新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

安倍総理の星野源さんコラボは何が問題だったのか / 音楽家からの視点と分析

星野源さんの「うちで踊ろう」を安倍総理が利用した件について、タイムラインで様々な意見が出ました。批判についてもネットメディアで取り上げられていますが、少し見当違いなものが多いように感じています。

私はセミプロのジャズ・ピアニスト/作曲家として活動しており、本業でも音楽に関わる仕事をしています。あの動画がアップロードされた時、身の回りのアーティストの方々が、今まで見たことも無いような怒りをあらわにしているのを目の当たりにしました。私自身も普段は温厚な人間だと自負していますが、数年ぶりの言いようのない大きな怒りを覚えました

怒りはすぐに忘れてしまいますし、普通はその方が良いことが多くあります。しかし今回の件は普段温厚な方、そして私の身の回りの音楽に携わる方が皆口々に罵詈雑言や不快感をタイムラインに吐きだしているような、極めて異様な光景でした。これは何かあると考え、今回筆を取ることにしました。

安倍総理の投稿は本質的に何が問題だったのか、あの時不快感を露わにしていた皆々は何に怒り、不快感を感じていたのかということについて分析し、まとめました。

本稿の目的は、
なぜこの動画を受けて急激な不快感を感じたのかを明らかにすること。
②それを忘れないように記録すること。
です。怒りは悲しいことに、怒りの連鎖を生んでしまいます。私としてもそれは望むところではありません。すばやく風化させるべきですが、一方でそれを生んだ問題自体は風化させるべきではありません。記憶され、改められるべきだと考えます。

本題に入る前に、この動画を批判している人たちについて、大きく分けて3種類の人たちがいるということに注意する必要があります。私が感じている不快感は、1,2で紹介する方々の視点とは異なり、それがこの記事を書こうと考えたきっかけ、そして記憶しておきたいものでもあります。あらかじめ注意を促します。


1.安倍さんが嫌いな方々

1種類目の方々は、そもそも安倍さんが嫌いな方々です。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、という言葉があります。安倍さんが嫌いな方、はたまた蓮舫さんが嫌いな方、様々な方がいらっしゃいます。しかしヘイト感情は一般的に、人を非論理的にします。安倍さんに対して最初から反感を持っていることは、批判的感情の根拠とはなりますが、動画や投稿自体の問題を明らかにする試みの中では障害になります。
私自身も安倍さんに対して特別な感情を持っている人間ではないので、本稿ではこれらの方々について触れることはしません。

2.家にいたくてもいることのできない方々

2種類目の方々は、家にいたくてもいることのできない方々です。医療従事者や小売で働く方々、生活に余裕がなく働かなければ家賃が払えない、そういった方々は、このような状況下でも外に出て危険の中働かなければなりません。家にいたくてもいることのできない人々にとって、「家で優雅に過ごす貴族の休日」を見せつけられるのがどんなに苦しいことは、想像に難く有りません。

外に行くのではなく、家にいましょう、というメッセージはとてつもなく正しいものです。しかし、彼らへの配慮が必要だったことは反響から見ても明らかでしょう。ネットメディアでも、この”無神経”であるという批判が多く取り上げられています。

3.音楽家

さて、ここからが本題です。3種類目の方々を、私を含めた音楽家や、音楽を愛する人々と仮定します。より広範囲には、例外はあるものの、概ね星野源さんのコラボ動画で盛り上がっていた音楽家たちと評しても良いかと思います。この記事は、この視点からの分析になります。
私がこの動画に不快感を感じている理由は、上記の2つとはちょっと異なるのです。

私が怒っているのは、一言で言えば、首相の音楽文化への無理解とリスペクトのなさです。が、この気持ち悪さは複合的で、また業界への理解がない方々、星野源さんの動画がどういう経緯で盛り上がってきたのかを知らない方々には、なぜ私が怒っているのか、少し理解しづらい部分もあると思いますので、できる限りわかりやすく言語化/説明を試みてみます。

まず元の星野源さんの動画を見てみましょう。

「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」

Twitterの投稿はこちらです。

多くの重なりをありがとうございます。
ぜひこちらでも伴奏やコーラス、イラストやダンスを重ねてくださいね。

これがアップロードされた時の世の中の状況、音楽家が置かれた境遇を少し思い出してみましょう。
多くの箱のライブやイベントが中止になりました。箱は存続の危機に陥り、音楽家は何件もライブが中止になって仕事がなくなりました。政府からの具体的な支援の情報や温かいメッセージはなく、重苦しい雰囲気が立ち込めていました。

