見出し画像

05/05 4年前はこんなにも旅行してたのに

2017年は只見線のトロッコ列車に乗りました。

過去の写真を紐解くと、わずか4年前には只見線に出かけて、臨時のトロッコ列車と代行バスを使うなどして全線を走破していました。
只見から小出に向かう列車はほとんど乗客がいない感じで、まだ雪も残っているような区間を走りながら只見と大白川の山越えをしたのが印象的です。
さらに北越急行に乗り換えたりして上越妙高から新幹線で帰ったのですが、この時期は週末パスが使えないので、前日の京都を起点として、郡山経由で会津川口までの乗車券、会津川口から六日町の乗車券、犀潟から浜松までの上越妙高経由の乗車券で発券していました。
経路が非常に複雑になるため、駅で乗車券を発券してもらうというつもりがなく、えきねっとの乗車券購入を使ったのでこれくらいが限界なのと、私鉄をまたぐ連絡乗車券の扱いルールによるものと推測しています。
徹底的にこだわっていたのなら上越妙高回りで大宮まで発券するでしょうからね。まぁそこは深く調べません。

雨ということで、ホームページつくりなど

今日は幾つか動画をUPしたり、ホームページを作るなどしていました。
ただ途中で充電式マウスのバッテリーが切れてしまったこともあり、若干やる気が途中で抜けてしまったのが悔やまれます。
あとは昨日3時間近く陽射しの中で過ごしたこともあり、若干バテ気味だったのかもしれません。

まつり好きの浜松市民にとってはガマンのGW

浜松まつりで発散できない気持ちをどこにぶつければいいのかと思います。
本来ならば明日は燃え尽き症候群の中、後片付けに一日費やして、週末には打ち上げ会という流れになるはずですが、全くといっていいくらい2年続けて何も出来ていません。
私は酒飲まないこともあって無くてもどうってことはないのですが、街全体がストレスで覆われている感じがするので、発散しないと大変だろうなと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かもちゃん

日本の鉄道路線と空港に降り立ち、車も使って観光した経験を広めてみたいと思って書いています。 旅行の参考にしたい方の参考になればと思います。

各駅停車でゆっくり行きましょう!
3
52歳で高卒入社した会社を退職。日本全国の全ての鉄道路線と空港を制覇しJALのダイヤモンド会員にも到達。 今は地元浜松市や訪れる起業家さんを取材しつつ相互をつなぐプランを模索中のフリーライターです。 https://kamochan058165.net/