河内一馬

1992年生まれ|鎌倉インターナショナルFC 監督 兼 CBO|CONMEBOL PRO(南米サッカー連盟最高位)ライセンス保持|鍼灸師国家資格保持|NPO法人 love.fútbol Japan 理事|著書『競争闘争理論 サッカーは「競う」べきか「闘う」べきか』
    • 蹴球症候群

      他分野を通してサッカーを解明し、サッカーを通して他分野を解明する

    • 『社会とサッカー』

      【音声コンテンツ】『社会とサッカー』というテーマを通して、いまある社会問題や社会課題、社会活動について、サッカーやスポーツの視点から様々な話をしていきます。世界各地で子どもたちのコミュニティ型サッカーグラウンドづくりをしている「love.fútbol Japan」代表・加藤遼也と、アルゼンチン在住のサッカー監督・河内一馬がお送りします。

    • 芸術としてのサッカー論

      サッカーを"非"科学的視点から思考する

  • 競争闘争理論 サッカーは「競う」べきか「闘う」べきか? (footballista)

    河内一馬

子供にはわからないようなことを子供の頃に触れるワケ

は、あるのだろうかと思ってきた。子供の頃に学校で触れるようなことの半分くらいは、その時の子供心にはわからないことが多いけど。でもいまは、いや、その意味はあったの…

4日前

「欲望—手段・方法—目的」の崩壊

2週間前

最近読んだ本たち、13冊。

3週間前

『若者のサッカーに対する興味関心を語る時の、圧倒的な勘違い』について

まず、若者の、あるいは、若者でなくとも、「サッカーへの関心」や「興味」というものは、「長い時間をかけてつくられて、長い時間をかけて失われていくものではない」と私…

1か月前

『圧倒的にやばい本』

ああ、これは(本)すげえ…と思う本に出会うことがたまにありますが、『すげえ…』の中にも種類があります。先日一瞬で読破した分厚い本は、圧倒的に『すげえ…』んですが…

1か月前

「そうであることの必然性」について

「必然」に近づいていく感覚。自分が関わっている仕事領域や、あるいは私自身の人生においても、その「必然性」や「自然(な状態)」を一貫して求めることが私にとっての正…

1か月前