見出し画像

"ダサい"組織が死ぬ理由——。なぜサッカークラブは"クール"でなければならないのか

潤沢な資金をもってしても、優秀な選手や監督をもってしても「ビッククラブ」に変貌を遂げることが出来なかったクラブ(チーム)は少なくない。同じように、かつての栄光を粉々に砕かれ「ビッククラブ」から「スモールクラブ」に落ちこぼれていったクラブや、「ビッククラブ」への野望を持ちながらも「どっちつかずの状態」が続いているクラブもある。それは一体、なぜなのだろうか。

もしも、もしもその原因を解明することができれば、日本サッカーは新たなステージに突入することが出来る——。

vol.1▼



■なぜ「ダサいクラブ」は「弱いクラブ」になるのか?

前の記事で、長期的な強さ(=ビッククラブ)へと変貌を遂げられるか否かの鍵は「クールであるかクールでないか」であるという「隠れた真実」が存在していることは前述した。

画像1

ただし、現段階ではあくまで私の仮説の範疇を抜けることが出来ない。ここからはその理由を具体的に上げていくことで、なぜ「**クールでなければならない」と主張するのか、その根拠を示す。

**クールは『視覚』『哲学』『機能』によって構成される。これを「ブランディング三角形」と呼ぶ。

画像2


理由①:"超"短期的思考

画像3

短期的思考でつくられた「ダサくて強いクラブ」は「ダサくて弱いクラブ」へと着地し、長期的思考でつくられた「クールで弱いクラブ」は「クールで強いチーム」へと着地する ——前回記事より

既に理由の一つとして上げているのは、「ダサいクラブ」というものは「短期的思考」によってつくられている(もしくはプランがない)可能性が高いため「いずれ衰退する」という点だ。

画像4

短期的思考によってつくられた「ダサくて強いクラブ」は、基盤が脆い(ブランディング三角形が構成されていない)ため、一時的な結果に過ぎず、何かを境に再び「ダサくて弱いクラブ」に着地する可能性が非常に高い。


■なぜ短期的思考に陥るのか?

ただ、それは非常に奇妙なことである。「長期的に成功する為には長期的に物事を考えなければならない」という概念は、恐らく誰もがわかっていることであり、これに対して反論をする人間は少ないのではないかと思う。ではなぜ、わかっていても尚「短期的思考」に陥ってしまうのか?

私は「日本人の特異性」「サッカーの特異性」の組み合わせが原因であると考えている。ここではそれを「"超"短期的思考」と呼ぶ。

画像5


■日本人が持つ特徴

日本軍の戦略思考は短期的性格が強かった。(中略)決戦に勝利したとしてそれで戦争が終結するのか、また万一にも負けた場合にはどうするのかは真面目に検討されたわけではなかった。日本は日米開戦後の確たる長期的展望がないままに、戦争に突入したのである。——『失敗の本質』日本軍の組織論的研究 (中公文庫)より

様々な文献において、日本軍の敗戦理由の一つとして「短期決戦思考」が上げられている。物資が長期的には足りないことを知りながら「それいけ」と戦いを挑むのが日本人である。『芸術としてのサッカー論』の中でも度々触れてきたが、現代の日本人に残っている致命的な欠点であると私は考えている。「短期的思考」は、私たちのDNAに組み込まれているのかもしれない。


■短期的思考がもたらす「パターン」

以前この『芸術としてのサッカー論』の中で、日本人にはある「パターン」が存在すると主張した。

画像6

日本サッカーは「日本人を外国に出す」ことよりも「外国人を日本に招く」ことにお金が使われる。それは「短期的思考」がもたらす発想の一つだと考えられるが、(外国人が関わる / 関わらないを除いて)日本には「成功(驚異的なスピード)」を収めたのち、成長が止まり、その後「後退する(スピードが遅くなる)」というパターンがある。


■なぜ日本は「初速」が早いのか?

例えば日本経済も、日本サッカーも、他に類を見ないほどに驚異的なスピードで成長を遂げた過去がある。それは成功だろうか、失敗だろうか?なぜ日本という国は、そのようなことが起こせる(起きてしまう)のだろうか?まずはそれを理解する必要がある。


【1】ビジョンの"不"必要性

そもそも日本という国は「長期的ビジョン」を必要としてこなかったのかもしれない。戦後の日本経済はアメリカというモデルケースがあり、日本サッカーにはヨーロッパというモデルケースがあった。全てがコピーだったとは言えないが、限りなくそれに近い状態ではないだろうか。何かをコピーすることとは、「写実」であり「芸術」ではなく「短期的価値」はあっても「長期的価値」はない。

画像7


■写実は芸術か?

