それくらい頑張ったよ今年はさぁ。
ちょっとくらい自分のためにお金使ったり、わがまま言ったりしても良いと思うんだよ、今年は。

このクソみたいな2020を一緒に乗り越えた仲間として。これを読んでいるあなたにも、あなたがちゃんとご褒美をあげてほしい。そう思います。そうじゃないと、なんか悔しいんすよ。こんなに皆しんどいままで今年が終わっていいのかよって。

やり方は、既にお見せした通りです。

画像7

100個が大変だったら、20個でも10個でもいいと思います。
大切なのは、ちょっと時間やお金をかければ意外とすぐに実現できるけど、こういう口実でもないとなかなか挑戦できない願いを見つける、ということかなと思います。


2020年のあなたには、願いを叶えてあげる価値があると思います。
みなさんのご報告、お待ちしてますね。
いい1年の締めくくりを一緒に作りましょう。



※展示の詳細はこちら

画像8


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
広告代理店コピーライター → 美大編入 → 広告デザイナー →・・・そして今漫画を書いています 人は30才から専業漫画家になれるのか!?そんな実験の証人になってください