Hiroto

幸せを呼ぶそよ風チャリダー/サステナビリティイノベーティブコンサルタント。「感謝感動を世界に地球に」のカングロ代表、ザッポス研究会、イノベーションサロンZ、システムD研究会、サステナ塾、セブメディ創設者
    • 本気で生きているか

      本気で生きているか

      • 262本

      人生の在り方について問うています。なぜ、人は生きるのか。何のために生まれてきたのか。なぜ、この時代にいるのか。みんなの素直な思いを共有して下さい。

他力本願、寄らば大樹の陰のままならば

未熟である。だから「人間」をやっている。善悪を半々持たされ、葛藤の中で、分別を悟り、人として仕上がっていく。人間は、この仕組みの中に生きている。人間は、自分独り…

宇宙が喜ぶのである

人類を含め、全ての生物には、命が宿る。即ち、生きている。それは、超大大宇宙、自然界の総和の一つとして存在する。その総和の中で、乱れが起きると、それを整える力が働…

まだ仕上がる可能性は残されている

今からどう生きるかの生き様次第に掛かっている。モヤシのままでは大木になれない。恵まれたものの不幸もある。苦労もせず、中途半端にいい加減に、楽に、安穏と生きるだけ…

それは破滅に向かうことを意味する

このままでは危うい。こんな世の中のままであってはならない。このままの状態が続けば、人類の将来は見えている。この実態のまま、人類が進化をしていくというのであれば、…

「繋がり得る」ことでしか得ることは出来ない。

実体のあるものは視えているので分かりやすい。従って、姿、形を重視してしまう。しかし、それはごく僅かな部分の世界。姿、形は見えずとも、存在するものがある。これが全…

発音体

宇宙には発音体が存在する。発音体とは、音源。即ち、音を発している元のこと。音は、振動で出来ている。宇宙は、その振動で満たされている。云うなれば、神気。それは、有…