[海外カルチャーショックの話③]イエスって言わないとポテチ食べれないって話
見出し画像

[海外カルチャーショックの話③]イエスって言わないとポテチ食べれないって話

海外24ストーリー

海外カルチャーショックの話第3弾は、少し真面目な話。
多くの日本人が持つ特性故にショックだったお話。
これから海外を目指す人にはひょっとしたらいいヒントが眠っているかもしれません。
(いつも通り、聞いた話を読みやすいように主観で書いていますので、多少実際の経験と誤差があるかもしれません)

それは初めてのアメリカに住んだ時の話。
凄くおなかをすかせていた時に、ホストファミリーが

「ポテトチップス食べる?」

と嬉しい提案。

ところが、実家ならともかく、お世話になっているホストファミリーのお家での出来事。日本人だと一旦遠慮しますね。「大丈夫です」とか言って一旦断って
それでも「おなかすいてるんでしょ?遠慮せずに食べなさい」と言ってくれるものです。しかも何回かやり取りしてやっと食べる。みたいな。
勿論このときもそのラリーを想像していました。

なので特に深く考えもせずに、通常の慣習通りに一旦断ると

「分かったわ」

といって、そのポテトチップは高い棚に戻されてしまった。
お陰で夕食までの数時間、ひもじい思いをしてしまうことに。

そこではじめて気づきました。
遠慮してちゃ伝わらないんだって。

YES,NOははっきりとしなくちゃいけないんだなって。

そしてこれは後日さらに学んだことですが、あの時NOと言ってしまって、棚にポテチがかたずけられてしまったとしても

「I change my mind!」

と言えばよかったのです。一度Noと言ったからと言って、それを覆してはいけないということはありません
「気持ちが変わったわ。ポテチ食べたいの。」
といえば済むことなのです。

これを知っていれば、あの時ひもじい思いをすることもなかったのに!
でもまぁこの10代のころのカルチャーショックは以降の海外生活をより快適にしてくれました。

・・・

YES,NOははっきりと言っていいし、気持ちが変わったらそのまま言ってしまえばいい。当たり前のように見えて日本にいると少し難しい感覚かもしれませんね。

・・・

このお話はお隣の韓国でも同じだそうで。
在日韓国人のメンバーは、韓国で大学の仲間内から
「あなたはとりあえず一回断るよね?」
「なんで一回断るの」

と指摘を受けたんだとか。
そこではじめて気づかされた日本独特の習慣だったようです。

アジアでも遠慮の習慣が根付いている国は少ないのかもしれませんね。

・・・・

ついでに韓国プチ情報
韓国で座るときは正座はやめましょう
お行儀よく正座して座っていたら「崩していいよ」って言われた時のお話。
気を使って言ってくれてると思って「大丈夫だから」とそのまま続けていると、「そうじゃなくてそれ見てるだけで窮屈だからやめて!」って怒られました。

それはお仕置き、拷問の座りたかただそうで、韓国ではあぐらが正式な座り方。チェマチョゴリの下はあぐらなんだそう。それがチェマチョゴリを大きく見せて綺麗に見せるコツだんだとか。

以上韓国プチ情報でした。

・・・・

・・・・・・・

このような海外の面白ろ話やためになる体験、プチ情報は毎月、第2、4土曜日、14~15時(日本時間)クラブハウスでやっています。海外24ストーリーで検索を。飛び入り参加も大歓迎です。


海外24ストーリーの著書「17歳のあなたに伝えたいこと」は第4弾発売しています。


またyoutubeではユニオンクリップさんとコラボレーションして著者へインタビューを実施中です。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLLdF24jQ-ReUdooPoSQzF0KJC9fiLZDNm


その他、
インスタ https://www.instagram.com/kaigai24story/
フェースブック https://web.facebook.com/kaigai24story/
などで海外のリアルを発信中。

それぞれのリンクはこちらにて
https://flow.page/kaigai24story

フォローコメントお気軽に!お待ちしています。

ーーーーーーーーーーー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Cheers!(ありがとう!)from メルボルン
海外24ストーリー
書籍「〜ねぇ、日本を飛び出そうよ〜17歳のあなたへ伝えたいこと」の著者たちが語る海外の体験ストーリー。 これから海外へ出たい人も、肌で感じて見たい人も、異文化を楽しみたい人もフォローコメントいただけると嬉しいです。