Gunji Kamiya(神谷 暉士)

Software Engineer.

Gunji Kamiya(神谷 暉士)

Software Engineer.

    マガジン

    • Chompy Developer

      • 11本

      Chompy を運営する Chompy, Inc. の開発メンバーのnoteを一覧できます

    • VR / AR / MR / SRとは?

      今大注目のVR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)、SR(代替現実)などについて解説していきます!!

    • 人工知能特集

      今話題沸騰流の人工知能に関して、投稿していきます。誰でもできるだけわかりやすくをテーマに!!

    • この世界の教育について

      僕の一番興味関心のある分野の教育について書いていきたいと思います。

    • 巨大ユニコーン企業メルカリ

      日本を初め、海外でもサービス展開を行なっているメルカリ。 最近ではフリマだけでなく、シェアリングのサービス展開も噂されています。 そんなメルカリについての様々な記事をわかりやすく書いていきたいと思います。

    最近の記事

    固定された記事

    今後の活動について

    みなさんこんにちは。 今回の記事では、しばらく触れてこなかった僕自身のキャリアのことについて書いていきたいと思います。 というのも、ここ数ヶ月で色々自分の中で変化するものもあり、同時に環境も変化していくことになりました。 その辺をざっくりと話していけたらと思います。 ランサーズ株式会社のインターンを退職しますおそらくここ最近のトピックでは、いちばん大きなものだと思っています。 実は僕は2020年の内定者として1年近くインターンをしていました。 チームとしての開発を

    スキ
    38
      • クリエイティブになるためにiOS14を試してみた

        情報があふれる中、僕らの生活の一部となったスマートフォンには、時々時間を吸い取られているような感覚を感じる。 用もないのにスマホを開いてしまったり、SNSを開いたりしてしまう。 それは、スマホのせいなのか、それとも自分の意思のせいなのか。 どちらでも良いが、スマートフォンというものは僕らから時間を奪うために設計されているように思えてきた。 ただ、やっぱり今の生活には必要で、今の社会ではなくてはならない存在だと思う。 今回iOS14を試したのは、それを解消できるかもし

        スキ
        6
        • AppleのARグラスに期待している理由

          最近よく考えるトピックといえば、コンピュータとの関わり方です。 ここ10年間で、私たち人間とコンピュータはより近い距離で接するようになりました。 多くのユーザーがスマートフォンというコンピューターを持つようになり、身近な生活に溶け込んでいます。 僕は今の状況を見ていると、コンピュータに振り回されてしまう人が比較的多く存在するのではないかと思っています。 中毒性のあるインターネットやゲームでは多くの人が気づかないうちに私生活を壊すようなことになってしまっていたり、現実世

          スキ
          5
          • コンピューター・サイエンスを学んでしたいこと

            Noteって誰かに「スキ」されると続きを書きたくなりますね。 多分数ヶ月書いてなかったNoteもふと通知が来ると、重い腰を上げるきっかけになりますね(笑) ちなみに「スキ」された記事は↑です。 タイトルの通り、高卒の僕が大学に進学したいと思った理由だったりを話したと思うのですが、今回はもっと深ぼって記事を書いていけたらと思います。 音声UIの可能性​僕は自分の人生における重要なトピックの一つとして、コンピューターとの関わり方を考えていきたいと思っていました。 音声U

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Chompy Developer
            Chompy 他
          • VR / AR / MR / SRとは?
            Gunji Kamiya(神谷 暉士)
          • 人工知能特集
            Gunji Kamiya(神谷 暉士)
          • この世界の教育について
            Gunji Kamiya(神谷 暉士)
          • 巨大ユニコーン企業メルカリ
            Gunji Kamiya(神谷 暉士)
          • スティーブ・ジョブズ
            Gunji Kamiya(神谷 暉士)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            20歳になったのでスタートアップでエンジニア始めてみました

            今年の3月末に1年間ほどインターンをしていた都内のベンチャー企業を辞め、新しい挑戦をすることにしました。 今回の記事では、ジョインした会社での1ヶ月でどれくらい成長出来たのかを振り返ることにします。 数日前、僕の悩み相談をしてくれていた会長の小坂さんからこのようなことを言われました。 「ネガティブになるものだめではないけれども、これまでやってきたことを振り返ってみてごらん。1ヶ月間でも成長してたら自分を褒めてもいいんじゃない?」 時々ネガティブになってしまうというのは

            スキ
            11

            子供の僕と大人な弟の喧嘩

            よくSNS上の人たちから、なぜいろいろなネタをNoteに投稿するのかを聞かれます。 ご存知の通り、僕は自身の発信内容に、あまり偏りを持たせていません。 興味のある技術の話をすることもあるし、キャリアの話をすることもある。 当然ネガティブな内容も話します。 よくよく考えてみると、自己発信というものに近いのだと思いました。 SNSやブログでは、普段話せないようなことをいつでも話すことができます。 また、受け取り側がいつそれをみるのかまで、自由に決めることができます。

            スキ
            2

            音声UIについて考えてみた

            先日、Noteの記事にて音声UIを将来的にやりたいということを書きました。 このNoteでは、その『音声UI』について詳しく僕の考えを書いていこうと思います。 人類は発展を選択し、戻ることも、止めることもできないこれは言うまでもないかもしれませんし、少し枠組みの大きな話なりますが、僕個人としては重要な事実だと考えているので、一応書いておこうと思います。 私たちは時の流れる今を生きています。 そして時代を生きています。 人類は人類が関わってきた多くの分野において、発展

            スキ
            3

            頭の回転の話

            頭の回転が速いみたいなことって、誰でも一度は聞いたことがあるし、そういう人を1人は知っていると思う。 でも、それ自体がどういうことなのか、少なからず僕は今まで言語化できずにいた。 ただ、ここ最近とある人と話す機会があって、頭の回転の速さや思考の深さを実感したので、体験談をもとに書いていく。 思考が浅い人の話はつまらない思考が浅い人の話は共通して面白くないと思っています。 僕の知っている人で言うと、同級生。 彼らの頭の中にあるトレンドは、本当にしょうもないものばかり。

            スキ
            12

            ランサーズのインターンを紹介!!

