見出し画像

サロン文化大学「荒野をゆく」シリーズ第4弾|「地域プロデュース、はじめの一歩」著者・山納洋さん|イベントレポート前編

サロン文化大学の「荒野をゆく」シリーズ第4弾が大阪・中崎町のコモンカフェで開催され、著書「地域プロデュース、はじめの一歩」出版記念で山納洋さんにお話いただきました。こちらはそのイベントレポート前半です。
(記事構成/狩野哲也 会場撮影/桝郷春美)

(2018年5月24日(木)夜。コモンカフェに30人のお客様が詰め掛けました)

コモンカフェで山納さんとご飯をご一緒する際に聞く話が面白く、これをひとりで聴くのはもったいないと考えてつくったトークサロンが「荒野をゆく」シリーズです。

いつもの雰囲気が伝わるライブ感を大切にしたいと考えて、以下、なるべく会話口調のままお届けします。

ゲスト:山納洋さん/93年大阪ガス入社。神戸アートビレッジセンター、扇町ミュージアムスクエア、メビック扇町で企画・プロデュースを歴任、現在は同社近畿圏部で都市開発、地域活性化に従事。common cafeプロデューサー。
ナビゲーター:狩野哲也/ライター、編集者。「サロン文化大学」代表。

なぜ「荒野をゆく」シリーズなのか。

山納 コモンカフェをはじめてもう14年になりますね。狩野さんとはコモンカフェを始めた頃からのお付き合いでございます。今回の「荒野をゆく」というシリーズが何で始まったのかという話をします。

司馬遼太郎さんには「街道をゆく」という著書があります。43冊出版されているエッセイ集です。司馬遼太郎さんと画家の須田剋太さんと、編集者さんが歩き回り、司馬さんが持ってる歴史的な知識を現場に行って追いながら、実際に見たもの聞いたものを書くエッセイなのですが、「あれ、いいよね。何がいいって自分で好きに歩いているだけでしょ」と昼休みご飯を食べながらしゃべっていたんでしょうね。

狩野 そうでしたね。

山納 司馬遼太郎先生は好きなことをやってお金をもらっているじゃないか。「街道をゆく」の向こうをはって「荒野をゆく」というのがやりたいと狩野さんに言って、「街道なんていう決められた道じゃない、どこを歩いているかわからないところを僕は行くから、そんなことをやりましょう」と言ったのが「荒野をゆく」でしたね。

4冊目の著書「地域プロデュース、はじめの一歩」

山納 コモンカフェの本棚の真ん中に、著書が4冊並んでいるコーナーがございます。今回、本を書かせていただいたのは4冊目になっています。

2004年にコモンカフェをはじめましたが、2007年に「common cafe(コモンカフェ)―人と人とが出会う場のつくりかた」という本を書きました。

コモンカフェ本は「自分がやってきたこと集」ですね。実は今回の地域プロデュース本の前半はコモンカフェの本のアップデード版です。

2012年に「カフェという場のつくり方: 自分らしい起業のススメ」という本を書きました。

一言でいうとカフェ開業本です。日替わり店主の店をやっていると、カフェを自分ではじめた人や、ここから独立してお店をもった人もいれば、それを目指している人たちにもいっぱい出会うので、普通のカフェ開業本に書いていないことを書こうと考えました。「こんなことでつまずくよ」「女の子がお店をやっていたら、ストーカーみたいな人が来る可能性もあるんですよ」「方向性の違いで空中分解してお店を閉めるようなこともあるんですよ」という本です。

つながるカフェ:コミュニティの〈場〉をつくる方法」という本を一昨年2016年に書きました。

飲食店の話というよりは場作りの話です。どうすれば人が来たいと思う場所になるか、情報交換するなり、意識をあげていける場作りができるか。逆に場が必要な人、普通に受けいれてもらえない人も世の中にはいますし、誰かが支えないといけない人もいたりするので、そういう人たちのための場をつくっている人たちに取材に行ってまとめたのが、つながるカフェ本です。

そして今回は「地域プロデュース、はじめの一歩」という本を書きました。

これまでプロデューサーと名乗って仕事をしたのは劇場時代、インキュベーションの仕事をしたとき、21世紀協会にいたときなどありましたが、デザイン塾でプロデュースを教えるということを5年間ぐらいやらせていただいたり、大阪府の仕事でデザインプロデュースの仕事をしたり、いま大阪芸大でデザインプロデュースというコースの演習を見ていたりするのですが、プロデュースという切り口でまとめたものをひとつまとめておこうという背景があり、一冊の本にまとめました。

狩野 会場からもいろいろ質問を預かっていますが、最初に「荒野をゆく」の恒例の質問をします。山納さん、最近どんなことに興味がありますか?

