見出し画像

airBalticcard mobile 海外 SIM €15/1GB/通話可(2,000円)。年間 €1 で番号維持【オススメ】

エストニア airBalticcard mobile の SIM カードです。€1.00/年〜で国番号 372 の番号を維持できて、1MB 単位の従量課金のデータ通信が世界43カ国で使えるのが大きな特徴です。初期費用€10.00〜で日本までの送料無料。とにかく維持費が安いので、これはバックアップ用途としても、とりあえず1枚は持っておくと便利そうです。→ https://airbalticcard.com/

[06/21追記]使ってみて分かった注意点を 記事末尾 に追記しました。このカードはオススメできる。

Amazon https://amzn.to/2JxIPS0 でも購入できますが、Amazon Prime は利用できません。

Amazon.co.jp: 【730日有効 200国以上】北米 ヨーロッパ アジア 海外 旅行 トラベル 格安 ローミング SIM カード 日本語説明書付き★海外旅行で毎回のSIM購入が不要に★空港到着後すぐLINE Facebookも利用できます★月額不要で最終利用から730日間有効★150国以上音声SMS受信無料 ナノ マイクロ 標準SIM★Skype Viberから通話無料 WEBからSMS送信無料★1GB 15ユーロ 30日プランにも対応可能です(アメリカ メキシコ ブラジル チリ他中南米 香港 中国 シンガポール タイ マレーシア イスラエル イギリス フランス ドイツ スイス イタリア スペイン ポルトガル アイルランド ギリシャ ロシア オーストリア ベルギー オランダ ルクセンブルグ チェコ スロバキア ハンガリー ノルウェー デンマーク スウェーデン フィンランド グリーンランド アイスランド エストニア ラトビア リトアニア ポーランド ルーマニア マルタ クロアチア スロベニア他欧州)★詳細情報 http://airbalticcard.com: 家電・カメラAmazon.co.jp: 【730日有効 200国以上】北米 ヨーロッパ アジア 海外 旅行 トラベル 格安 ローミングamzn.to

メリット:
・最低料金 €1.00/1年間(130円)で回線維持が可能。次回の旅行でも SIM カードを再利用できる。ローミング通話/着信/SMS 送受信可能。
・世界43カ国で€0.015/1MB(2,000円/GB)の従量課金のデータ通信が可能。使った分だけなので無駄がない。
・さらに23カ国を加えた計66カ国では、€15.00/1GB(2,000円/GB)の定額データ通信が可能。

デメリット:
・GB 単価だけ見ると、より安い現地 SIM が利用可能な国もある。

たくさんのプランがありますが、主に定額制の No.11 と従量制の No.48 が主力になりそう。

まず Data package No. 11 は、€15/1GB(2,000円/GB)30日有効の定額パックです。2018年6月現在、66カ国で使えます。

Data package No. 48 は、€0.015/1MB(2,000円/GB)の従量課金です。43カ国で使えます。レートは No.11 と同じです。ただし、別途365日あたり+€1.00 かかります。

どちらのプランも、米国・EU 各国・中国・韓国・シンガポールなど、ほとんど同じ国で使えます。1GB 未満のライトユースであれば、従量課金の No.48 がお得になりそうです。

ブラジル・香港・メキシコ・タイ・トルコ・インドネシアなどは、従量課金の No.48 が使えず、定額制の No.11 のみになります。逆に、定額制の No.11 が使える国で従量制の No.11 が使えない国はありません。

チャージは、最低 €10 からの+€10 単位になります。1回のチャージごとに+€0.50 の手数料がかかります。日本のクレジットカードが使えます。たとえば €15の定額プランを使う場合も、20.50€ が最低費用になります。airBalticcard Mobile の複数の SIM カード番号を持っている場合も、番号ごとのチャージです。

SIM カードを買うときは、以下の3種類から選べます。
 ・SIM のみ・チャージなし → €10.00(1,300円)
 ・€30.00チャージ済 SIM → €35.00(4,500円)
 ・€50.00チャージ済 SIM → €50.00(6,500円)
どうせすぐ€10以上をチャージするので、最初からチャージ済 SIM を買ったほうが得です。

SIM カードを購入すると、ラトビアからの発送になります。日本への送料は無料です。申し込みから9日後に書留で届きました。

€35 版の SIM を買ったとして、4,500円/2GB と考えると、国によってはちょっと高い感じがします。数日間の出張で 1GB も使わない場合や、現地 SIM を入手しづらいマイナーな国での利用なら結構リーズナブルと言えそうですが、数 GB 超を使う見込みで再チャージするのが確実なら、ほかの現地 SIM の方が安くなりそう。

あるいは、4,500円で世界43カ国で2年間有効の従量課金の SIM としたら、ほかに現地 SIM を使っていたとしても、バックアップ用 SIM として最強な感じがします。

購入はこちら → https://airbalticcard.com/

──────────

[06/21追記]実際に使ってみて分かったこと。

(1)欧州で使うときはエストニア経由のローミングで、中国で使うときは香港経由のローミングになっている模様。中国では北欧経由の通信ではないので、香港 SIM と同じ速度で使える。

(2)SIM 購入時のデフォルトでは、Data Package は何も選択されていない。SIM 到着後に、ウェブサイトかスマホ実機から、自分で Package No.48 か No.11 をアクティベートしてから使う必要がある。

(3)Package をアクティベートする前でもスマホに SIM を指すだけで通信可能状態になる。それも €0.19/MB と高いパケ代の罠に要注意。Package 選択時の10倍超。日本でうっかり通信しないように注意!

(4)ギガ使用状況は、ウェブサイトで確認できる。ギガどころか、0,001MB = 1KB 単位の使用量って、どんだけ細かいんだ。下記は、最初は €0.19/MB の高い従量課金で、焦って後半は €15/GB に切り替えて従量課金が消えた様子。

(5)カスタマサポートが素晴らしい。Web フォームから英語で問い合わせると、即日、丁寧な返信が返ってくる。

ドイツもスイスも、現地のプリペイド SIM は€10/1GB 程度でした。現地で SIM を購入する手間をかけずに出発前に購入できて、€15/1GB なら御の字だわ。中国でも使えるし、これはオススメできる SIM です!

──────────

この記事を気に入った方は、左下の ♡ スキボタンを押してください♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。