【GAS】Youtube APIで「後で見る」に動画を追加

【GAS】Youtube APIで「後で見る」に動画を追加

Kei

前回の記事の続きのネタです。
前回の記事はこちら。

事前準備も前回の記事を見てください。

サンプルコード

動画IDは取得できている前提でのコードです。

function addYoutubeWatchLater(videoId) {
  // 後で見る(Watch Later)のプレイリストIDは"WL"
  const requestData = {
    "snippet": {
      "playlistId": "WL",
      "resourceId": {
        "kind": "youtube#video",
        "videoId": videoId
      }
    }
  };
   
  const response = YouTube.PlaylistItems.insert(requestData, ["snippet"]);
  console.log(response);
}

function test() {
  addYoutubeWatchLater("fqqyT966-GY");
}

実行結果

画像1

画像2

こんな感じで簡単に追加できました。

なお、Playlistitems.listで後で見るリストの情報の取得はできませんでした。
YouTube API v3では、「後で見る」と「再生履歴」のリスト取得はできないようです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!とっても嬉しいです!
Kei
業務システム開発を行っているシステムエンジニアです。noteの内容は、日記/IT関連です。 twitter:@Kei198403 javascript関連:https://note.com/kei198403/m/m29f6ddbd6527