もちろん「写実」と「芸術」を二分化することは不可能であるし、本来は芸術を「短期」と「長期」に分けることもできない。西洋美術史に「写実主義」があったように、写実もまた芸術と捉えることが出来る(人が何かを芸術だと思えばそれは芸術である)。現在でも19世紀に描かれた写実絵画に価値が置かれていることをみると、「長期的価値がある」とさえ言えるかもしれない。しかし、当時とは様々な前提が異なることを理解しなければならない。

画像8

『落穂拾い』ミレー

当時は、絵画に普通の人間、ましてや労働者、日常的なシーンを描くことはタブーとされていた背景がある。つまり「コピー(写実)」こそが「オリジナル(芸術)」だったと言える。世の中に抗うプロセスそのものが芸術だったのだ。さらに、当時は現代のような精巧に映し出される「写真」がなく、現実世界のものを「リアル」に描くことは、技術が高ければ高いほど芸術的と言える。今でこそ、人が絵を描こうと思えば既存の「色」が画材屋にあり、それらはカテゴライズされ、自分のイメージに合うものを「選ぶ」ことが出来る。しかし、過去はそうではない。自らを表現するためには、原料を選択し、調合し、実験を繰り返し、色を「作る」必要があった。その過程で、個人による芸術的相違が生まれていたのだ。


■現代サッカーにおける「写実」の価値

画像9

現代サッカーにおいて「写実」に長期的価値はない。「コピー」自体がタブーでもなければ、サッカーにおける「写真」はかなり精巧に映し出される。サッカーの「絵の具」や「キャンパス」はすぐに手に入るため、「正確にコピーが出来ること」の難易度は下がり、長期的価値は皆無に等しい。今後は、サッカーにおけるコピーは難易度が下がり、W杯を開催すればするほど、各国の特徴(戦術戦略的)は消えていくことだろう。

「まるで写真のような絵」が「驚き」という短期的価値を生むように、サッカーにおいても「試合単位の勝利」という短期的価値のみが生まれる。私がこのブログを『芸術としてのサッカー論』と名前をつけている理由がこれであり、日本サッカーに足りないのものは「科学」ではなく「芸術」と主張する理由もここにある。


【2】納得をしないまま進む日本人

何かの授業を外国人と受けていると、気付くことがある。外国人(ここではあえて一括りにする)は納得しなければ前に進まず、日本人は納得しないまま前に進む。外国人の場合、もし「理解できない点」があった場合は、直接言葉にするか、明らかに態度に出る。「この人はわかってない」という雰囲気を全員が察するのだ。しかし日本人(ステレオタイプ)の場合、授業が自分のせいで止まることを気にし、何かの恥を感じ、内に秘め、わからないまま前に進む。内にある感情を隠すのが日本人は抜群にうまい。この違いは授業の「スピード」に影響を与える。「テキストのページ数が進むのが早い」のは、我々日本人なのだ。

しかしそれが最終的に何を生むのかは、火を見るよりも明らかである。

画像10

高度経済成長も、日本サッカーの躍進も、上図ような状態だったことが予想される。トップ以外は納得のいかないまま働き、ただ上の指示に従い、数字を求め、無理をし、必死に働いたからこそ成し遂げたことだったのであれば、現代における日本企業の停滞や、相次ぐ不祥事も説明がつく。現在では、過去の働き方から脱出できない日本人が、過酷な労働に人生を奪われている。


■【1】と【2】が生むもの

入口で消化されなかった「小さな問題」は、徐々に取り返しのつかない「大きな問題」へ移行する。その結果様々な問題を連載的に生じさせてしまうのは前述した通りである。それだけではない。

初速を無理やり早め、短期的な成功を収めた組織は、過去の短期的成功に縛られ、戦略から「柔軟性」が消える。日清戦争と日露戦争で勝利した日本軍が戦略を変えられなかったように、日本サッカーも同様、過去の成功例に溺れ、何かを変えることや、何かをやめることができない。これこそ、短期的思考によって短期的成功を収めることの「最大の失敗」である。「スピード」によって成功を収めてきたはずの組織は、変化に怯え、身動きが取れなくなり、すべてのことに慎重になった結果スピードが落ち、気づけば置いていかれている。

そして、いつの間にか「長期的思考」が抜け落ちているのだ。


■サッカーが「短期的思考」を誘発する理由

加えて、日本人に限らず「サッカー」という競技においては、時として「長期的プランが蔑ろにされてしまう」ことがある。前述した日本人の特徴に加えて、「"超"短期的思考」を構成する残りの要素が「サッカー」である。

画像11

サッカー(もしくはある分野)では、「長期的な結果」を求めているプロセスの真っ只中に、「短期的な結果」と向き合わなければならないという、ある種矛盾した状況に置かれることになる。サッカーには毎週末訪れる試合があり、その勝ち負けが「結果」としてオープンにされるからだ。

画像12

それ故サッカーの世界では、目の前の勝利や、表面的な数字に重きが置かれ、気付かないうちに「長期的思考」が抜け落ちてしまうことが往々にしてある。しかし、そこに「大きな勘違い」があることに気付いている人間は少ない。


■なぜ「勝利が欲しい」のか?

