かもちゃん@旅行遂行士
06/28 休憩時間
見出し画像

06/28 休憩時間

かもちゃん@旅行遂行士

受注先での仕事における休憩時間

2週間ほど前から受注先を訪問して現場作業を行っていますが、会社員だった頃と比べて休憩時間を意識するようになりました。
労働基準法では、6時間以下であれば休憩なしで働いても引っかかることはないのですが、6時間を超えて8時間以内であれば45分、それを超える場合は1時間の休憩時間を取ることが義務付けられます。
これについては受注先の了解を得た上でしっかりと取るように心がけています。
また、どのタイミングで休息を取るかについては自由裁量ということなので会社員のように決められた(例えば12時から13時)タイミングで休む必要はありません。
これにより、外で食べる場合の混雑時間を調整することもできますし、車で通勤しているので、買い物を済ませたりということも可能です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かもちゃん@旅行遂行士

日本の鉄道路線と空港に降り立ち、車も使って観光した経験を広めてみたいと思って書いています。 旅行の参考にしたい方の参考になればと思います。

かもちゃん@旅行遂行士
52歳で高卒入社した会社を退職。日本全国の全ての鉄道路線と空港を制覇しJALのダイヤモンド会員にも到達。 今は地元浜松市や訪れる起業家さんを取材しつつ相互をつなぐプランを模索中のフリーライターです。 https://kamochan058165.net/