ドーピングはOK!?(初心者の映画制作講座)
見出し画像

ドーピングはOK!?(初心者の映画制作講座)

オリカワシュウイチ(映画工房カルフのように)
この記事は、「映画/動画が作れるようになるメールマガジン」の過去のものをピックアップして紹介しているものです。
最新記事はこちらからご登録ください!


もう何年も前のこと。

その撮影には、一つ大きな問題点がありました。


それは、

一晩中、屋外で撮影があること。



役者さんたちのことも、
そして10名程のスタッフのことも、気になるんです。


お腹がすくんじゃないか、
待ちの間は、暇で暇で仕方なくなるんじゃないか、などなど・・


さて、撮影当日を迎えました。

夜のこともあるので、集合は昼過ぎ。


やがて、外は真っ暗になりました。

撮影を開始してしばらく経ち、

どうなったか・・・。


僕が疲れてしまったんです。


なんとナサケナイ。

これから8時間くらい撮影が続くというのに、
僕がエンジンがかからなくなってしまった。


しかしこればっかりは、どうしようもない。

慌ててコンビニに駆け込み、数百円の栄養ドリンクを一気飲み。


普段、こういったものを一切飲まないためか、
これがまあ、びっくりするほど効果が出たんですね。

今度は、エンジンがかかりすぎてしまい、余ったエネルギーを持て余し、演出の間ずっと、飛んだり跳ねたりしていました。

真夜中にね。


ちなみに、夜通しの撮影中、

暇で仕方ないかもしれないスタッフのために用意した、
花火セットは一切使いませんでした。

・・・そういうことではなかったみたい。


さて今回は、映画の撮影時、機材とかシナリオとかばかりに気を取られがちな皆さんに、その他こんなものも気にかけてみて下さいね、という内容です。


体力勝負!という撮影には、栄養ドリンクは効くかもしれません。

場合によっては、ビタミンサプリやチョコレートなんかもいい。


そして、暑い場所でずっと撮影するなら、

熱射病対策の水の確保や、日焼け止めも大事でしょう。


森や公園、特に梅雨が明けた後は、蚊が大量発生します。

これも注意が必要でしょう。

待っているスタッフもそうだし、役者の顔もさされてしまいます。


こういったこと、どうやった気付けるか。

やっぱり、
実際の撮影日、時間帯に近いロケハンが大事になってくるんですね。


■iPhoneで動画を作る著書です!

僕の30年近い映像制作経験がギュッと詰まってます。
書店で見かけたらぜひ手に取ってみてください!!
Amazonでもぜひ!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オリカワシュウイチ(映画工房カルフのように)
映画制作体験プロデューサー・絵コンテコーチ / 初心者の映画制作をサポートする活動を全国で続ける。埼玉在住。仲間ゼロ・カメラ1台から映画作りをスタートし、セミナーやワークショップを通して、これまで1,000人以上に映画作りをアドバイスする。https://karufu.net/