両者には、決定的な違いがある。

画像13

日本人が気質として「願望」よりも「義務」を優先するように、短期的思考の個人及び組織は「勝ちたい」という願望よりも「勝たなければならない」という「義務」で頭を支配される。このことを理解せずに、無意識に「義務」に支配されている個人及び組織は、最低限の「義務」を果たせるよう、目の前の数字を掴みに行き、既に前例のある方法論を取るため、長期的なビジョンを描かない。描く必要がない。その結果、全員が同じような行動をする。

画像14

監督は選手から信頼を得るために「勝たなければならない」と考え、選手はファンを失望させないために「勝たなければならない」と考え、クラブ(フロント)はクラブを存続させるために「勝たなければならない」と考える。勝つ理由が「義務」になればなるほど「短期的思考」に陥り、長期的なビジョンを捨てる。

これは、サッカーにある最大の「罠」である。


■なぜ「義務感」を持つのか

なぜ人は、サッカーにおいて「義務感」を持つのか。それを知るためには、短期的思考による「義務感」によって勝利を欲す、個人及び組織の言い分(脳内)を理解する必要がる。

画像15

「我々は長期的なビジョン(理想論)を語っている暇はない。まだまだそういう段階ではないのだ。まずは目の前の試合に勝ち、ひとつひとつの勝利を積み重ねていかなければならない。」短期的思考者の言い分

しかし、これは事実だろうか?ビジョンを捨て、「短期的思考」をとることで、果たして「目の前に試合に勝つ確率」が高くなるのだろうか?

サッカーという世界において、私はこれを断固否定する。


■なぜ「義務感」がダメなのか?

前述しているように「義務感」が強くなればなるほど、人間は目の前のことにしか注意が向けられず、芸術的観点を失う。他人または他組織が行ってきた成功例を「コピー」し、そこから「色」は抜け落ちていく。

さて、この「短期的思考による義務的思考」は、どのようにクラブ(組織全体)、監督、選手に影響を及ぼすのだろうか?なぜサッカーにおいて「義務」は悪なのだろうか?


■「願望的プレー」と「義務的プレー」

画像16

言わずもがな「サッカーにおけるブランディング」において「選手」は重要な要素である。クラブが「短期的思考」であれば、それを構成する選手は必ず「短期的思考」に陥る。

試合に勝つことを目的とする「競技」としてのサッカーにおいては、上図のように大きく分けて「2タイプの選手(プレー)」が存在していると考えている。私はそれを「願望的プレー」及び「義務的プレー」と呼んでいる。


■それぞれの特徴

両者の間には大きな違いがある。

画像17

「勝たなければならない」という「義務感」を持って戦うことによって、過去の成功例しか頭に入らず、その結果選手から「個性」が消え、クラブや監督は「個性のない(優等生タイプ)」を無意識に選択する。ミスをするべきではないと考えることで「積極性」がなくなり、カオスの状態に対応する「適応性」は消え、強い責任感から"見えない"ものが増え「視野」は狭くなる。必要以上の重圧を背負った選手は、過度な「緊張」から抜け出せなくなる。


■義務は「敗北」を意味する

上記した「特徴」はほんの一部である。義務的なモチベーションは「長く続かない(長期的思考を持てない)」ばかりか、義務感からもたらされる「守備的なゲームモデルの選択」や、義務的プレーは「相手を過大評価する」という致命的な欠点もある。さらに、過去の短期的勝利に固執することで「敗北と向き合えない」という特徴もある。これらだけを見ても「短期的思考(=義務)によって目の前の試合に勝てる」という考え方は「幻想」だということがわかる。

画像18

短期的思考は結局のところ「短期的勝利」さえも生まないのだ。


■『哲学』は『機能』に影響を与える

つまりこれは「ブランディング三角形」において、短期的思考によって(無意識的に)形成される『哲学』が、実際に「ピッチ上」や「クラブ経営」等を通して『機能』に影響を与えている状態である。

