金沢メモ(こまい大祐 )
こまいメモ 21.11.08
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

こまいメモ 21.11.08

金沢メモ(こまい大祐 )

〇都市交通特別委員会
福井市の公共交通の事例調査。
コロナ禍で利用者が激減する中、金沢の公共交通事業者も大変厳しい経営環境にあります。特別委員会が設けたテーマは「行政の支援の在り方」です。
福井市は、2つの鉄道があり、民間運営会社と行政との上下分離方式で公共交通の維持継続を行っており、また、基幹路線のバス交通から、地域のデマンドバス等のフィーダー交通まで実際に金沢で議論されている取り組みを既に実施されている。その仕組みと現状を福井市役所の方からオンラインでの調査をさせていただく。12月議会で特別委員会としての提言書を市長へ提出予定。

〇金沢市・南砺市開発関係懇談会
隣接する南砺市の執行部と議会の皆さんと意見交換。
金沢福光連絡道路の早期整備などの交流道路整備、北陸・飛騨・信州三つ星街道による欧州誘客、金沢ホテル懇話会で販売する「殿さま街道フリーパス」や湯涌とのアニメツーリズムなどの観光交流、その他消防連携や住民交流まで。残念ながらコロナ禍で中止となった事業が多く、これから交流の再開が期待されます。

併せて、南砺市が生んだ政治家 松村謙三氏の生涯について勉強会。戦後の農地改革や日中国交正常化に取り組まれた政治家。今年は没後50年のフォーラムを11/14福光で開催予定。

古来より加賀と越中を結ぶ朴坂越(二俣越)の道のことを、加賀藩13代前田斉泰が参勤交代でこの路を通ったことから「殿様道」と言われています。加越国境城跡群の調査も共同で行なっており、このような時空を超えた繋がりにロマンを感じるようになって参りました。

21.11.09
〇訪問といただいたご相談対応の一日
〇金沢青年会議所 事業打合せ

金沢メモ(こまい大祐 )
1982年石川県金沢市生。青山学院大学経済学部卒業。首都圏にて人材採用コンサルタントやメーカーでの新規事業の立ち上げ等に従事。金沢へUターン後、街の問題点を若手の立場から議会へ届けるため、金沢市議会議員として約7年半活動し、2022年金沢市長選挙に出馬し次点。