見出し画像

イギリスいなかののどかな?郵便事情‐不在で小包が受け取れない場合 170/360

ごきげんよう、観世バタコです。

外出から帰ってくると「不在票」が入っていました。

画像1

「郵便受けに入らないサイズのお届け物があります」
で、今回はどうなっていたかというと

イギリスでよくある (と思われる)
■ポーチに置いていく
   ※玄関の前に2重玄関のように
   雨風をよけ、ご家庭によっては温室みたいにして
   鉢植えが飾られていたり
   コート、子供の三輪車、長靴置き場、
   として使われたりする「半・屋内」空間。
■隣人宅に預ける
■裏口前に置いておく
■裏庭の物置 (扉付き)に置いていく
■営業所持ち帰り、
 後日、受け取りに出向く
 (要:身分証明書)
パターンのうち、今回は
「裏庭の草の上に置いてある」状態でした。

画像2


バタコの見た感じでは何となく
「あうんの呼吸」でこれ、決まってる気がします。
そして、「トラブる」余地も結構ある・・

多分、大雨が降っていたら
雨びたしになるところに置き去りはしないと思います。

郵便配達員も結構ロテーションなのか、
色んな人が来ますし、人によって違うこともありそう。

バタコの住んでいる田舎は
(日本人の感覚からして) 「治安が良い」とは言えないけれど

街中にとめていた自転車が
数十分以内にほぼ盗られる
       ※多分スパナを使ってチェーンを切るなどしている

ということで悪名高い?ロンドンなど都市部に比べると
多分まだ平和な方です。

ここ2~3年で起きたこの辺の軽犯罪

■隣人宅のガレージに (夜間) 押し入り
 何も取られていなかった

■ハロウィンのカボチャの飾り
 Jack-o-lanternが
 同じ通りの屋外 (個人の庭) に飾られてたものすべて
 夜中に道路に打ち付けられ壊されていた
 (被害件数はおそらく数十件。
 犯人【複数?】は多分地元不満分子の若者?)

■小さなギャラリー (絵や彫刻) に押し入り、中のものがすべて
 めちゃめちゃに壊されていた
 (金銭目当てではなさそう)

日本人としてはややビビる事例なのですが
とはいってもまだのどかな方なんだと思います。


郵便配達ではなく民間業者の配達物は
時々玄関前の植物の裏に置き去られていたりします。
そしてまさこにれ
「あうんの呼吸」で
多分バタコの近所あたりではokなやり方だけど、
  ※子持ち家庭だし、外出しても数時間で帰ってくる
  多分、一晩以上留守にすることは無い。

よく考えると、イギリスで郵便物の「紛失」「行方不明」頻度が
日本では考えられないほど高いのは

「不在時置き去り」したけど実は配達先が間違ってて
その家が別荘だったり空き家だったりなんかして
数か月後に発見されたけどうやむやになってる、とかなの?

ううむ。やっぱり「あうんの呼吸」では済まされないハナシ?

そして、先ほどの選択肢の一つ
■営業所持ち帰り、後日受け取りに行く
のは、営業所のOPEN時間が限られてて
意外と面倒です!

画像3


ちなみにバタコの実家の田舎でも
宅配便は置き去りみたいです。
   ※農家だし、畑に出てることが多い

   ※しかも、ガラっと玄関を開けたところに
   へーきでサイフとかおいてたりする人も居る
   ま、平和な田舎の情景です


バタコのお友達のジョーさんも
「玄関前の鉢植えの中にカギを隠す」
という、
サザエさんみたい (?) なこと、やってました。

   ※これは人それぞれだと思います。
   イギリス人でもかなり神経質・安全第一なヒトは
   存在します。
   「そんなの信じられない」って言われちゃいそうです。


海外に住んでる人がよく言うセリフかもしれませんが
アンマリ神経質だと生きていけないお国柄かも・・



アナタのお家の不在受け取りはどんな感じですか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

5
イギリス田舎ずまい、在英15年目です。 イギリス人オット、8歳長男、5歳次男と日々格闘中。 かなり雑多に書いてますので、マガジン単体でのフォローもご検討ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。