見出し画像

【かながわユースフォーラム2022】を終えて

かながわユースフォーラム実行委員会

 7月9日(日)、3回目となる『かながわユースフォーラム2022』を開催しました!今回は、念願の対面✨総勢200人を超えるイベントになりました!

 当日は、学年や学部学科を超えた多くの学生さん、卒業生や地域の方々、これまでに関わってくださった沢山の方々にお会いすることができ、とっても嬉しかったです(* ´-` ) また、これまでの活動を通して感じてきた「つながり」や「人の暖かさ」を大切にしたいと思う気持ちがより一層高まり、特別な時間となりました!

2022年度のコンセプト

 これまでの第1・2回のかながわユースフォーラムで創ってきた「つながり…のその先を見てみたい」という3期生のメンバーの思いから、今年度のテーマは「地域の輪を拡げる」に決定!そして、「学生同士の小さな輪から、輪と輪を少しずつつなげていき、地域へと拡がる大きな輪へ」を目標に、企画等を進めてきました!

7月9日に向けて

 過去の2回ともコロナの影響によりオンライン開催。また、特定の1日に集中開催するイベント(フォーラム)を設定し、そこに向けて授業(社会教育課程/地域デザイン演習Ⅳ)の当初から準備を進めていくというものでした。
 今回は、そのイベントに先立って学生でいくつかのチームを作り、地域の団体と連携するプロジェクトを実行してみるというやり方にチャレンジしました!まずは、地域づくりやボランティア活動にそれほど馴染みのない学生たちが、自分の興味関心のあるテーマに分かれ、連携する団体を選定して自らアプローチする。そして、うまく団体側とへの提案と連携体制が整ったら、一緒に企画を立て、実行していくという流れになっています。

【5つのテーマ】


参加学生の声


参画者・実行委員の声


今後に向けて

 かながわユースフォーラムは、第3回目にしてついに対面開催を実現しました!「地域に輪を拡げる」というテーマのもと、学生の小さな輪から地域を巻き込む大きな輪へと発展しました。今後は、その大きな輪をつなぎ続けること、その輪をさらに大きくしていくことを目指します。実は、つながりをつくることよりも維持していくことの方が大切…私たちは、若者と地域がつながる「きっかけ」をつくったにすぎません。しかし、そのきっかけが地域のみらいを変えると私たちは信じています。つながりの輪を維持するために「きっかけ」をつくり続けていきます!!

ライター:神奈川大学 人間科学部 4年 髙久李美 (りみ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かながわユースフォーラム実行委員会
【ユース(神奈川大学生/社会教育課程)の活動報告】 HPはコチラから↓(学生が制作・管理しています) https://www.kanagawa-youth2020.net/ Instagramも始めました! @KANAGAWA_YOUTH_FORUM 是非ご覧ください✨