本気で生きているか

312

宇宙真理学

何が本物で、何が本物でないか、見分けがつくか。何が真実で、何が真実でないか、感じ取れるか。何が善で何が悪か、選び取ることが出来るか。真理(本物、真実、善悪の分別)を身に付けよ。これは全体学問(宇宙真理学)。今の世は、これが一切合切蔑ろにされ、己の損得の得や見栄、権力、憐財を得るために必至にあまりにも多くの時間を費やしている。これは人の道、人生の目的からは益々遠ざかる生き方だ。そして、仕事や自分のこ

もっとみる
有難う御座います!!!

陰を蔑ろにしてはならない。

表があるものは必ず裏がある。これは物と事の一切の事物現象。物事の二面性。即ち、片面だけを見ていては片手落ちということだ。表面は見えやすい。しかし裏は良く見えない。人間は、見えるものにだけ理を与えすぎる。だからうまくいかない。例えば、光と陰。陰の部分は暗くて良く見えないし、見ようともしない。陰の部分が存在するから、光りを認識できる。従って、陰を蔑ろにしてはならない。社会において陰になって見えなくなっ

もっとみる
有難う御座います!!!

道理に適っていない考え方

仕事人生と生涯人生をどの様に捉えているか。そのどちらもが、自分自身を一人前に成長させるための舞台であること。「人生は仕事とは無関係、仕事は人生とは切り離して考える」という考え方があるが、これは道理に適っていない。人間にとっての仕事は様々で、どの仕事も良いとか悪いとか、高いとか低いというものはない。縁のあった仕事を通じて、自身の生涯人生を高めていく。これが真理。仕事は選ぼうが選ばなかろうが、やがて自

もっとみる
有難う御座います!!!

必要のない美辞麗句、嘘に嘘を重ね、真実が見えにくく、覆い隠すように

本来、この世は、本音だけが通用する世界。本音とは、嘘偽り、建て前の無い世界。事実と事実のみが交流する世界。五感で感じれる世界。しかし、現代は、この真反対の世界となってしまっている。嘘、偽り、うすっぺらい建て前に塗り重ねられた世。だから、必要のない美辞麗句、嘘に嘘を重ね、真実が見えにくく、覆い隠すような言葉が多くなる。情報が膨張し、はち切れているのに、更にその上から本音でない言葉が覆い被さっていく。

もっとみる
有難う御座います!!!

この世には安易な救済方法は存在しない。

何かにすがり、起こるか起らぬか分からない「奇跡」をただひたすらに待つことは無意味。また、迷いや苦しみから抜け出すことも、ただひたすらに待つだけでは何も起こらない。この世には安易な救済方法は存在しない。ではどうすれば良いのか。それは、ごく普通の日常生活における「修身」を実践すること。修身とは、身を修めること。即ち、自分の行いを正しくするようにつとめること。行いの正しさは、自ら得とくするしかない。日々

もっとみる
有難う御座います!!!

人の話を聴ける人

人の話を良く聴く。これが大切だ。どんなに偉くなっても、役が付いたとしても、親であっても、先輩であっても、指導者であっても、人の話をちゃんと聞く態度が大事なのだ。これが出来ない人間があまりにも多い。自分のことばかりをまくしたてる。知ったかぶりをする。偉そうにする。自分の話だけを一方的にして、相手のことなどお構いなし。この謙虚さの欠如、独りよがり、自分勝手、いい加減さが、人生の土台をスカスカにしている

もっとみる
有難う御座います!!!

なぜ不安が拭えないのか、なぜ得られないのか、なぜ貧しいままなのか。

人間とは、与えられてもいるが、求められてもいる存在。即ち、人間は、生存に必要なものは全て住まう地球に揃い、与えられている。しかし、人生の探究、善への実行を求められているという実相を理解しておかねばならない。それをせずして、与えられるものも得られずとなるのは、至極当然のことである。なぜ不安が拭えないのか、なぜ得られないのか、なぜ貧しいままなのか。それは、現代社会において、不平等な身に置かれているとか

もっとみる
有難う御座います!!!

2021年を「人生で最も大切なこと」で締めくくりたいと思います。

12月となりました。2021年を「人生で最も大切なこと」で締めくくりたいと思います。日々お世話になっている方も、ご無沙汰の方も、どなたもご参加可能です。お会い出来ますことを楽しみにしております^^「人生で最も大切なこと」カングロ感謝の会12周年(オンライン:無料ご招待)
https://www.facebook.com/events/4503086809773408

■期日:2021年12月20

もっとみる
有難う御座います!!!

人間は独り旅をさせてもらえている。

人生は独り旅。いつどうなるか計ることは出来ない。独り旅だが、一人では生きられない。周囲に縁のあった人々と交わりながら、思いやり、助け合いながら生きている。人は先人の命の恩恵を受けて生きている。であるから、その恩を送ることが大事。自分が預かった持ち分は、大事に使い、残りは全て後人のために置いていく。この連綿と続く命のつながりの中で、人間は独り旅をさせてもらえている。時に思い通りにならずとも大丈夫。誰

もっとみる
有難う御座います!!!

心を閉ざしていると知ることが出来ない世界がある

人生は謎だらけ。分からないことが多過ぎる。しかし、真理はシンプル。誰にでも解るのが真理。しかし、そこまで知ろうとするか、知ろうとしないのかの差が出てしまう。人間が作り出した理論と真理実相は全く違う。人間の創り出した時間とは別の時間が存在する。自然の中に、それはある。現実に力の及ぶ世界(真理、道理、実相)が在る。在るや無しやの議論をしたところで、好もうが好まなかろうが委細構わずに存在する世界がある。

もっとみる
有難う御座います!!!