そんな中、投稿された星野源さんの一緒にセッションしませんか?という動画。

多くのアーティストがこの動画に込められた意図を理解し、様々な方が星野源さんとコラボして新しいコンテンツを作り、自らが楽しみ、そしてそれを見た人を楽しませてきました


さて、ここからとても大事な話になるのですが、

コンテンツクリエイターは、コンテンツに敬意を払わない人間が嫌いです。

なぜか。それは、コンテンツクリエイターが、普段から常に心無い無断転載、無断利用ユーザーと戦っているという状況があるからです。

基本的に、コンテンツはそれを作成した人のものです。利用した場合は、許可を得て筋を通す。許可が必要ない場合も、作者への最大限のリスペクトを払い、目的と作者の意図にあった使い方をするというのが、他人の作ったコンテンツを扱うときに必ず守るべきモラルです。

モラルというのは少し難しい言葉ですが、身近なもので例えれば、「作ってもらったごはんを残さずきれいに食べる」「店員さんを見下して接しない」といった類のものだと考えてください。)

星野源さんの動画は、セッションやコラボレーションなどを通して、それぞれの方が創造性を発揮して動画を作り上げることを想定/期待されていたものだと言えます。星野源さん自身は具体的なガイドラインを明示していませんが、動画のコメントや、ラジオでの発言

その中で歌とかコーラスとか音とか、好きに重ねてくださいねと。ダンスとかも重ねてもいいし。イラスト重ねても、アニメを重ねてもいいし。
(星野源のオールナイトニッポン, 2020.4.7)

から、推察の正しさをある程度担保できると思います。概ねこのような「コラボレーション」や「二次利用」を広く受け入れるタイプの物では、任天堂のガイドラインが明文化されており、業界標準として参考になります。

本稿に関係の有りそうな部分を抜粋して引用します。

(略)
お客様が真摯に情熱をもって向かい合っていただけることに感謝し、その体験が広く共有されることを応援したいと考えております。
(略)
営利を目的としない場合に限り、投稿することができます。
(略)
お客様が事実に反して、任天堂や任天堂の関係者から、協賛や提携を受けているようなことを示唆したり、誤信させたりしないでください。
(略)
このガイドラインは、個人であるお客様による任天堂のゲーム著作物の投稿を対象としています。法人等の団体による投稿は、このガイドラインの対象ではありません。

また、背景知識として、著作権違反は親告罪となっており、権利者(今回は星野源さんや事務所)が申し立てない限りは犯罪となりません。つまり、犯罪かどうかのみに焦点を当てて白黒つけるというだけであれば、件の動画は星野源さんが告訴しない限り黒ではありません。本稿では二次創作文化の法律的背景や、著作権法の詳細については解説しませんが、基本的には、権利者の裁量による見逃しと、利用者のモラル(忖度)両方がうまくバランスすることで、今のような二次創作コンテンツ文化が適度に発展し、それを多くの人が楽しみ、盛り上げるような環境が成り立っていることをざっくり感じていただければと思います。興味を持たれた方は、ぜひ詳しく調べてみてください。


さて、これら法律とモラルの背景を踏まえて、話をもとに戻します。

安倍総理のコラボ動画は、いくつかの点であの時点でアップロードされていた星野源さんとのコラボ動画と比較して、極めて異質でした
(安倍総理の動画以降、今度は別の流れが生まれていますが、それより前の話をしています。)

今まで、コラボ動画の大半は、音楽やダンスなどを加えたセッションになっていました。例外となるバナナマンさん、大泉洋さんなどのものは、星野源さん自身からアップロードされていたことに注意を促します。また岡崎体育さんはトライアングルを持ったまま最後まで演奏しませんでしたが、星野源さんによるInstagramストーリー上での紹介で、他の方に対しては「ありがとう」というコメントが添えられる中、岡崎さんのものだけ「岡崎」とだけコメントがついていた、なんてこともありました。