画像19

ペップ・グアルディオラがマンチェスター・シティに移籍を決めた際のインタビューで、クラブが「長期的なビジョンを持っていた」ことを理由に上げている。同クラブが「クール」にブランディングをしていることは、前回の記事で触れた通りである。

画像20

「長期的思考は長期的思考に集まる」。逆もまた然りである。


■勝利は「たまたま」である

前述した「短期的思考者の言い分」には、もう一つ盲点がある。サッカーという競技は「たまたま(偶然)」を避けることが出来ない。それゆえ「勝ちを積み重ねている=正しいプロセスを踏めている」と言い切ることは、絶対に出来ないのだ。

画像21

たとえ1試合単位の「勝ち」をいくつか積み重ねていたとしても、実際は「長期的勝利」から遠ざかっている場合が往々にしてある。イメージと現実の「解離」が起きてしまうのだ。

画像22

これはサッカーの競技特性から発生する問題かもしれない。たまたま「雨」が降っていて、それゆえキックミスをしたことが勝利に繋がったかもしれない。試合を決めた(練習通りの)パスの1つ前のプレーは、たまたま相手の足に当たったボールだったかもしれない。たまたまプレーモデルに沿わないポジションにいた選手のお陰で勝つことが出来たかもしれない。

「サッカーにおいて勝利は詐欺師である」 —— マルセロ・ビエルサ

「短期的思考による義務的思考」は、目先の勝利をプロセス抜きに考える。Jリーグで圧倒的なビッククラブが存在しないのは、このことが原因の一つなのかもしれない。Jクラブは、なぜか突然こける。プロセスを踏まずに、たまたま「勝利」してしまったチームを待っているのは「転落」である。


■なぜ「ゲームモデル」が存在するのか?

画像23

つまり、サッカーにおける「戦略」や「戦術」または「ゲームモデル」や「プレーモデル」などの概念(言葉)は、「ゲームを予定通りに進めるため」に存在するのではなく、「偶然を導くため」に存在する、と私は考えている。「サッカーは偶然を良い方向へ導いたほうが勝つ」のである。現代サッカーを前者と捉える選手、監督は、決してゲームに勝つことは出来ない。偶然を良い方向へ導くためには、これらの概念だけでは不可能だからだ。

画像24

上図にあるような概念を正しく利用するためには「サッカーにおけるブランディング」を理解する必要がある。ブランディング三角形が形成されていなければ、これらの概念は役に立たない。

※「サッカーにおけるブランディング」と、これらの概念の関係性は今後の記事内で後述する


■なぜ日本人は「言われたことしか出来ない」のか?

前述しているように「短期的思考」による「義務的プレー」は、ゲームで起こる数々の「偶然」を、臨機応変に対応する(良い方向へ導く)力がない。日本人選手が「言われたことしかできない」と評価されるのはこれが原因である。「義務的プレー」は、サッカーにおいて最も重要な「創造性」をかき消す。つまり「"超"短期的思考」の日本人が、サッカーにおいて「創造性」や「適応力」がないのは、非常に理にかなっているのだ。

それだけでなく、「短期的思考」でサッカーを学ぼうとする者は、サッカーの本質を理解することが出来ず、表面的な数字やデータ、マグット上のサッカーを「全て」と捉える嫌いがある。それらが容易に手に入るように"なってしまた"今、日本人がサッカーを理解する難易度は日に日に上がっている。


■「義務的プレー」が武器になる瞬間

話を元に戻そう。

「義務的プレー」は一定レベルを越えると「圧倒的な勝利欲」へと変化し、長期的な勝利に結びつくことがある。

ここまで「義務的プレー」を否定してきたが、これもまた事実であると言える。

世界には私たちが想像できないような理由で、サッカーの頂点にまで上り詰めた選手たちがいる。それらを理屈で語ることは出来ず、日本で生まれ育った我々には感覚がわからない。私が住んでいるアルゼンチンでも、「勝利」への義務感は、良くも悪くも日本とは到底比べ物にならない。

画像25

「真の義務感」を持っている人間は、理屈抜きで長期的な勝利を掴み取る。


■日本人が見落としている2つのこと

ここで私たち日本人は、2つのことを理解する必要がある。

画像26

1.(サッカーにおいて)外国人には「義務」で勝てない

前述しているように、世界のトップレベルで戦う選手たちの中には、綺麗事では語れない過去を持ち、尋常ではない「義務」を持っている選手がいる。ただでさえ、試合に勝たなければサポーターが暴動を起こすようなクラブや、リーグ制覇を義務づけられているビッククラブ、W杯で上位に食い込むことが当たり前とされている強豪国、そこに所属する彼らは「真の義務」を持ち、その状態で自らのベストを出すことが出来る。


■日本人は「義務」を勝手につくりだす

画像27

2.(サッカーにおいて)そもそも日本人に「義務」はない

立ち止まって考えてみよう。私たち日本サッカーに「義務」はあるだろうか?