山納 実は今年の8月末から10ヶ月間、ハーバード大学のフェローとして勉強しに行くことが決まりましてアメリカに行きます。それで何が一番の関心事かといいますと、英語がしゃべれるわけではないんです。ギリギリな英語レベルで、お声がかかったので、なんとかしないといけない。英語をいま毎日勉強しているのですが、この中で英語が得意という方います?

会場 イギリスの大学に行っていました。

山納 入れ替わりたいです今。

会場 35歳で行きました。

山納 行けるものなんですね。僕47歳です。

狩野 英語の勉強はどうされたんですか?

会場 好きだったので、行ったときはとりあえず読んで。わからないところは先生に聞きまくっていました。

山納 果敢にいったわけですね。3ヶ月後にそれがやってくるんです。そのためニュースを毎日読んでいます。単に聞いたりしているとおっつかない。じゃあ目で読んで口に出して読んでみて、聞いてみてということをやったらいけるんじゃないかと思ってやっています。

コモンカフェで何年か前に英語のレクチャーをやってくれた人がいるんですね。その女性が言っていたのは「英語は口の筋トレなんですよ。だからあのように口が動かないとしゃべれないでしょ」と言われて。とにかくネイティヴぐらい早く読んでみようという訓練をしていたりします。最近電車の中でブツブツ言っていますね。

新今宮にセルフたこ焼き屋台バーがあるんですね。9人ぐらいしか入らないお店です。新今宮はJRが走っていて、南側はいわゆる釜ヶ崎と呼ばれる日雇い労働者の人がいっぱいいて、今それがドヤと呼ばれた宿が外国人のゲストハウスにずいぶん入れ替わっています。

たこ焼き屋台の真裏にはゲストハウスが10軒ぐらいあります。みんな夕方になるとカラカラと荷物をひいて帰って来る場所の角にあるのがイズコという名前の店です。たこ焼きの外国人屋台があるって言うのだけでも十分わかると思います。僕は昨日も今日の受付をしてくれている桝郷さんと一緒に3時間いましたね。

店員はマットさんがひとりでやっています。この人はカナダとニュージーランドのハーフなんです。雇われ店長で、半年ぐらい前に日本に来たんですが、マットさんはもともとコンピュータ数学の勉強していて、ゲームを作りたい人です。鬼のような体をしている、マッチョな人なんですけどゲームを作りたい人です。行ったらオカリナとか吹いてくれます。いろんな人がきていて、昨日はノルウェーからの3人組の男の人がいてました。

今日はNetflixをすすめられて、あれはドラマとしていいものがつくられている、絶対に入ったほうがいい。一ヶ月千円で向こうのドラマが見放題だよと聞いて。さっそく加入しました。だから英語の字幕で英語の音声で聴いています。

狩野 ハーバード大学では何を勉強されるんですか?

山納 もともとは何を勉強してこいとかなかったんですけども。都市開発に関することを調べようと思っています。BIDといって、Business Improvement Districtの略ですが、業務改善地区と訳されたりします。

アメリカの都市がスラム化していて、危なかった80年代があります。地下鉄には落書きされて、ガラスは割られて。アメリカは郊外にみんなが家を買って、外に出ていくという郊外化が進んだ地域、国なんです。

じゃあそうしてお金持ちの白人が郊外に出ていった時に、出ていけない都市でしか仕事が得られない人が残ります。黒人だったりヒスパニック系の方が多く、まちの雰囲気が悪くなっていった時期がありました。

その時代から30年後の今、入れ替わってるんです。都市が Improveされて、白人が都市に戻ってきているんです。そのため地価があがってきています。逆に都心に住めなくなった黒人やヒスパニックが郊外に住むということに変わっています。それですごく、まちづくりがうまくいったということではあるのですが、一方でボストンで今、家を探しているんですけれど、ワンルームマンションで20万円ぐらいするんです。

狩野 高い!

山納 ボストンで今探しているところはノースエンドというところなんですが、元々イタリアとかアイルランドとか移民が住んでいて、4階だての汚いビルがあって、みたいなところが改善され、家賃があのあたりでワンルームが25万円します。

狩野 そんな高かったらハーバード大学の学生さんはどうするんですか?

山納 もうちょっと近いところの寮とかに住むんですが、それでも15万円ぐらいするんじゃないでしょうか。

狩野 なんと。

山納 学費も住まいも覚悟しなければ、海外からなかなか勉強にしにこれない状況があります。

日本って、ジェントリフィケーションって言うんです。

この続きをみるには

この続き: 6,731文字 / 画像3枚

サロン文化大学「荒野をゆく」シリーズ第4弾|「地域プロデュース、はじめの一歩」著者・山納洋さん|イベントレポート前編

kanotetsuya

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
重度腰痛患者の朧げな日常記録

この記事が入っているマガジン

サロン文化大学
サロン文化大学
  • 2本

サロン文化大学のイベントレポートです。 http://salonandculture.kanotetsuya.com/

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。