恐れずに翻訳するのであれば、バナナマンさん、大泉洋さんなどの著名な方で趣旨から外れるかもしれない恐れのあるものは、自主的に星野源さんにコンタクトして”筋を通して”います。そして、星野源さんの想定の裏をかいてきた岡崎さんに対しては、ツッコミ(見逃し)が入っている、という構図です。皆さんの友人たちとの会話でも、気心の知れた仲なら、相手を少しからかっておちょくってやる、みたいなのはありますよね。
基本的には、星野源さんの趣旨を多くの音楽家の方が汲み取り、彼の言及している音楽やダンス、イラストやアニメの範囲で、盛り上がりを作ってきた。そしてそこから外れたものについても、利用者側が筋を通していたし、総じて「面白く、楽しむ」ことのできる工夫あるコンテンツになっていたという平和な構図が大まかに存在していたということです。コラボを行うほとんどの方が何かしらの表現者なので、まぁ、当たり前といえば当たり前です。

さて、そんな中、突如現れた安倍さんの動画は、星野源さんのBGMをバックに自宅で寛ぐというものでした。今まで、星野源さんとコラボレータの方の創造性が合わさり、笑えて面白いコンテンツ、素晴らしい音楽、見ていて楽しいアート、そういったものによって構成されていたコラボレーション動画たちのなかに、突然、明確なメッセージを持った異質なものとして飛び込んできたのが安倍総理の動画でした。

見ればわかると思うのですが、
これは、「面白いものを作ったから見て!」では明らかにないですよね。

まず最初に(主意として)メッセージがあり、その次に星野源さんのコラボのフォーマットに形だけ従った動画が付属している、という構図であることがおわかり頂けるでしょうか。本来は、「こんなおもろい動画作りました、どうよ?そんでこの動画でみんなで楽しもうぜ」が最初に来るべきなんです。しかし、この投稿では主役は安倍総理のメッセージで、動画は脇役です。星野源さんの音楽は、そのメッセージのために利用された添え物になってしまっています。

安倍総理のコラボ動画は、安倍総理自身が自身の創造性を発揮し、楽しめるコンテンツを作り出そうという目的を持って作成されたものではなく、自分が伝えたいメッセージの一部として星野源さんの動画を使用したものになってしまっているのです。

言い換えると、星野源さんの作り出したコラボ動画文化...面白いものをみんなでつくり、それを共有して楽しむ。というものにフリーライドして、自分が伝えたいメッセージの道具として、星野源さんの動画、そしてこの文化を公衆放送のためのチャンネルとして使ってしまったということなんです。


そしてもう一つ、この動画がやらかしてしまったことがあります。

そもそもこの文化圏は、外に出るなという正しいけど苦しいメッセージ、そして外に出なければいけない人が疲れて帰ってきたときにどんな素敵な、面白い動画があがってるだろう? という人が楽しむための、ニュースで連日見かける辛い現実、争い合う政治家たち、そういったものを一瞬でも忘れ、笑い、感動し、一息つくことができる憩いの場所だったのです。安倍総理はそこに、突然現実を持ち込んでしまったのでした。”うちで踊ろう”の歌を既に何度も聴いて、この場所を拠り所にしている人たちに、敢えて、あらためて総理大臣としてアプローチする必要が果たしてあったのでしょうか? なぜこれをする必要があったんでしょうか? なにか感じませんか?

音楽を含め、コンテンツ業界は心無い二次利用と長い間戦ってきました。Youtubeへの無断アップロード、広告などでの無断使用。トレス疑惑問題。公開されているものをただ無料だと考え、作者の意図を汲み取る努力を怠り、自分の目的のためだけに利用したり、複製、改変する心無い人々。コンテンツクリエイターはこういったことをする人たちが大嫌いですし、彼らとずっと戦ってきました。そして、彼らのようなリスペクトと理解に欠けた利己的な精神に対しても、とても敏感です。

安倍総理の動画は、そういった自分勝手なユーザーの精神と同質のもので作られたものだということを、私や、動画に不満を呈していたアーティストたちは感じ取ったのだと推察します。


加えて、Twitterの投稿自体にも問題があります。
動画のTweet本体に、コラボ用のタグや、元のTweetの引用、"星野源"の3文字すらも含まれていない点です。
これらの情報はメンションにて付加されていますが、安倍総理の影響力から照らし合わせるとこれは不十分です。以下に根拠を述べます。
これもメディア・リテラシーの話になるのですが、例えば本稿のような引用をした場合や、Twitter上のタイムラインに流れてきた段階では、メンションは表示されません
さて、少し頭を空にしてみてください。あなたは星野源さんも、コラボ動画も知らない人間です。タイムラインに流れてきた、メンションが表示されない状態のこの動画を、何気なしにちらっと見ました。何が起こるでしょうか?
答え:ミスリーディングが起こります。

