マガジンのカバー画像

イベント開催レポート

4
KAGで主催したイベントのレポートです。技術コミュニティのイベントから、地域DXのイベントまでKAGではさまざまなイベントを行なっています。
運営しているクリエイター

記事一覧

KDDI/KAGとNRIが初のコラボイベントを開催!参加レポート

自己紹介KAGでプラットフォームエンジニアをしているSimStaと申します。 普段は札幌からリモートで働きつつ、AWSを中心に様々なコミュニティイベントに出没しています。 最近投稿を始めたQiitaはこちら! はじめにKDDI/KAGとNRIの初となるコラボイベントが、AWSをテーマにKDDI DIGITAL GATEで開催されました! とても気になるイベントということで札幌から(文字通り)飛んで参加してきましたので、開催レポートをお送りしたいと思います。 目次 本編司会

カケハシ小田中いくおさんとKAGのお悩みについて考えたらもっとKAGが好きになった話(KAGレビュー特別編イベントレポート)

はじめにこんにちは!KDDIアジャイル開発センター(KAG)のスクラムマスター/エンジニアの三宅です。 先日、全社イベントであるKAGレビューに特別編ゲストとして株式会社カケハシの小田中いくおさんをお招きしました。 今回はこのイベントのレポートを通して、改めてKAGに対しての気づきを共有します。 自己紹介KDDIアジャイル開発センター(KAG)のスクラムマスター/ソフトウエアエンジニアの三宅(@jnymyk)です。 KAGのカルチャーである”楽しく成果を出す”組織・チームを

全社員で組織運営を考える会を実施した狙いと効果

この記事は「スクラムマスター Advent Calendar 2023」の10日目の記事です。 12/1にKDDIアジャイル開発センター(以下KAG)では、だいくしーさん(Chatwork株式会社 粕谷さん)をお招きして、「KAGの組織運営を皆で考える会」を開催しました。 この記事では、会の開催に至った経緯とその効果についてふりかえって行きたいと思います。 開催に至った経緯現在の組織への危機感 KAGは昨年KDDI本体より分社化されました。 設立当時は社員数100人に満

行政とアジャイル、クラウド、コミュニティを混ぜて考えよう。【地域DX×アジャイル化の未来を考える】「これからの地域DXとアジャイル化によるDX推進のあり方」を終えて

みなさん。こんにちは! KDDIアジャイル開発センター、群馬拠点 高崎サテライトオフィス長をしております小板橋です! さて本日は、先日、2023年9月15日に群馬県庁32階にある官民共創スペース NETSUGENにてKDDIアジャイル開発センター主催のイベントについての思いとレポートを書いていきたいと思います。 コメント 今回のイベントなのですが、豪華ゲストをお迎えした合計4時間ぶっ通しのイベントとなりました。 群馬県副知事 宇留賀 様、KDDI Digital Div