自分よりも優秀なスタッフとどう付き合うか?(初心者の映画制作講座)
見出し画像

自分よりも優秀なスタッフとどう付き合うか?(初心者の映画制作講座)

オリカワシュウイチ(映画工房カルフのように)
この記事は、「映画/動画が作れるようになるメールマガジン」の過去のものをピックアップして紹介しているものです。
最新記事はこちらからご登録ください!


昔務めていた職場でのお話です。

ある時、僕の部下に、新しく入った新人の指導を任せることにしました。


つまり、部下に、部下ができるわけです。

「やってみるか?」

そう部下に伝えたところ、少し不安そうな反応。

もちろん、任せるからにはその部下が、
仕事内容に関して申し分がないと僕は判断していました。


部下は言いました。

「自分より優秀な人だったらどうしよう・・・」


なるほどそういうことか。


僕は、仕事を説明する時によく映画作りを例えに出します。

その時も、映画監督に例えて、話しました。


映画監督って何をする人かって言うと、
いろんな分野の仕事をする人をまとめる人だよね。

そして、
それぞれの分野の人、つまり各スタッフは、その分野の専門家なわけ。


監督はもちろん、それぞれの仕事の細かいことについて各スタッフより優れてるわけじゃない。

むしろ、

自分でできないからスタッフに頼んでるんだよ。


ほら、役者が監督やったり、作家が監督やったりするよね。

監督は監督をしている。


すべての役職について、誰によりも優れてるから、じゃない。

なぜ監督は監督なのか。

それは、作りたい作品について、一番想いが強い人だから。

その作品について、唯一答えを知ってる人だから。


一つ一つの仕事ができるから作品ができ上がるわけじゃない。

一つのゴールに向かっていろんな仕事を集結させるから、
作品ができ上がる。


この順番を間違えちゃいけない。


「だから、優秀な部下がいたら、それはラッキーなことだよ。自分が進んで行く方向性について、しっかり関係を作っていけばいい。」

と、僕は部下に言いました。


部下は、少しホッとしたようでした。



■iPhoneで動画を作る著書です!

僕の30年近い映像制作経験がギュッと詰まってます。
書店で見かけたらぜひ手に取ってみてください!!
Amazonでもぜひ!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オリカワシュウイチ(映画工房カルフのように)
映画制作体験プロデューサー・絵コンテコーチ / 初心者の映画制作をサポートする活動を全国で続ける。埼玉在住。仲間ゼロ・カメラ1台から映画作りをスタートし、セミナーやワークショップを通して、これまで1,000人以上に映画作りをアドバイスする。https://karufu.net/