見出し画像

Caligula2事前情報で考察してみた2

カニ野山

Caligula2の追加情報がありましたね!
というわけで、【前回】の内容に追加しながら、
また考察してみようと思います。

素人の思考で作った考察なので
当たり外れはあると思いますが、そこも楽しもう!


考察する箇所について

今回は『CHANGE後の帰宅部メンバー紹介』からの考察と、
『楽士たちの曲』の考察を書いていこうと思っています!


帰宅部メンバー:男性陣

今回は男性陣、女性陣で分けていこうと思います。
能登吟、風祭小鳩に関しては
あまりこれ以上の考察は難しいので、スルー!
他二名に関して、少し深堀りしていきます。

釣巻鐘太ですが、想像以上の苦労性ですね。
いや、かなりの慎重派なのに帰宅部なんて入るんだから
そりゃあ負担はかかるけど…。

体調崩すほどってなると、笙悟のように
過去は一般人が見たらトラウマになる内容なんでしょうか…。
いや、トラウマになってなかったら、ここにいませんね!

もう一人、月島劉都ですが。
こちらはまあ、予想通りの頭脳派ですね。
これで体育会系だったら逆にびっくりだよ

彼は、どちらかといえば維弦のような印象ですね。
才能がある故に、親に振り回されるタイプ。
ただ維弦の場合は、才能はともかく疾患も関わってくるので。
振り回される際の感情や、対応は変わってくるかもしれません

維弦は疾患もあるため、生活能力を高めるのは苦手でしょうが。
劉都はそういう情報ないので、おそらく疾患はないかな。
疾患がない、ということは、人並みの生活は可能でしょう。
いや、むしろ頭が良い分、もっと賢く生活できるかもしれませんね。
人の言動とか行動とかを見て、判断して。
「あ、僕ががんばらなきゃ進まない場面だ」って思ってそう。


帰宅部メンバー:女性陣

女性陣ですが、色々言いたいことが多いですね!
宮迫切子は一つしかない原動力を元に突き進むから、
予想外な攻撃に脆そうだし!
駒村二胡は対人関係でやっぱりなんか抱えてそうだし!

そうだ、編木ささらですが
彼女のこの自己犠牲ぶりが、少し想像できた気がします。
彼女、現実でもうすぐ死にそうなんじゃない?(唐突)

確約された死が待っているからこそ、
「もうすぐ死ぬし、だったら誰かのためになりたい」みたいな
精神になりそうですよね。
誰かのためなんて、崇高な想いじゃないかもしれませんが。
周りの未来を疎むんじゃなくて、
応援したいような気持ち
じゃないでしょうか。

死を目前にした人の感情って、色々ですよね。
「なんで私が!」とか「どうせ死ぬんだから自由にさせろ!」とか
ある人もいるでしょうし。
ううー、複雑だあ…。

そんなことより天吹茉莉絵ですよ!(話題を変えましょうね)
記憶喪失!? どおりでなんか違うと思ったよ!!
そりゃ不安だろうな!
キャラエピで記憶戻った時、我々殺されるのでは!?
(これは言い過ぎか)

どおりでなんか、花といい帰宅部入りといい、
彼女らしくない行動だと思ったよ!
(茉莉絵らしさってなんだろうね、二胡ちゃん…)
記憶が戻った瞬間がやばそうだなあ…どうすればいいの…?
彼女の場合は、キャラエピの進行具合で離脱もありそうですね…。


楽士:マキナ/kemu(堀江晶太)

キャラごとの考察はここまでにして。
楽士曲の考察に行きましょう!

まずは楽士マキナの曲からです。
作曲はkemuさん。
『インビジブル』とか『人生リセットボタン』を作った人ですね。

…まず、最初に言っていい?
曲の雰囲気が、変わった!?(?)
いや、『インビジブル』等と比べると、
だいぶ正当化された曲じゃない?(正当化ってなんだ)

歌詞もだいぶ、言葉がわかりやすい歌詞ですよね。
「果てなき 夢がいつまでも 続きますように」とか
「誰にも 奪わせない 離さない」とか。

二番目の歌詞があまり聞けないので、難しいですが。
言葉遊びというか、惑わす感じはないですね。
キャラ的にも、まっすぐでひたむきなキャラなんでしょうか?

ただ、二番目に死神とか単語が出てくる辺り、
何かが終わってしまった、あるいは亡くなった(失くなった?)
と思っていそう
ですね。
そしてそれは、消えてほしくなかったもの…。
これだけでも切なくなりますね。


楽士:パンドラ/Ayase

お次はパンドラの曲です。
作曲は、最近有名なAyaseさんですね。
小説を元にした、YOASOBIの『夜に駆ける』や、
個人的に好きな『よくばり』を作った人です。

この曲は、とても詩的です。
ぼんやりとした輪郭、
だけど突き刺す言葉が続く歌詞です。

マキナの時みたいに、
一番と二番にあまり変化がないのも特徴的
ですね。
(全部聴いてないから判断しづらいけど!)
おとなしそうに見えて、きつい彼女にピッタリな
歌詞センス
ですね。


楽士:ムーくん/ポリスピカデリー

次はムーくん(くん、までが名前)ですが。
作曲はポリスピカデリーさん! 好き!!
この人は、私UTAU曲で知ったので
とっても嬉しい!!
『Cynic』や『キレキャリオン』を作った人です!
(知ってる人は少ないかもしれないなあ…)

この曲の歌詞ですが、
ポリスピカデリーさんらしい謎の多い歌詞ですね。
(その言い方は良いのか…?)

