あの子の名前、何だっけ??(初心者の映画制作講座)
見出し画像

あの子の名前、何だっけ??(初心者の映画制作講座)

オリカワシュウイチ(映画工房カルフのように)

むかし一緒に映画を作った役者さんにバッタリ会いました。

本当に久しぶりで、お互い笑顔になります。

その役者さんの隣にはかわいい彼女もいて、その子は以前、映画も少しだけ手伝ってもらったこともあります。

そこで僕は、むむむ、と詰まってしまいました。


その子の名前が思い出せない!

少し戸惑っている瞬間、その子は言いました。

「監督!お久しぶりです!!」

しまったなあー・・・

二人と別れた後、ぼんやり考えました。

すぐ名前が思い出せなかった・・・


その一方、彼女は楽だよなあ。
僕の名前を覚えてなかったとしても、

「監督」

でいい(笑)。


自主映画とは言え、撮影現場は多くの名前が飛び交います。

そして監督は、多くの人の名前を覚えないといけないのです。


僕の記憶力の問題はさておいて、具体的に見ていきましょう。

まずは役者。

監督自身は、オーディションやらを通して、映画の準備段階から接するため、まさか役者の名前を覚えられない、ということはないでしょう。


しかし、スタッフの身になってみて下さい。

例えば8人の役者が集まっています。

役者の名前を呼ぶ人もいる一方、シナリオには役名が書いてある。

阿鼻叫喚の撮影現場において、16種類の名前を認識するのは、結構大変なことなんです。

人によっては、ニックネームなんかで呼んじゃうでしょう。

と言うわけで、たまにしか来られないスタッフにも分かりやすいように、

撮影中は、役者は役名で呼ぶ

と僕は決めています。


打ち合わせ段階はもちろん役者さんの名前で呼びますけどね、途中で切り替えます。

同じく、

スタッフは、役職名で呼ぶ

「山田さん、三脚を少し高くお願いできますか?」ではなく、
「カメラマンさん、三脚を少し高くお願いできますか?」と話しかける。

スタッフや役者も助かるはずです。


その先のお手伝いさんの名前は・・・各スタッフに任せます。

もちろん、ケースバイケースですけどね。


よく知った仲間同士で作る場合は、全員ニックネームで通しますし、エキストラが多い場合は役名・役職名で呼ぶ、なんていう風に使い分けているのです。

何より、みんなが互いの名前を覚えきるくらい、何度も会って準備を重ねるのが理想であることに、変わりはありません。


■iPhoneで動画を作る著書です!

僕の30年近い映像制作経験がギュッと詰まってます。
書店で見かけたらぜひ手に取ってみてください!!
Amazonでもぜひ!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オリカワシュウイチ(映画工房カルフのように)
映画制作体験プロデューサー・絵コンテコーチ / 初心者の映画制作をサポートする活動を全国で続ける。埼玉在住。仲間ゼロ・カメラ1台から映画作りをスタートし、セミナーやワークショップを通して、これまで1,000人以上に映画作りをアドバイスする。https://karufu.net/