# 102_トランスレーションズ展にお越しくださったみなさまへ

画像1

出典:いよいよ開幕「トランスレーションズ展 −『わかりあえなさ』をわかりあおう」

・・・

2020年10月16日から、21_21 DESIGN SIGHTで開催されている「トランスレーションズ展」に、我々も出展作家として参加しています。下記のテキストは、展覧会会場で、私たちの作品の横に置かれるハンドアウトの文章です。

・・・

トランスレーションズ展にいらしたみなさま、この度は、会場にお越しくださり、ありがとうございます。みなさまの目の前にあります〈FabBiotope〉という作品の作者であります、島影と申します。簡単に、本作について、解説をさせてください。まず、私たちは、文字を代わりに読み上げるメガネ〈OTON GLASS〉を、主に、弱視者の方と、協働して、開発してまいりました。天吊りされております、三つのメガネが、歴代の〈OTON GLASS〉であります。左から、バージョン1、3、5となっています。まず、バージョン1は、私の父の失読症をきっかけに誕生致しました。父が脳梗塞の後遺症で、文字を読むことができなくなる失読症になり、それをきっかけに、仲間と共に開発したのが、このモデルです。次に、バージョン3は、金沢21世紀美術館で展示をしたモデルです。幸いにも、父はリハビリの末、ほぼ回復し、文字を読むことができるようになったのですが、このモデルを美術館で展示することを通じて、弱視者の方や、その周りの眼科医療福祉従事者の方々と出会うきっかけとなりました。最後に、バージョン5は、今まで出会った弱視者の方の中でも、「つくり手である弱視者」の方々にお声がけし、彼らと協働するツールキットとして機能したモデルになります。私たちは、このバージョン5から、弱視者とエンジニアが、協働して発明を実践し、生まれた知を流通させるプロジェクト〈FabBiotope〉の実践を始めます。昨年、〈FabBiotope1.0〉と位置付け、弱視の建築家や全盲のプログラマーと、エンジニアが協働して、〈OTON GLASS〉を再発明する、という試みを行いました。それを、東京都美術館で、発表すると共に、その会場で、プロジェクトの参加者や関係者をゲストとして招き、トークを行いました。目の前で展示されております、映像は、そのときの記録映像を短くまとめたものになっています。現在、本展示と連動する形で、ウェブ上での連載を行っています。具体的には、昨年、実施した、そのトークを、全10話の映像群に編集し、それらを段階的に、公開しています。また、本プロジェクトを紹介する、Q&Aの文章も段階的に公開しています。それら連載を通じて、プロジェクトを紹介するとともに、これから始まる〈FabBiotope2.0〉の参加者を募っていきます。ぜひ、ご興味を持っていただけた方は、本紙にあります、QRコードから、ウェブ上の連載に飛んでいただければ、と思います。それでは、引き続き、トランスレーションズ展を、お楽しみください。

島影圭佑(代表)、岩永賢治(映像)、小林空(什器)、森屋充正(グラフィックデザイン)、〈FabBiotope1.0〉の参加者及び関係者の皆様(出演)

・・・


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
起業家。父の失読症をきっかけに文字を代わりに読み上げるメガネ〈OTON GLASS〉を仲間と共に発明。弱視者とエンジニアが協働して発明を実践し知を流通させるプロジェクト〈FabBiotope〉に取り組む。 https://scrapbox.io/keisukeshimakage/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。