            ランサーズ Advent Calendar 2019 6日目の記事です。 みなさんこんにちは! ランサーズ社でエンジニアインターンをしている神谷(@GunjiKamiya)です。 *この記事はAdvent Calendar6日目と言いながら、公開したのは24日なので時系列が若干ずれていますが、ご了承ください(泣) さてさて、冬の寒さが厳しくなってきた12月ですが、とてもホットな話題がランサーズにはありました。 それは東京証券取引所マザーズへの上場です。 2008年

            スキ
            11

            全く参考にならない僕の就活

            『全く参考にならない僕の就活』と題したこの記事ですが、何点か補足があります。 そもそも僕は、自分が就活をしたという感覚はないし、いわゆるセンター試験を受験して大学に入学したこともないので、その辺はご了承ください。 とはいえ一応2020年の新卒として企業に入るのでそれまでの過程と、僕の心境を少しだけ紹介したいと思います。 また、この記事はこれから就活をする人たちに向けてという訳ではなく、こういう道もあるんだよ?的な例になれれば幸いという感じです。 まずは自己紹介まずは簡

            スキ
            10

            辛く、険しい、人生の話

            心の中に秘めているこの気持ちを、酔っている勢いで書いていきます。 誰もためにもならないし、ただの自己満足なので、これを見てる人は、ただただ温かく見守ってください。 辛くて辛くて辛すぎる。 人生は自分で切り開かなくてはいけなくて、自分で責任を持たなくてはいけない。 それは、小学校4年生くらいの時から分かっていました。 出身である東京から沖縄に引っ越した時、僕はこの肌で確かに感じました。 人生には越えることのできない壁があって、人は生まれながらにして格差があるのだと。

            スキ
            7

            高卒の僕がやっぱり大学に行くことを決めた話

            この記事はなるべく多くの人に見てもらいたいと思います。 そして、どんな時からでも自分の気持ち次第で挑戦に向かうことができるのだということを、少しでも多くの人に知ってもらいたいと思って書いています。 では、本編をどうぞ。 今回の記事の内容は、タイトルの通りなのですが、大学に進学しようと思っている話をしたいと思います。 なぜ今になって進学をしようと思ったのか、そもそもなぜ高校卒業後に進学という道を選択しなかったのかを含めて、お話できたらと思います。 僕のことは以下の記事

            スキ
            17

            amazonの最大の武器は超合理的な「仕事術」だった

            みなさんこんにちは。 いきなりですが、皆さんはどんなことに興味がありますか? 趣味や大学の専攻などなど、世の中にはたくさんのことで溢れています。 そんなたくさんのもので溢れるこの世界で、僕が人生をかけて関わっていきたいと思っているものがあります。 それは、テクノロジーです。 近年、この地球はテクノロジーによって、多くの発展(イノベーション)を遂げました。 しかし、そうしたイノベーションは勝手に起こるわけではありません。 時間とともにテクノロジーが進歩するのは、実

            スキ
            7

            自分から見たランサーズの印象

            みなさんこんにちは。 今日はタイトルにもある通り、現在自分がインターンをしているランサーズという会社の印象を書いていきたいと思います。 インターンの期間は、もうすぐ4ヶ月目に入るという感じなのですが、自分の改めて整理したことを話していきたいと思います。 ランサーズに入る前の印象から、入った後に変わった部分なども書いていきたいと思います。 なぜランサーズに入りたいと思ったのか ランサーズに入りたいと思った理由は、僕の過去の経歴から話した方がいいと思うので、簡単に説明した

            スキ
            5

            リスクをとってみた感想

            みなさんこんにちは! 昨日あげた記事で、エンジニアというイケイケの仕事の裏にある、僕の生活の現状をお伝えしました! 今日の記事は、昨日の記事を書いていてふと思った、「リスク」について話していこうと思います。 なぜ僕が普通の同年代の人と同じような道へ進まず、あえて「リスク」をとっているのかを僕なりに書いていこうと思います。 僕のとっているリスクはリターンがデカイこのサブタイトルに尽きると思いますが、「リスク」というものは、成功する確率が低いものの、得ることができる成果が

            スキ
            4

            今の生活はこんな感じです。

            みなさんこんにちは! 最近は、めっきりNoteも投稿せず、音信不通みたいな状況になってしまっていたのですが、いい区切りだったので、ここらで状況整理という感じで、今の生活について書いていきたいと思います。 できれば、僕と同じようなエンジニアを目指している学生さんだったりに見て欲しいと思っています。 そして、こういう道もあるということを知っていただけたら幸いです! ご報告簡単に今の仕事の状況を説明したいと思います! 僕は高校卒業後、都内のベンチャー企業でエンジニアインター

            スキ
            7