安倍総理に比べれば、星野源さんを知っている人は明らかに少数で、さらにコラボ動画のコンテクストを知っている人はもっと少数です。この事実は多くの方の直感に反するかもしれませんが、実際私は DEATH STRANDING をプレイするまでは彼に注目していませんでしたし(音楽ジャンルが違いますから)、実際にこの記事を読まれた方からも私は勘違いしてましたというメッセージを多数頂いています。

さて、思い出してみてほしいのですが、TLを眺めるときに全てのTweetをタップしてメンションを確認しますか? そうではないはずです。

画像2

上記はこの記事の元Tweetの情報です。見ると、実際にメンションを開いて確認するのは1/4以下であることがわかります。
高く見積もっても、安倍総理の動画をみた半分以上の方が、これが安倍総理と星野源(or知らない音楽家)のオフィシャルなコラボであると勘違いしたままこの先の人生を生きていく可能性があるということです。このようなミスリーディングを排除するのは、投稿者の最低限の義務です。(意図してやっているのであれば本当に最低ですが)

お客様が事実に反して、任天堂や任天堂の関係者から、協賛や提携を受けているようなことを示唆したり、誤信させたりしないでください。
(任天堂ガイドラインより再度引用)

ミスリーディングの可能性の排除は、メッセージを文字数制限におさめることより優先しなければならないのです。影響力のある方なら、尚更守らなければ行けないポイントです。しかしそうしていません。これも、元の動画や文化コンテクストの軽視を感じられるポイントです。

さて、ここまでですでに複数の怒りを感じる理由があるわけですが、最悪なことにまだもう一つあります。それは、コロナ対策の初期に、音楽家や箱(イベント会場)を見捨てる判断を国がしたという背景です。

コロナの影響で、多くのアーティストのライブが中止になり、箱は倒産寸前に追い込まれていました。そんな中、政府の方々のミュージシャンやライブ施設へのメッセージはそれはそれは厳しいものでした。

現在は個人事業主などに対しても補償や無利子貸付の制度が整備されつつあります。現場の皆様のご尽力に敬意を表します。しかし、安倍総理の動画が公開された時にはまだ、多くのアーティストにその情報が届いていない状況でした。
国から見放され、ライブもなくなり、どうしようもなくなった私の唯一にも思える救いが、一緒にセッションしましょう、コラボしましょう、という暖かさを持った「うちで踊ろう」という敬愛すべきコンテンツだったのです。

音楽文化を軽視するようなアクションを取ってきた政府の代表である安倍総理が、しかしコンテンツの文脈への理解もなく、ただその成果と広告力だけは利用する、という構図に、私は大きな怒りと不快感をもって、それを受け取ったのだと分析します。

まとめ

私や、多くのアーティストが安倍総理の動画に対して大きな不快感を感じたことの原因を、以下のように分析します。

・星野源さんと、彼が表明した利用用途や文脈への理解とリスペクトを行わず、我々音楽家が最も嫌悪するノーリスペクト無断転載ユーザーと同等の精神でコンテンツを利用したこと

・コラボ元の引用・タグ付け・メンション付加を適切に行わず、協賛・提携を受けているかのようなミスリーディングを与える無責任な投稿

・我が国の代表が、自身の影響力に無自覚で、そういった行為を平然としてしまう人間であるという絶望

・政府のスタンスとしてCOVID-19対応にあたり音楽文化やミュージシャンを軽視してきた背景

うまく皆さんの気持ちを代弁できているかわかりませんが、私が感じていた言いようのない怒りの正体はほぼ説明できたと思います。

音楽文化を軽視するような方針を取っておきながら、一方で音楽を愛する多くの人々が作りあげてきた暖かいムーブメントを、総理はその趣旨と作品に敬意を払うことなく、都合よく利用しました。

