【動画でレポ2】RPALT!Power Automate Talk #10~スマホからのデスクトップフローの事例紹介!
見出し画像

【動画でレポ2】RPALT!Power Automate Talk #10~スマホからのデスクトップフローの事例紹介!

今日はこの間参加できなかったPower Automate Talk #10の動画からレポートの続き、ロボ研佐々木さんの事例紹介部分をレポートに起こします。

Power Automate事例紹介・ライブデモ
※「スマホからのデスクトップフローの呼出」など:ロボ研佐々木さん

ロボ研(ASAHI Accounting Robot研究所)は山形県のRPA開発者ア育成支援の会社で前身であるWinAutomationの時代からPowerAutomateDesktopに関わっている先行企業です。


PowerAutomateDesktop

画像13

PowerAutomateDesktopはPowerAutomateの一部でRPA機能でクラウドフローとデスクトップのフローを繋ぐものです。

クラウドフローとの連携で、
・フォルダにファイルが格納されたら」のようなトリガーを利用できる。
・フローをスケジュール起動できる。
・インスタントフローという機能でスマートフォンの実行ボタンからフローを起動できる。

社外からデスクトップフローを起動する

今回はすでにWinAutomationで構築された事例です。図の左の部分について説明します。

画像12


以前からの方法:ChatWorkトリガー

画像6

ChatWorkのチャットボットからお客様コードや対象業務を指定することで必要な資料を必要部数印刷するDocyWorksで印刷して指定のフォルダーに格納するというプロセスです。

メリット
・フローの呼び出しが簡単
・社外からフローの起動ができる
・依頼者に返信できる
課題
・設定が複雑
・フリーフォーマットに入力する依頼用のコマンドを記憶しないといけない

案1:インスタントクラウドフロー

画像9

スマホのPowerAutomateのボタンから起動する案

メリット
・呼び出しが簡単
・依頼者に返信も簡単
課題
・テキストのみでファイルを扱えない(
・スマホからしか実行できない
・フローごとにボタンが必要

案2:Microsoft Formsの利用

画像12

メリット
・PCからでもフローを起動できる
・設定が簡単
・入力項目によって依頼者に返信可能
・組織外のユーザーでも可能
課題
・どうやって簡単に表示できるか

案3:PowerVirtualAgentsの利用

画像12

メリット
・Chat形式(対話)の操作は楽しい
課題
・対話形式は煩わしい場合もある

案4:AdaptiveCordsの利用

画像13

メリット
・ワンアクションで入力ウィンドウが用意される
・PCからでも利用可能
課題
・ワンアクションは必要

・・・これが一番いいかな・・・ということです

その他
・PowerAppsで専用アプリを作成する
・ファイルトリガーコネクタの利用
・メールトリガー  ・・・・などもあります


画像8


RPACommunity

自動化・RPA・業務改善・働き方改革に興味のあるメンバーで構成!RPA業界では初の完全な「ユーザー主体」「オフライン主体」コミュニティ。
特定企業・団体の主導/運営ではない、純粋な「ユーザーメインのコミュニティ」です。
※企業ではなく、ユーザーが主体となって運営。また、法人ではなく非営利の任意団体です。

RPAをベースに情報共有・学ぶ事が主な目的ですが、RPAツールだけに捕らわれず、全てのITツール・IT技術・ソフトウェア・ハードウェアを活用し、業務改善や働き方改革に繋がる事を意識した学びとリアルな交流の場を全国各地に提供しています。
様々な情報・技、課題・悩み、改善手法・対応方法等を皆で共有し、企業のためでも、特定の個人のためでもなく、全国各地・参加者の皆様全員にとって一番良い「働き方改革」その先にある「幸せ」に繋がる事を目標としています。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!がんばります
情シスのおっさんです。おっさんのわりにいろんなコミュニティに参加しています。いちおうスクラムマスター/DevOpsマスターです。アジャイル、Salesforce、クラウド関係、プロジェクト管理、RPAからマーケや広報まで進出しています。オリンピックボランティアの記事もあります!