見出し画像

【アーカイブ動画付き(有料)】JSAA OPEN Seminar Vol.12 『勝つためのデータ活用を支えるデータマネジメントプラットフォーム』開催レポート

2020年11月26日(木)にYouTubeのライブ配信を用いて、JSAA OPEN SEMINAR VOL.12を開催致しました。今回は「勝つためのデータ活用を支えるデータマネジメントプラットフォーム」をテーマに、モデレーターとしてSAPジャパン株式会社の佐宗龍氏、登壇者に株式会社モンテディオ山形の相田健太郎氏、千葉ジェッツふなばしの木村和希氏を招き、JSAA代表理事で日本バレーボール協会ハイパフォーマンス戦略担当の渡辺啓太とともに講演していただきました。

画像2

まずは渡辺理事が今回のセミナーテーマを『勝つためのデータ活用を支えるデータマネジメントプラットフォーム(DMP)』にした意図を説明。続けてバレーボールチームや協会がどのようにデータを管理しているのかを語りました。

画像2

続けて、木村氏が千葉ジェッツふなばしの取り組みをプレゼン。「データの属人化」「データの有効活用ができていない」といった多くのチームや団体が抱える課題にどう向き合っているのか。現在DMPを構築中であることなどを紹介しました。両氏の事例紹介を元に、相田氏も加わって人材や資金が限られる中でどのようにIT技術を活用していくかなど、議論を深めていきました。

画像3

セミナー終盤には参加者の皆様から寄せられたコメント・ご質問を元に議論が発展していきました。

セミナーの最後に渡辺理事は2021年の活動として、学生を対象に2019年にも実施した「スポーツアナリスト養成キャンプ(アナキャン)」や、JSAAの年次カンファレンスである「SAJ(スポーツアナリティクスジャパン)」を準備中であることを明かしてセミナーを締めくくりました。

画像4

日本スポーツアナリスト協会は、今後もOPEN SEMINARを通じて、データを活用してよりスポーツを深く理解してもらうための活動を続けてまいります。今後の日本スポーツアナリスト協会の活動にご期待ください。

チケットをご購入いただけなかった方も、以下有料パートにてアーカイブ視聴が可能です。ご興味ある方は是非ご覧下さい!

この続きをみるには

この続き: 0文字

【アーカイブ動画付き(有料)】JSAA OPEN Seminar Vol.12 『勝つためのデータ活用を支えるデータマネジメントプラットフォーム』開催レポート

日本スポーツアナリスト協会(JSAA)

2,200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本スポーツアナリスト協会(JSAA)

いただいたサポートは次世代スポーツアナリストの育成などの事業に活用していきたいと考えております。スポーツアナリストの未来を共創していただける方からのサポートをお待ちしています!

Thanks!! from JSAA
日本スポーツアナリスト協会(JSAA)は競技の枠組みを超えた“スポーツアナリスト”の連携強化及び促進する団体として、“スポーツアナリスト”の有する職能を理解し、育むことで、アスリート支援環境を発展させ、スポーツの社会的価値向上に寄与していきます。