見出し画像

Smash.gg アカウントの登録からトーナメントの参加まで

Kaede

最近RocketLeagueの大会で使用されているSmash.ggについて
使い方が分からない…難しいんじゃないの?という方向けに
登録方法から参加方法までを書きました!
※今回はRocketLeagueの大会の例です。

Smash.ggアカウント登録方法

画像22

Smash.ggにアクセスし、左下をクリック!
クリックすると以下のような登録画面になります。

画像15

①~⑥はすべて必須です!
①メールアドレス(再入力)
②パスワード(再入力)
※英数字の大文字・小文字が設定できるので間違えないように注意!
③生年月日
※13歳以上のみが登録可能となっています
④国をプルダウンから選択
⑤利用規約&プライバシーポリシーを読みをつける
⑥登録するを押したら以下の画面に移動

画像19

この画面になったら、先ほど入力したメールアドレスに確認メールが来ます

画像19

メールボックスの中にSmash.ggから届いたメールを開封すると、上記の通知が届いているかと思います。
真ん中の赤い四角(ここをクリックして確認してください)をクリックするとプロフィールの設定画面に移動します。

プロフィール

★は必須項目です

コメント 2019-11-15 204048

①プレフィックス(スポンサー/団体名/チーム名等)
②プレイヤーネーム★
ゲーマータグと呼ばれ、検索の際に使用します。
③プロフィール画像
※160×160以上
④バナー画像
※600×300以上

■アカウントの詳細

画像22

⑤名前★
※ここの名前は本名じゃなくて大丈夫です!
 ゲーム内の名前(プレイヤー名)でもOK
⑥電話番号
⑦メールアドレス(登録済みのメールアドレスが自動入力)

ロケーション
⑧国★
⑨市区町村

接続されているアカウント
・Twitter
・Twitch
・Steam
ここで外部アプリケーションとアカウントが同期できます。

トーナメント参加方法

画像20

参加したいトーナメントのページに行き、『今すぐ登録する』をクリックすると、以下の画面に飛ぶ
※都合により別のトーナメント名になっていますが、内容に違いはありません

画像14

参加したいイベントを選択し、四角で囲った欄にをつけると、以下が表示されるようになります。

画像15

①Create new (チームを新しく作成)
 Join team (チームに参加)
 Skip for now (スキップ)
など種類があります。

この例では新しいチームを作成するため
Create newを選択しました。ここではチーム名を入力してください。
(今回はTESTというチーム名にしてあります)
※チーム名は英語・日本語ともに登録可能です

Invite by: Gamertag or Email
チームメンバーを追加するには ゲーマータグメールアドレス の
どちらかを選択し、Inviteで招待する。
※大会は3v3の大会のため、3名入力する必要あり

③Select your platform (自分のプラットフォームを選択)
・PSN
・XBOX Live ID
・Switch Friend Code
・Steam
※Steamの場合は上記のように Steamに接続する が表示されます。
 選択すると別画面が出てきて、Steamに接続するためにアカウント情報を入力し、接続します。
ここでは Steam を選択したため、以下の画面になりました。

画像15

④連絡先情報
プロフィールで入力した名前が自動的に入力されます。

入力が終わり、次へ進むを選択すると以下のような画面になります。

画像15

利用規約等を確認して、チェックボックスにをつけたら
参加登録を完了する を選択します。

以下の画面になり、登録済みのアドレスに完了メールが送信されます。

画像16

確認メールが届くのでAcceptを選択し承認すると、登録完了です。

画像20

また、リーダー以外の各チームメンバーに招待メールが届きます。

画像20

トーナメントのホームを押すとComplete Teamから登録情報を確認することができます。

画像20

ただし、メンバーが大会への招待を承認していないと
このように未完成なロースターと表示されます。
招待を承認し、3人以上ロースターになればComplete Teamで完了です。

画像提供
Rikochaさん
ありがとうございます。

ここが分かりづらい・もっと詳しく書いてほしい等あれば教えてください。
自身でも適宜修正を行っていく予定です。

次のnoteでは、当日の試合の進め方について紹介していますので
合わせてご覧いただけると嬉しいです。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!