jowon

ゆるりと活動しているWEBライター。普段はPPC広告文や商品レビューなどを執筆しています。不登校になった長女との日常を連載中です。

jowon

ゆるりと活動しているWEBライター。普段はPPC広告文や商品レビューなどを執筆しています。不登校になった長女との日常を連載中です。

    マガジン

    • 起きられなくなった娘と家族の暮らし

      夏休み明け、11歳の娘がどこかおかしい。あらよあらよという内に不登校になりました。原因が特定できないままですが、起きられないのは確か。そんな娘と家族の日常をつらつらと綴るマガジンです。

      • 起きられなくなった娘と家族の暮らし

    最近の記事

    • 固定された記事

    母「お姉ちゃん少し元気を取り戻したよね?」 次女「お母さんは心配しすぎだよ、お姉ちゃんは大丈夫」 母「お母さん気にしすぎ?」 次女「うん。気にしないくらいが良いよ。お姉ちゃんはそれよりすぐに怒るの直して欲しい😠」 ………次女の方が私よりも大人だった。

      • 昼寝して起きたら枕元にこのメッセージが。 たくさん休めたよー🥲

        • 「娘が不登校だとしても在宅WEBライターなら家でお仕事できる」 甘い考えでした。 家の中では不安と後悔が脳裏を支配していて、押し潰されそうな気持ちを守るのに精一杯。 この状況、いつになれば受け入れられるのかな・・・。

          • たった30秒。リールで公開された新曲のイントロを朝から昼まで途切れることなく鬼リピートしている変態はこの私です。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 起きられなくなった娘と家族の暮らし
            jowon

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【早朝】 母「(あれっ…?目腫れてるわ。)」 次女「(ぎゅーっ)大丈夫だよ!」 パパ「(チラっ)・・・。」 (数時間後) 長女「(のそのそ…)お腹すいた~」 母「おっはよー。ちょっと待ってね」 長女元気じゃん。 なんで昨日はあんなに泣いたんだっけ・・・。

            モヤモヤがあるときの生理は墓場。 母も娘も同じ。 思いやりを忘れずに。

            「うちの子、朝起きられなくなって…」 「自律神経系のやつ?」 「それっぽい」 「知り合いの娘さんも、5年生の時に朝起きられなくなって、暫くの間休んだって。今は何事もなく元気に登校してるみたい」 「本当に?」 「一時だと思って、気にしない位がいいんじゃない?」 「(スキ😭💕)」

            娘「(15時に起き、時計を見て)・・・👀!!」 母「朝だと思った?夕方だと思った?」 娘「朝だと思った~🤣」 母「☺️☺️☺️☺️(元気ならいいかぁ…)」

            推しのライブ配信が突如はじまる夜、最高!

            【本日の娘の起床時刻】 9:50✨ とても早く起きられました。 偉かった☺️

            【今日の起床時刻】午前10:00 今週は4日間も午前中に起きられました✨ 休みがちになってからはじめての快挙。

            【最近の悩み】 子供がずっと家にいると、推しのライブ映像をテレビで見られない…大画面でイケメンを摂取したいのだが…………(ФωФ)

            【起床時間9時半】 娘、今日はご機嫌の様子^^ 午前中から笑顔が見られるのはうれしい♪

            推しが生活の支えになるのか、沼になるのか

            推しがいると生活がぱっと色づきます。 日々推しから供給される情報に浸れる幸せ。 これを知ってしまうと、本当に抜け出せない! ですが、気を付けたいと思ったことがありました。 それは、依存するかたちで心の支えにしてはいけないということ。 推しを心のより所とすると、あっという間に自分の生活の中心が推しで左右されてしまうからです。 推しとの関係は適度に保ちたい実は、私の娘は2学期から不登校になりました。 私はお仕事をセーブし、娘と一日中一緒にいる生活を送っています。 今年は

            【午前9時半】 11歳娘「なんで起こしたの!?怒」 母「(……………だって朝ですやん)」

            #002「起立性調節障害(OD)のはっきりとした症状は見られません」

            「スクールカウンセラーと面談してみて」起立性調節障害を疑われていた11歳の娘は、小児科ではっきりと断定できる要素はありませんでした。血中の鉄分、脳貧血、血圧などは正常の範囲なんだそうです。 「治るまでに時間がかかるかも知れないけれど、生命に関わる病気ではないから大丈夫だよ。お母さんも気に病まずに過ごして大丈夫だから」 先生の言葉に気持ちがふわっと軽くなりつつ、想像したくなかった「長期戦」という言葉が頭を過りました。 これからは、学校に常駐しているスクールカウンセラーとの