見出し画像

一流の指揮者とはこういうこと!?

こんにちは!

音楽家の湯川和幸です。


本日のテーマは

=====================
一流の指揮者とはこういうこと!?
=====================

について。


先日、NHKでやっていた
「奇跡のレッスン」というのを
見ました。


ノルウェーの世界的に有名な
合唱指揮者の方が日本の中学生の
合唱部を教えてくれる話でした。


番組の冒頭で、指揮者の方が
自国の合唱団を指揮しているのを見て
「あぁ、これが一流の指揮者か〜」
と私なりに感じたことがありました。


それは、何とかと言いますと、、、、



ズバリ!!

=====================
指揮をしている姿は
気を練っている姿そのもの!!

=====================

でした。


あれです。

気功の「気」です。


自分でも不思議なんですが
いつの間にか、そう言った
「気」のようなものが私は
感じることができます。


で、テレビを見てると
その指揮者の方の手のひらから
そう言ったものを感じるんですね。


指揮の手のひらの動きは
パンを作るときに
小麦粉を手で練っていくのと同じで、、、、


=====================
気を練ってどんどん膨らます。
=====================


そんな動作に私は感じました。


そして、合唱団の方を
その見えない気の糸のようなもので
コントロールしてるんですね。


それこそ指揮者と合唱団が
一つの生き物のようです。


確かによく考えれば
30人以上の合唱団の方を
一つにまとめるって
理屈じゃできませんよね。


あぁ言った目に見えない
人間本来持っているエネルギーの
ようなもので、、、、、、

=====================
言葉を使わないコミュニケーションを
していたとしても不思議ではありません。

=====================


素晴らしい音楽と
そうでない音楽の違いを
自分なりに再発見できたテレビでした!


また、テレビを見てる私の手のひらも
火の玉が現れたかのように
ボワっと温かくなるから面白かったです(笑)。


さて、不思議系の話はこれくらいにして
実際に指揮者の方が子供たちに
レッスンしてる内容は、、、、

=====================
シンプルだけどとても重要なこと
=====================

ばかりでした。


小難しいことなどは一切なしです。


=====================
呼吸とからだの使い方
=====================

のアドバイスだけでした。


=====================
一流になればなるほど
自分の信念をシンプルに
何度も繰り返すんだなぁ

=====================

そんな感想を私は持ちました。


それでは今日も
ゆったり腹式呼吸でいきましょうね!

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

湯川和幸でした!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
11
音楽家。音楽制作、歌唱、ボイストレーニングなどやってます!目指すは音楽を通してみんなに幸せを感じてもらうこと!家族構成は僕と奥さんと子供は男の子(小6)と女の子(小5)。子育てパパ真っ最中で子供のクリエイティブさに毎日やられてます!島根県松江市の市歌の作曲者でもあります!

こちらでもピックアップされています

#音楽 記事まとめ
#音楽 記事まとめ
  • 613本

楽曲のレビューやおすすめのミュージシャン、音楽業界の考察など、音楽にまつわる記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。