日本人がサッカーをする時(サッカーに関わる時)に感じている「義務感」は、私たちが勝手に作り出したものだ。日本の教育(サッカーの育成も同様)は、一貫して「〜でなければならない」と子供達を強制する。

私たち日本人(大多数)は、スラム街で育ったわけでもなければ、サッカー選手にならなくても「死ぬ」ことはないし、他に生きていく術が山ほどある。Jリーグには毎シーズン「優勝」を義務づけられているチームは一つもないし、勝たなければ家を拳銃で襲われる監督もいない。W杯は、優勝しなくても問題ない。日本サッカーが強くならなくても、誰も困らない。

私たちは、サッカーという世界に「義務感」を自ら持ち込み、縮こまっている。私たちの義務は「幻想」なのだ。


■トーナメント形式の欠点

画像28

その上、育成年代における「トーナメント形式」は「"超"短期的思考」を助長する。一発勝負であるトーナメントに負けてしまえば「次の試合はやってこない」わけだから、「勝たなければならない」と考えるのは当然のことであり(実際に勝たなければならない)、無意識のうちに「義務的プレー」に陥ってしまう。

その結果「"超"短期的思考」の選手と指導者が"完成"する。


■「ハングリー」とは何か?

画像29

日本人はよく、自らをこのように評価する。

「日本人は"ハングリー精神"にかけるから海外の選手には勝てない。」

これは本質を捉えていない。私は、バックボーンによって「ハングリー」にならなければ勝つことが出来ない競技が「サッカー」なのであれば、今すぐに辞める。日本人がサッカーを「義務」だと思ってるのであれば、サッカーを続ける理由は、何一つない。

しかし日本サッカーは、自ら「義務」を"無理やり"作り出し、ハングリーに憧れ、「義務」をもってして戦いに挑み、それによって「短期的思考」に陥り、目の前の結果に盲目的になる。ここから先は前述している通りである。


■日本人には強い「願望」が必要である

画像30

つまり、私たちは勝利に対する「圧倒的な願望」を持つべきである。私は死ぬほど世界に勝ちたい。ただ、それは「義務」ではなく「願望」である。

Jクラブ、及び日本サッカーは自ら作り出した「偽の義務」を捨てられるかが鍵になる。「長期的思考」を持ち、サッカーをゲームとして捉え、ワクワクし、ビジョンを描き、勝利に対する「願望」を持つことができれば、日本は世界に勝てる。少なくとも「土俵」を間違えてはいけない。

私たちは日本人である。サッカーに「義務」はない。


■なぜ「クール」でなければならないのか?

画像31

では、上記した内容の全てが「サッカークラブはクールでなければない」という根拠に、どう繋がっていくのか?どのように『哲学』("超"短期的思考)『視覚』に影響を与えるのだろうか?

重要なヒントは、これらの画像にある。


■サッカーにおけるブランディング

今回の記事では「サッカークラブはクールでなければならない」と主張する『理由①:超短期的思考』について述べた。少しずつ、サッカー監督を目指している私が「ブランディング」を思考する理由がわかっていただけていると思う。

次回以降は、主に『視覚』が『機能』や『哲学』に影響する根拠を中心に、日本サッカーがクールになれない理由、日本サッカーにあるジレンマ、どうすればクールになれるのか、それらについて述べていきたいと思う。

「サッカーにおけるブランディング」の全貌が明らかになった時、日本サッカーは新たなステージに突入する。

画像32


▼Vol.3



筆者:河内一馬

92年生まれ。アルゼンチン指導者協会名誉会長が校長を務める監督養成学校「Escuela Osvaldo Zubeldía」在籍中。サッカーを"非"科学的な観点から思考する『芸術としてのサッカー論』を執筆中。

Twitter:ka_zumakawauchi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂きありがとうございます。サポートしていただいた際は、アルゼンチンでの活動費として大切に使わせて頂きます。

127
1992年生まれ(27歳)/ サッカー監督 (南米サッカー連盟 Aライセンス)/ アルゼンチン在住 / 監督養成学校在籍中 / サッカーカルチャーブランド「92 F.C.」Founder / NPO法人 love.fútbol Japan 理事 / 月額マガジン『蹴球症候群』