見出し画像

9月11日|ナナロク社の対談02 岡本真帆×上坂あゆ美

今年、第一歌集を刊行したふたりの歌人、上坂あゆ美さんと岡本真帆さんによる対談です。

日時:2022年9月11日(日)14:00 - 15:30
※終了後は16:30までサイン会の機会をもちます。
場所:恵文社一乗寺店 イベントスペース コテージ
参加費:1650円(トークのみ)
定員:20名

当店会場ご参加の方はこちらのご予約フォーム
もしくはお電話(075-711-5919)、店頭にてご予約ください。

※こちらのイベントはオンラインでの配信も行います。
オンラインでの視聴をご希望の方は、こちらよりお申し込みください。
(オンライン配信の受付は9/10の23:59に締め切らせていただきます)



<登壇者プロフィール>

上坂あゆ美(うえさか・あゆみ)

1991年生まれ。歌人。2017年から短歌をつくり始める。2022年2月に第一歌集『老人ホームで死ぬほどモテたい』(書肆侃侃房)刊行。Twitter 上坂 あゆ美 | 老モテ発売中 @aymusk

===================

『老人ホームで死ぬほどモテたい』
歌人・上坂あゆ美の第一歌集。

著者:上坂あゆ美
定価:1700円+税
ISBN978-4-86385-506-9

母は鳥 姉には獅子と羽根がありわたしは刺青(タトゥー)がないという刺青(タトゥー)
風呂の水が凍らなくなり猫が啼き東京行きの切符を買った
故郷の母と重なりしメスライオン 深夜のナショナル・ジオグラフィック
沼津という街でxの値を求めていた頃会っていればな
シロナガスクジラのお腹でわたしたち溶けるのを待つみたいに始発



岡本真帆(おかもと・まほ)

1989年生まれ。高知県、四万十川のほとりで育つ。未来短歌会「陸から海へ」出身。2022年3月に第一歌集『水上バス浅草行き』(ナナロク社)刊行。Twitter まほぴ⛵ @mhpokmt

===================

『水上バス浅草行き』
歌人・岡本真帆の第一歌集。

著者:岡本真帆
定価:1700円+税
ISBN:ISBN:978-4-86732-010-5

3、2、1、ぱちんでぜんぶ忘れるよって今のは説明だから泣くなよ
ほんとうにあたしでいいの?ずぼらだし、傘もこんなにたくさんあるし
平日の明るいうちからビール飲む ごらんよビールこれが夏だよ
犬の名はむくといいますむくおいで 無垢は鯨の目をして笑う
へんてこな愛のことばで思い出す人がいました 雨のレイトショー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!