【全編動画付き】SAJ2019講演:フィジカル x データ革命 ~データ解析・遺伝子解析による怪我の予防とストレングストレーニング
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

【全編動画付き】SAJ2019講演:フィジカル x データ革命 ~データ解析・遺伝子解析による怪我の予防とストレングストレーニング

日本スポーツアナリスト協会(JSAA)

■登壇者
齋田良知氏(いわきFC チームドクター)
鈴木拓哉(株式会社ドーム ドームアスリートハウス)
宮田誠氏(株式会社ユーフォリア 代表取締役/Co-founder)

日本のFIFAランキングは8位。これは、2006年に行ったFIFA Big Count調査による男子“ユース”サッカー選手数である。12年後の2018年ロシアW杯、当時のユース選手たちが主力としてロシアで戦った。ベスト8入りを駆けた決戦で苦杯を喫したベルギーのユース競技人口は日本の1/3以下、準優勝を果たしたクロアチアは1/10程度であった。「効率的な選手育成」のために、日本は何をすべきなのか?いわきFCが目を付けたのが、データの蓄積や遺伝子解析に基づき、弱点を補強し長所を伸ばすトレーニングによる「怪我の予防とフィジカル革命」だった。日本サッカーを世界レベルへと引き上げるためのヒントを、現場第一線のスポーツドクターとストレングスコーチ、さらにデータ管理の側面から議論する。

※講演のレポートはJSAA公式サイトで掲載しています。

この続きをみるには

この続き: 50文字

各セッション単品価格¥500ですので、全14セッションを視聴したい方は、こちらのマガジン購入がお得です。

2019年1月26日(土)東京コンファレンスセンター・有明にて開催されたSAJ2019の動画を配信(一部セッションを除く全14本を配信予定…

Thanks!! from JSAA
日本スポーツアナリスト協会(JSAA)
日本スポーツアナリスト協会(JSAA)は競技の枠組みを超えた“スポーツアナリスト”の連携強化及び促進する団体として、“スポーツアナリスト”の有する職能を理解し、育むことで、アスリート支援環境を発展させ、スポーツの社会的価値向上に寄与していきます。