傘月

小説やエッセイを書いて載せてます/連絡先:ka32ki☆gmail.com

傘月

小説やエッセイを書いて載せてます/連絡先:ka32ki☆gmail.com

    最近の記事

    仕事も決まっていよいよ投稿小説がせっぱつまってるので今しばらく閉鎖病棟のほうは休止するかもしれないです……って言うと更新するジンクスをかつぐ

      • 最近ちょっと時間とれなかったりで更新できてないのですが、明日こそなんとか更新したいです……うーん

        • 閉鎖病棟入院3日目「生きてるってなんだろ普通ってなあに」

          ※投げ銭です。全文無料で閲覧できます。 ※この話は実体験を元にしたフィクションです。登場する人物は全て仮名で、実在する人物・団体とは関係ありません。  入院したから担当医が変わるということもないので、私の担当医はポッチャリとかわいらしくて和む雰囲気を持っているY先生のまま。  私はこのY先生の癒し系な佇まいもおっとりしたしゃべり方も大好きで、故に診察も楽しみだったのです。  変化のない入院生活ですから、ちょっとしたことでも大イベントで、ソワソワして待っていたのです。  し

          有料
          200
          • 学生さんが悪いというわけじゃないんですが、noteに「高校生です!」って言って登録している方を見ると如何ともし難い気持ちになるのは、有料コンテンツがいまのところクレジットカード決済しかないからだろうなぁ。Vプリカも(誰でも買える現状だそうだけど)規約では18歳以上だし。

            閉鎖病棟入院2日目「メンヘラになる経緯を本気出して考えてみたらそもそも自分のせいだと気がついた」

            ※投げ銭です。全文無料で閲覧できます。※ ※この話は実体験を元にしたフィクションです。登場する人物は全て仮名です。※  2日目にして早々に鬱、そしてホームシック。  ロビーのほうからひとの話し声が聞こえてきてそれがとっても怖くてイヤです。  誰かの話し声、笑い声、そういうのぜぇんぶ疎外感につながります。  自意識過剰?そうかもしれない。でも思ってしまうもんは思ってしまう。  思考が暗くて狭いほうへズンドコズンドコドッコイショ。  仕方ないので午前中は全部寝て過ごすこと

            有料
            200

            グダグダしてたら時間が零時切っちゃってて慌ててUPしたんだけど、閲覧数とかが前に比べて隔絶的に伸び悩んでて時間の効力を感じる。やっぱりピークタイムのほうがみてもらえるんだろうなぁ……

            閉鎖病棟入院一日目「地獄の門を抜けるとそこは普通だった」

            ※投げ銭です。全文無料で閲覧できます。※ ※このお話は自分の体験を元にしたフィクションです。人物は全て仮名です。※  「入るのはおそらく個室」と言われていたのですが、大部屋になりますというのを言われたのがナースステーションで行われる持ち物検査の前。  誰かと一緒の空間なんて怖いから帰ります、なんて言える状態でもなく、 「そうですか」とコミュ障特有のもそもそした滑舌で答える私。  言える状態でも帰るという選択肢はないんですが。  もってきた荷物を全部ナースステーションの

            有料
            200

            少し考えたけど「文章作成」じゃなくて、「創作」がしたいんだろうなという考えに帰結。

            文章のお仕事ほしいなって思って一日いろいろ探したけど、所謂「500字以上100円」みたいな案件はいくつかやったことがあるんですがある程度のコツさえ掴んでれば依頼主に褒められるものが書けて、でも充実感ゼロでむしろ虚しくて。量より質で、という案件ないのかなぁ。増えゆく無職期間……。

            先程アップした分も購入いただけて寝る前のベッドでずったんばったん喜びの舞です。 が、実は明日から入院1日目になるので、値上げと、ほんの一部だけ有料とか考えていたんですが、いざ100円で売れるとほんとに値上げしていいのかなぁ…という不安も出てきて。低価格設定の落とし穴…

            閉鎖病棟入院0日目「入院準備」

            ※投げ銭です。全文無料で閲覧できます。※ さて0日目。残念なことにまだ入院してません。  このメンタルヘルス大国ニッポンで入院することが決まった私がまずはじめにしたことは「病棟のベッドが空くのを待つ」ということでした。  精神科というのはとかくヒトの多い場所で、診察一つも大病院だとまるっと半日潰れるようなことがあります。  精神病んでて外出したくない人が怖いな状態でも、病院だからというのでやっとこさ起き上がって着の身着のまま出かけるのに半日病院で潰れるんですよ。  もち

            有料
            100

            メールがきてて、何事かしらんと思ったらどうやら先程のまえがきが売れたようで。100円。とってもありがたい……生きるのがんばろう……

            さっきアップロードしたノート、アイキャッチ画像のいれる場所間違えてた……(´・ω・`)

            まえがき

            ※投げ銭です。全文無料で読めます。※ 精神科に入院していました。しかも閉鎖。 と言うと大抵の人は眉を顰めるのと、普通に生活してると所謂「かまってちゃん」「メンヘラマインド」「俺の第三の眼!」みたいなものが発動しない限りは特別言う必要なんてないので、とりたてて話したことがなかったんです。 そんな私がなぜ今この話を掘り返そうかと思ったかというと、入院してからそろそろ十年経つ今、あの頃を客観的に人に伝えることができる程度の精神の安定を取り戻したということと、入院していた当時の

            有料
            100

            投稿してからミスや手直ししたいところ(「投げ銭です」という一文をいれておけばよかった、とか)をみつけてもあとから編集できないのはどうにかならないものか、と、思ったけど有料にできるものをあとから変更可能というのも無粋か。とりあえず今は明日から掲載したい精神科入院日記を書いてる。

            ※投げ銭です。最後まで無料で読めます。※  被我さんについて、ですか? それは私の頭痛に関係があるのですか? ……はあ……解りました。お話しします。  被我さんは私の右斜め後ろの、だいたい四十五度ぐらいの所にいます。 あ、いえ、いつもでなく、たまに、です。今ですか? 今は……いないですね。 小学校の時からいました。話し掛けてくるかですって? そりゃ、普通にお話はしますよ。ただ私は彼の顔を見たことがないんです。何度か振り返るんですがいつもどこかに隠れてしまうみたいで……極度の

            有料
            100