見出し画像

自分の成長に驚いたPOSIWILL CAREERとの濃密な1ヶ月

日々の終わらない業務。
仕事をしていても怒られるばかりで辛い毎日。
そんなことを考えていた12月中旬。

何気なくTwitterのタイムラインを見ていた中で、「キャリア版ライザップ」という謳い文句を発見。

1年半前にRIZAPをしており、
興味半分でホームページを閲覧。

そこには、「仕事でのモヤモヤを感じている」や「何に悩んでるか漠然としていない人」向けのキャリアカウンセリングという内容が書いてあった。

まさに自分自身のことだと思い、即無料カウンセリングを申し込み。

無料カウンセリングを受講し、
何か変えないといけないという想いがあり入会を決意。


2020/12/28(月)初回面談 
担当トレーナーさんは元々営業をされており、自分と同じ職種で働いていた経歴の持ち主。

初回の面談ではPOSIWILL CAREER始めた理由やなぜ始めたのかという質問からスタート。
うまく言語できない自分は言葉に詰まった。
その時、担当トレーナーさんから

「言語化できないからって謝る必要ないですよ!」

ふと、我にかえった。
同時に無意識に謝っていた事に気づかされた。

日々の生活を振り返ると
たしかに謝ることが多い。

よく言えば謙虚だが、自分に自信がない。

「自尊心が高いのに、自己肯定感が低いのではないか。」
その担当トレーナーの言葉が心に刺さった。

自分を認めることができれば、
「もっとこういうことがしたい!」
「こういう人になりたい」
そんな考えを持てるのではないか。
まずは自分をもっと褒めて自己肯定感を上げることを最初のステップとした。

毎日のデイリーワークとして、
下記の2つをはじめた。

①1日を振り返り自分の行動を褒める。

②ネガティブな事象に対して自分が感じた思い込みを客観的に判断する。


しかし面談後にモヤモヤした感覚があった。
「なぜ自分は自己肯定感が低いのだろうか?」「自分の性格行動が悪かったのか?」

この時は1ヶ月後自分の思考が変わるとは微塵も思っていなかった…

2021/1/10(日)
2回目面談
自己分析、特に自分の育ってきた環境や家族についての深掘りを実施。

深掘りしていく中で、担当トレーナーさんから

「kazukiさんの自己肯定感の低さは誰のせいでもないですよ!」という言葉を頂いた。

前回の面談でモヤモヤしていた部分が晴れた。

「自己肯定感が低いのは別に誰も悪くないんだ!」
そんな気持ちになり、肩の荷が降りた。
というのも前回の面談から自己肯定感が低いのは自分の性格や考え方がダメなのだと思っていたからだ。

しかし、そんなことないのだと心の底から思うことができた。

そして残り時間では、
「自分の人生で楽しかったこと・辛かったこと」の振り返りを実施。

その中で、「自分今まで頑張ってきたじゃん!」と思えた事に加えて、
自分の性格や行動特性を深く知ることができた。

「こういう状況でモチベーション上がるのかな?」

「このような時は落ち込むんじゃないかな?」

というのが見えてきた。

前回の面談と比較して違うと感じたことはすごいワクワクした感覚があることだ。

「自分には、もっと色んな可能性があるのではないか。」

「自分をもっと認めてあげよう!」

このような気持ちが芽生えてきたからだ。

「これからの成長が楽しみ!」
そんな感情を抱かせてくれたのだ。

2021/1/17(日)
3回目面談
会社の志望動機や実績の振り返りを実行。
しかし、前回と比べ全く言葉が出てこない…

日々叱られ失敗の毎日で仕事に対して自信がゼロ。そして、仕事の振り返りができていないことに気づく。

担当トレーナーさんは
実績一つ一つを丁寧に深掘りを行ってくれた。

「こういう強みあるのでは?」

「こんなに大きな実績を残してるのに自信持たないなんてもったいないですよ!」

と本気で褒めてくれた。

今までそれが普通と考えていたが、

「この3年間頑張ってきてたんだ!」

と思えた。今まで一つの組織にいたため、
自分を客観的に捉えることができなかったのだ。

実際に面談後に指摘頂いた強みを踏まえて
自己PRを作成。

過去の商談や自分の行動を振り返ることで

「こんなに実績残せてたんだ!」

と自分に自信を持つことができるようになってきた。

この日から徐々に仕事に対して前向きに捉えられるように自分が変わってきた感覚がある。

今まで上司に怒られて自分はダメだという考えだった。

しかし、次の日から
「Aはできてる。Bは出来ていないからBが出来る様にやり方を考えてみよう。」
という思考回路になってきた。

2021/1/24(日)
4回目面談
5年後の理想を言語化。

「どうなっていたいか。
逆にどうなってたくないか。」
について面談を実施。

担当トレーナーさんと話す中で、
自分が会社でモヤモヤしていたことがはっきりと理解できた。
その上で5年後の目標が見えてきた。

その目標を達成するために今やるべきことが何かを考え、今までなら目の前の仕事ばかりに目を向けていたが、目標を設定して行動するようになった。

2021/2/6(金)
最終面談
憧れの人を発表。
自分が将来どんな人物になりたいかを認知。

理想の人物になるためにどのような行動をすれば良いのか目標を設定。

最後に自分がワクワクする未来担当トレーナーさんと語り合った。
いつまでにそうなるかという期限を設定。

この最終面談の初回に担当トレーナーさんから言われたこと。
それは「この面談をする前に1回目の面談を見てましたが別人のようです。」という言葉。

自分の言葉で堂々と語る自分に驚いたようだ。

確かにこの1ヶ月を振り返ってみて、
自分の成長に驚きが隠せない。

特に成長できた事は3つ
①前向きな発言や思考が増えたこと
何か失敗した際にも、「次に繋げよう。」「将来こういうことをやってみたい。」という考えを持つことができた。

②メタ認知ができるようになってきたこと
自分の過去や思考を知ることよって、
自分の感情をコントロールできるようになってきた。
このおかげで、悩む回数が極端に減少。
これを仕事にも活かすことが出来る様になったらもっと上手くいくのではないかとワクワクしている。
実際まだその領域には達していないが…

③自分に自信を持つこと
成果や強み、弱みを知る事で自分を認められるようになってきた。
毎日デイリーワークをしていく中で、
日々を振り返り自分の成長を感じることができている。

「こういうことをしてみたい!」

「こういう人間になりたい!」

という目標を持つという好循環が今の自分には生まれている。

POSIWILL CAREERを卒業することになり、
1人で少し不安なところはあるが、

自分なら大丈夫!!!

「この1ヶ月の成長は全国で見てもトップクラスなのでは?」
最後の面談で担当トレーナーさんの言葉がすごい印象的だった。

「人ってこんなに成長できるんだ!」

ということを実感したのと同時に、

「これを続けてたら、
将来どうなってしまうのだろう?」
というワクワク感がある。

「ワクワクしている時の高揚感」

これを自分は求めていたのだと確信した。
今後この気持ちを常に大切に持ち続けて人生を歩んでいきたい。

この記事が参加している募集

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
1995年生まれの神奈川県出身。 キャリアのパーソナルトレーニングがきっかけで自分を変えたいと思いnoteを始めました。 よろしくお願いします。