かもカフェ☕︎🦆のnote 2冊目📚

かもカフェのnote 2冊目です。

かもカフェ☕︎🦆のnote 2冊目📚

かもカフェのnote 2冊目です。

    最近の記事

    かもカフェの格闘史~店の抽象化の社会哲学~

      「えらいてんちょうの社会科学」(https://note.com/kamocafe_note2/n/n67034bf44ad9)の最終章にて、「かもカフェ」というカフェについて言及して終わりました。かもカフェは私(かもカフェ)が開いたカフェですが、かもカフェは実験中の店で、インターネット上にある抽象的な店であり、現実の店舗にダウンロードできる店です。かもカフェはコロナ以前から抽象化されてインターネット上に存在し、また現実の店や地域にもダウンロードされていました。現在は川西

    スキ
    11
      • えらいてんちょうの社会科学

         「えらいてんちょうの社会科学」というタイトルを持つ本稿は、私の友人えらいてんちょう(本名:矢内東紀(やうちはるき)氏 えらいてんちょうはTwitterのハンドルネーム:@eraitencho)が2020年までに発生させて来た社会現象の、私の視点からの参与観察において考えたことを記したものである。えらいてんちょうはしょぼい起業、イベントバーエデン、静止力、ネットゲリラ戦術、しょぼい政党などの概念やプロジェクトを提唱し、実店舗とインターネット・SNSを中心に様々な社会現象を巻き

        スキ
        67
        • アメリカ法思想史と原意主義

          1.背景~連邦最高裁の思想動向~ 2020年10月、トランプ大統領がエイミー・バレット(Amy Barret)を連邦最高裁判事に指名し、物議を醸しました。連邦最高裁判事の社会的影響力は高く、エイミー・バレットの判事就任に反対する人が反対運動を行いました。エイミー・バレットはアメリカの法曹ですが、憲法解釈の流派の中で、彼女は原意主義者(Originalist)と呼ばれる人達の中の一人です。原意主義は日本ではあまり知られていない言葉ですが、近年の米司法界で原意主義(Origina

          スキ
          11