残念ながら、コラボ動画で一緒に楽しんでいこう、という暖かいムーブメントを、あの動画は一瞬にして破壊してしまいました。とても残念です。

最後に結論を書きます。


人は怒りをすぐに忘れてしまいます。そうすべきだと思います。私も早くこんなことは忘れたいし、あなたにも忘れてほしいと思います。
しかし、私は理不尽や軽視に対しては主張し、立ち向かう人間でありたいと思います。同じことがまた起こり、自分と多くの人が悲しまないように
願わくば、あなたもそのように考えてくれる一人であることを望みます。


以上です。


以下、補足です。

この文章は冒頭の通り、言いようのない怒りと不快感を覚えた後、これはいつものように愚痴って忘れるのではなく、自分のドメインで起こっている事件であるからこそ論理的に理解しその記録を残しておきたいと考え、どうにか怒りを押さえながら書き始めたものでした。初稿は冷静に努めたものの過激で乱雑な文章で、それでも論理的だった、腑に落ちたという意見をたくさんの方から頂いたものの、自分としてはかなり推敲の余地があると感じていました。

現在公開されている文章は、初稿から20%ほど、本筋に不要な議論や主張を削り、また指摘コメントを参考に、論理展開の抜けや不整合、特にドメイン外の方にうまく伝わっていない部分、重点的な説明が必要であると思われる箇所を補填しなおしたものです。冗長にはなってはいますが、当初よりわかりやすく、整ったものになっているのではないかと思います。

最も大きな点として、初稿ではこの文章は「選挙に行こう」というメッセージで締めくくられていたのですが、それを変更しました。不満を不満で終わらせないで、世界を良くする原動力にしてほしい。私達に敬意を払ってくれる政治家を応援しましょう、そういう意図でしたが、徐々に政権争いの道具として引用され始めてしまったのが変更の理由です。

もちろん、選挙に行ってください。一市民ができるもっとも簡単な政治参加です。選挙権を行使して、自分が政治を任せてもいいと信頼できる人に投票してください。あなたの責務です。ただ、この文章を書き、心無いコメントを沢山頂いて分かったことは、”不快感を感じた我々”の敵はリスペクトの欠如や無理解であって、安倍さんや政府よりもっと大きなものだということです。まずは、多くの方にこの問題や背景を知ってもらうこと。そのなかに政府関係者の方がいれば、少し嬉しいです。戦うドメインも、政治ではなく教育なのかもしれません。引き続き考えを巡らせていきたいと思います。(4/15 12:10)

なお、上記の補足に関連して、この補足の公開以前の記事コメント・意見での妥当な指摘については、既に本稿の議論に盛り込まれていることに注意を促します。建設なご指摘ありがとうございました。一部の攻撃的であるものを除き、当時のコメントはそのままとしています。

補足資料

星野源さんのインスタストーリー上でのメッセージです。

画像1

---

現在実施されている包括的な補償についてです。
現場のみなさまの取り組みに敬意を表します。

---

かなり等身大の言葉で本質を突いたコメントを拝見したので紹介します。引用の許可は頂いております。

自分でも何が不快なのか分かってなかったけど、元は星野源さんが【セッションして一緒に楽しもう】ってメッセージでアップ、さらに#で繋がることで一体感を得て盛り上がってたところに、別のメッセージを上書きしてさらに#やリンクも張らない利己的に見える行動が気持ち悪かったのね。