明るくて、まっすぐな曲なんですが。
ダンスミュージック感があるせいで、
歌詞は謎めいているところが多いですね。

でも、歌詞にある
「あの頃の自分に 伝えたいよ dear boy」
ってあるところは、中身が出てる気がしますね。
あと、二番のAメロ辺りも出てる気がします。

過去の自分に言いたいことがある、選択を正したい。
そんな感じでしょうか。
でも結局、何も変わってないこともわかっていそうですね。


楽士:#QP/かいりきベア

このキャラの名前は、なんて呼べばいいの?
もうココアでいいじゃん!
どうしてこんな難解な名前に!(自分だけ?)

作曲はかいりきベアさん。
曲は『アンヘル』とか『ルマ』を作った人ですね。
この二曲は有名なのではないでしょうか?
(ここ数年のボカロに疎い私でも聴いたことあるし)

この子は、あれですね。
一番の歌詞は素直な欲望を感じますね。
ただ二番に入った時の豹変ぶりは…スイートPを思い出すね!!
ただ、スイートPと違うのは、自分に素直そうなところですね。
スイートPは自分を押し隠してでも可愛い子やってたわけですし。

キャラとしても、欲望に忠実そうですし。
幸せになることへの努力も欠かさなそうです。
娯楽方面にね!)


楽士:ドクトル/ぬゆり

はい! 来ました、おしゃれなのに鬱積を感じる曲!
作曲はぬゆりさん
『フラジール』や『プロトディスコ』を作った人ですが。
今回もぬゆりさん節が出てますね!
ピアノのメロディと、間奏の笛の入り方が印象的です。

彼のキャラですが…まず、まずね。
目に光ないのが怖い!!
「裏返しても表がない」って歌詞にもあるし、
マジでやばい医者なのでは?
と思う反面、苦しい思いをしたせいで
こんな光のない目を持ってしまったのでは…
とも思うし。

「決めるのは僕じゃない」って歌詞もあるし、
もしかしたら後悔の内容で目に光が…。
そう考えるとかわいそうですが。
琵琶坂のことを思い出すと、つい警戒してしまう。
(琵琶坂のせいでオーバードーズの追加要素に触れたくない)


楽士:クランケ/Neru

お次は、クランケの曲です!
この子の曲は、歌詞が純粋にすっと、来ますね…。
純粋すぎない? 大丈夫?

作曲はNeruさん、
『東京テディベア』や『ロストワンの号哭』を作った人
ですね。
いや、この人にしてはかなり爽やか曲なのでは?
(東京テディベアと、ロストワンの号哭が暗いだけ?)

この子の歌詞は、どう見ても恋、してますね。
いや、ここまできたらむしろ愛情では?
「何もかも 間違いだった」って言った後に
「それでも貴方に 添いたくて」ってあるの!

いや、この間違いだった、のせいで
ドクトルがすっげー悪そうに見えるのも否めない
けど!

先生好きすぎんこの子ー、かわいいなあ。
この子は病院からあまり出てないのかもなあ…って思いますね。
ここまでの純粋な感情は、
他に向けたことがないレベルの深い愛ですよね、きっと。


楽士:件/ツミキ

件の曲ですが、こちらの作曲者だけは知りませんでした!
ごめんなさい…。
作曲はツミキさん、
『トウキョウダイバアフェイクショウ』とか、
『レゾンデイトル・カレイドスコウプ』とか作ってる人
らしいです。
横文字カタカナの人ですね!(言い方どうにかなれ)
今度、曲聴いてみよう。

件の曲ですが、ボカロらしい早口が多いですね。
と思ったじゃろ? それ、二番にいっても言える?(?)
なぜか二番の途中で、RAPになりますね! すごい!
この変化は、とてもおもしろいですね。

一番は楽しい曲調だし、歌詞も楽しそうですが。
二番に入ってから歌詞も暗くなった上に、RAPですよ!
やばいなあ…めっちゃ隠されてる、チェシャ猫かな?


楽士:ブラフマン/cosMo@暴走P

ラスト、前作からの続投!
ブラフマンの曲です。
作曲はcosMo@暴走P。
『初音ミクの消失』が有名ですが、
個人的には『ANTI THE∞HOLiC』も良いですよ!

また最後の楽士ですね。
ああ~さすが暴走Pさん、強敵感があります。
こちらの曲、歌詞はすんなり入りますが、
そのまま鵜呑みにしてはいけないですよね。
前作の曲がまんまそうでしたし!

「どこからやり直しても 絶望的に噛み合わない」って
言ってるのもあって、
この世界でも叶っていないことがあるのかな?
って思いますね。
それとも、現実で噛み合わなかったのか…。

「卑怯者と世界が許せない」ってあるのもあって。
後悔はもちろんあるけど、
それ以前にこの世界自体が許せない辺りは、
前作のソーンと同じですね。

しかし、この卑怯者とは誰なのか…
出てくるとしたら、誰なんだ?
卑怯者、の部分を「何もできずに見送った誰か」と歌っているので
自身のことも言えますよね…ううー、何なんだ!
でも卑怯者って蔑むくらいだし、他人かなあ。


まとめ

・帰宅部メンバー男性陣:苦労人多くない?
・帰宅部メンバー女性陣:生き方刹那的すぎない?
・楽士マキナ:まっすぐなイメージ
・楽士パンドラ:詩的!
・楽士ムーくん:過去の選択が後悔?
・楽士#QP:娯楽的な幸せに素直そう
・楽士ドクトル:目が怖い
・楽士クランケ:愛が深い!
・楽士件:チェシャ猫レベルの謎
・楽士ブラフマン:卑怯者って誰!?


最後に

今回も長くなっちゃいましたが。
こうやって考察するのも楽しいし、
何より、それを裏切られるのも楽しいですよね!

早く6月にならないかなー
と思う反面、お金が心配…。

今回は曲についても考察しましたが、
皆さんはどう思いましたか?
考察、自由に想像しましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!