見出し画像

07/18 22年前もとんでもない行程旅行

山陰をグルグル回り、紀伊半島を一周して帰った

22年前の今日は金曜日の仕事が終わってから出発して2泊3日の旅行をして最終日だったみたいです。
この当時を表紙のきっぷ類で振り返ると、往復は周遊きっぷの松江・出雲ゾーンを使い、大阪からの寝台付き夜行急行だいせん号の寝台車で移動して、土曜日はそのまま木次線の奥出雲おろち号に乗車、芸備線で広島に出てます。

その間に松山に行って、Nifty四国フォーラムオフに出ていた

福山に移動したあと、しまなみ海道のバスを乗り継いで松山に行って、夜は四国フォーラムのオフ会に出て松山市内に泊まっています。
そして日曜日は朝6時には既に松山駅を出てしまなみ海道を福山に戻り、ここで一部ルートを捨てて井原鉄道(神辺~総社)に乗車をしてから吉備線経由で岡山に入り、新幹線で新大阪へ向かっています。

真っすぐ紀伊半島をグルっと回って帰った

さらに特急オーシャンアロー号で串本まで南下してから、新宮までは臨時快速のきのくにシーサイド号に乗り、あとは特急南紀と新幹線を使って浜松まで帰っています。

周遊きっぷの発券依頼が面倒だった

ハッキリ言って面倒なことこの上ない切符でして、行きと帰りのルートを指定しないと切符が買えません。さらにお得意の面倒な一筆書きルートを作るので駅で発券してもらうのに20分かかるのはザラでした。
それもあってあっという間に切符自体なくなってしまいました。

当時の紀伊半島はかつての急行車両が勢ぞろいでした。

下の写真は165形電車とキハ58形気動車ですが、どちらもローカル急行として最後まで頑張りました。どちらのエンジン音も非常に好きなのですが、もはや残っていないので残念ではあります。

画像1

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かもちゃん

日本の鉄道路線と空港に降り立ち、車も使って観光した経験を広めてみたいと思って書いています。 旅行の参考にしたい方の参考になればと思います。

ありがとうございます!
52歳で高卒入社した会社を退職。日本全国の全ての鉄道路線と空港を制覇しJALのダイヤモンド会員にも到達。 今は地元浜松市や訪れる起業家さんを取材しつつ相互をつなぐプランを模索中のフリーライターです。 https://kamochan058165.net/