なお、投稿には(不適格ではありますが)別のメッセージでハッシュタグ等の追記が行われている点については、記事中で言及の通りです。

---

4/7のラジオで星野源さんが”うちで踊ろう”が生まれた経緯について語っていらっしゃるようです。一部、書き起こししたものを引用します。

(24:40~)
僕はうちで踊ろうという曲をInstagramにアップしました。なぜアップしたかというと、
やっぱり、これからどんどん家の中にいなければいけなくなると思ったんですよね。今の日本や世界の状況を見ると外出自粛はもっと長く続くだろうし、その中で自分たちの生活しているみんなの暮らし、気持ち、みたいなものはどんどん苦しくなっていくんじゃないかと。
その中でも外に出ないといけない人たちがいてですね。外に出ないでというメッセージも勿論大事だし、まったく意味なく外に出て人に会ったりというのはやめようよと思いますが、どうしても仕事にいかなければ行けない人、それこそ看護師の方、医師の方、病院関係者の方、もしくは保育士の方、スーパーに勤めている方、食品関係の方とかですね。やっぱり外で働かなきゃいけないわけですよね。コンビニとかもきっとそうだと思うし。
そういう人たちに向かって外出るなって言うとさ、なんかつらいじゃないですか。外出るなって言うことって、外出ないよって思っている人たちにとってどんどん苦しくなっていくんですよね。そういう言葉ってさ。
分かってない人にとってどんどん言っていかなきゃいけないってなると、分かってる人に対してはただのストレスになってしまったりするもので。
外に出ないで、みたいなことじゃない曲を作りたいと思ったんですよね。
苦しくなっていくより前に、何か家の中で楽しくなる、家の中で面白がれる仕組みを作りたいなと思ったんですよね。
じゃぁそういう気持ちと、歌を作りたいなという気持ちをドッキングさせて作ったのが”うちで踊ろう”という曲です。
Instagramに僕は映像とともに、まさにこの部屋です、一曲作り、ただのiPhoneで録画してアップしました。
その中で歌とかコーラスとか音とか、好きに重ねてくださいねと。ダンスとかも重ねてもいいし。イラスト重ねても、アニメを重ねてもいいし。
この曲を好きに使っていいから、どんどんアップしてくれと。で、そうすることで、音が重なったり映像が重なるということが、家の中にいても、どんなに離れていても、僕らはこういう風に面白がれるという仕組みになるんじゃないかなと思ったんですよね。それが連鎖的にどんどん増えていったら、朝仕事に出て、帰ってきて、病院関係者の方とかが本当にヘトヘトで帰ってきたときに、ものすごく素敵なアレンジが上がってたりとか、素敵なカバーがあがってたりとか、そうすると、その時間を楽しみにできるだろうし。どんなアレンジあがってるかなみたいな。それこそずっと家にいる人達は、家にいいるここで、今、みんなと一緒に、自分が思う面白いことをどんどんやれると言う風に思ったんですよね。
で、理想はそうであるという風に思って、ぽっとあげたら、今、とんでもないことになっておりまして!...

---

4/17 Yahooニュースでも同等の記事が公開された模様です。具体的なアーティストへのインタビュー等も行っており参考になります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12464
音楽業界で技術職として働いています。ジャズ・ピアニスト/作曲家

こちらでもピックアップされています

マガジン2
マガジン2
  • 1420本
コメント (64)
クゼアキヲ様
論理的なご指摘をありがとうございます。冷静に指摘して頂ける方は本当に少ないので大変助かります。情報の共有もありがとうございます。
本稿内での補足は冗長となると判断して、コメントにて補足させていただきます。

一点目:
私自身はその対象外であるので自身での検証はしていませんが、当時の状況として記憶しているのは、
・受け入れ口はあるが審査に通らないので実質的に機能していない
・補償なき自粛
というネガティブな情報に多く晒されており、
・政府は支援してくれない。自分たちでなんとかしなければ
という空気感が漂っていたということです。「機能していない」が事実だったかはわかりませんが、ある意味では、自分自身もメディアに踊らされていた一人なのかもしれません。行動の是非はさておき、「なぜか」という質問に対しての答えは以上になります。

(続)
二点目:
全面的に同意します。この議論には、「①法律的なOK/NG」「②表現者モラルとしてのOK/NG」「③星野源さんとしてのOK/NG」の3つの文脈があります。③の可否は「面白いものをみんなでつくり、それを共有して楽しむ」という趣旨に従っているか否かであると私は推察していますが、これは星野源さんのみが決め得ることで議論の根拠としては弱く、代弁としかなりえません。また首相の動画もその趣旨からはずれているわけですが、そのずれは私達にとっては明らかで、多くの皆さんにとってはごく微妙な違いです。そこで本稿では②のモラルとしての議論を展開するに留めました。

様々なバックグラウンドの方に対して議論を展開することの難しさを日々痛感しています。参考になりましたら幸いです。
See May Jackさん
ちゃんと記事を読んでくださいね、KXさんはセミプロとはっきり書いてらっしゃいます
まあ、タイトルが音楽家となっているのでそういう勘違い(プロの音楽家)を生じさせる書き方になっていますけどね

このようにタイトルでミスリードするフェイクニュース拡散者めちゃくちゃ多いですからお互い気を付けましょうね
なんちゅうか、ものすごくわかりやすい説明でした(*^-^*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。